写真及び文章の著作権侵害、無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

IMG_1077X-H2 購入
エルゴノミクスに優れ、X-S10、X-E4 に比べそんなに大きく重いと感じない。
レンズを含めたトータルで軽量で、スナップ撮影や日常使いに良い。
独立したファンクションボタンが多く、又モードダイヤルにカスタム設定が7つあり、撮影目的、シーン毎に設定すれば使いやすい。
Dパッドがあるのも操作性が良い。
EVFが見やすく、違和感がほとんどない。
IMG_0908
レンズの性能、質感、操作フィーリングが良いので、昔のレンズも似合う。
かっこいい!
40MPフル対応レンズ については下記

XF23mmF2 1本で街歩きした。
_DSF0624
画像をクリックするとピクセル等倍画像が開く

X-H2
23mm
絞りF5.6
JPEG
Provia



_DSF0549
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く

X-H2
23mm
絞りF5.6
JPEG
Provia



_DSF0583
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く

X-H2
23mm
絞りF5.6
JPEG
Provia



※SanDisk なら大丈夫と思い購入したら8K非対応だった。「動作確認済CFexpress TypeBカード」を確認して購入した方がよい。

X-H2 review by Digital Camera World
結論(参考:DeepL翻訳)
X-H2は非常にハンドリングが良く、そのスペック、価格は魅力的です。
センサーは小さいが 2〜3倍の価格のフルサイズカメラに匹敵するスペックを持っています。
画質は期待通りであり、解像度は期待を裏切らない。

ラボテストの結果を見ると
解像度が他のAPS-C機より約20%高く、高画素とX-Transの組合せが良い結果をもたらしている。
ダイナミックレンジは X-H2S より劣るものの、約ISO6400以上では X-H2S とほとんど変わらず、他機を凌駕している。
高感度ノイズは X-H2S に劣るものの、他機と同等以上で高画素の影響はほとんど無く、高感度特性に優れるX-Transとの相性が良い。
ピクセル等倍サンプルを見ると素晴らしい。例1 例2

X-H2 発売日に入手予定

X-H2 Review

X-T4 との大きさ比較あり
X-S10 との画質比較では、X-S10 が意外と頑張っている。

40MPフル対応レンズ が発表され
「X-H2の4020万画素高解像をフルにお楽しみいただけます。」としている。
既に高画素化に合わせレンズを整理しており
詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

18-55mm F2-4 は古いレンズだが好きなレンズで問題がないが、この際 XF16-55mm F2.8 か
Tamron 17-70mm F2.8 にするか迷っている。

かって Tamron 17-50mm F2.8 やフルサイズ
28-75mm F2.8 をAPS-Cで使っていた。
17-70mmであれば1本ですむ。

Tamron 150-500mm F5-6.7 のXマウント版が発表され
Tamron 50-400mm F4.5-6.3 が欲しい。

Tamron 11-20mm F2.8 か Tokina atx 11-18mm F2.8 も欲しい。

Nikon D300s
右は Tamron 28-75mm、75mm、絞りF2.8
左は Tokina ATX 11-16mm F2.8、11mm、絞りF2.8


Fujifilm XH2S Dynamic Range
VS Canon R5C

設定にもよるが、X-H2S は高価なフルサイズ機に匹敵する結果を出す。


CineD のレビュー(参考:DeepL翻訳)
個人的には、X-H2は富士フイルムがこれまで作った中で最高の動画用カメラだと思う。
40.2MPセンサーは「デュアルタスク」
(動画と写真) に十分であるため、
写真とビデオを制作する人にも適している。
多くの解像度オプション、優れたIBIS、優れたオートフォーカス性能により、このカメラは、特に魅力的な価格を考えるとヒット商品になると予測される。X-H2SとX-H2の両方を撮影した結果、後者が私の好みの選択肢となった。



X-H2 Review


IMG_0899中判の GFX50SII に比べると圧倒的に小さく軽い。まさにミニGFX
コマーシャル・フォトやスタジオ撮影、記録写真撮影等では高画素機が望ましい。
GFX のサブとしてだけでなく、メインカメラとしても使用できる。長く使いたい。
_DSF0527
旬菜いまりで
朝食

X-H2
23mm
絞りF5.6
JPEG
Provia



_DSF0521
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く

X-H2
50-140mm
140mm
絞りF5.6
JPEG
Provia



FUJIFILM X-S10 レビュー


IMG_0691IMG_0683GFX50S II のサブに
X-S10 に XF18mm F1.4 と XF50mm F2 を持っていった。
X-S10 にシルバーのレンズも似合う。
50mm F2 はシャープでボケもきれいで、好きなレンズ。
私の場合標準レンズ域は苦手で、75mm相当の方が使いやすい。
_DSF0334
同じ場所から
GFX50S II + GF80mm F1.7 で撮影した写真は
▶ こちらの記事をご覧ください。

X-S10
50mm
絞りF2
JPEG
Astia


_DSF0506

X-S10
18mm F1.4
Auto
JPEG


_DSF0512このおっさん
ええな

お嬢ちゃん
可愛いね
一緒に撮っちゃおうかと言われ

X-S10
18mm F1.4
Auto
JPEG


_DSF0492a



IMG_0717高画素機購入に備え
XF18mm F1.4、XF33mmF1.4、XF50-140mmF2.8 を購入した。
_DSF0185

X-S10
50-140mm
絞りF2.8
JPEG
Calssic Neg


_DSF0200

X-S10
18mm
絞りF2.8
JPEG
Velvia

クラシックネガと色合いが違う。

IMG_0171ライカ SUMMARIT-M 75mm F2.4 は好きなレンズだが
XF50mm F2 もすごい。
_DSF0068
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

歩き疲れ、ジュヴァンセルで休憩

X-S10
50mm
絞りF2
JPEG
Calssic Neg
Trimming

笹の葉の透明感、水でぬらした葉、スプーンの金属等の質感表現がすごく、
絞り開放からピント面はシャープで、徐々にボケていく様が美しい。

fuji-x-s10このスタイルは好きやな。昔使ってたコンタックスカメラを彷彿させる。
軽量小型だが存在感があり、しっかりグリップできるのがよい。

_DSF0119
雨が振りそうな夕方で冴えない天気だったが、
ちゃんと絵にしてくれるこのレンズは好きやな。
結局ほとんどこのレンズで撮影した。

X-S10
50mm
絞りF2.8
JPEG
Calssic Neg.

_DSF0128

X-S10
50mm
絞りF2
Calssic Neg.



_DSF0152
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


X-S10
50mm
絞りF2
Calssic Neg.



IMG_0613IMG_0601XF18mm F1.4 と XF33mmF1.4 はシャープで、ボケもきれいで気に入った。

高画素にも耐えられる解像感、シャープさをもちながらボケに破綻がなく、実に品の良い表現ができ、富士の新時代のレンズとなる。
_DSF0913
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


X-S10
18mm
絞りF1.4
Provia
JPEG



_DSF0931
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
どっちもええな

X-S10
33mm
絞りF1.4
Provia
JPEG


_DSF0106

X-S10
18-55mm
AUTO
JPEG
ACROS
Yellow


_DSF0107eterna一保堂でお薄をいただく

ACROSで撮影したが Capture One でRAW現像し
フィルムシミュレーションを Classic Neg に変更した。
フィルムシミュレーションの詳細下記

18-55mm、AUTO


_DSF0119

X-S10
18-55mm
AUTO
JPEG



IMG_1415
_DSF0297
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

X-S10
70-300mm
Pオート
300mm
Standard
JPEG


富士フィルム XF70-300mmF4-5.6 は580gと軽量で
レンズは左手で支えて撮るので X-E4 でも問題ないが
しっかりグリップできる X-S10 や X-T4 の方が持ちやすい。

70-300mm F4-5.6 については下記フジノンレンズの項も参照ください。

IMG_1242Fujifilm X-S10 購入
バッテリ、メモリを含み465gで軽く小さいが、しっかり握れる。存在感のあるデザインもよい。
XF18-55mm F2.8-4 は約27-85mm相当のよく使う範囲をカバーし、暗い場所の撮影にもよい。
310gと軽く X-S10 と合わせ800g以下で普段持ち歩ける重さでよい。写りはよい。
EVFは X-T30 と同じで倍率が少し小さいが価格を考えると仕方ない。見やすい。
気楽な撮影ではAutoで使い、左ダイヤルでフィルムシミュレーションを変えて楽しむ。
作品撮りではレンズ側で絞りを設定し、絞り優先かマニュアルで撮影する。
_DSF0055
庭に雪

X-S10
18-55mm
絞りF5.6
Std.
JPEG


_DSF0270
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
x-lens-roadmap













レンズキットは3つあり
・XC15-45mmレンズキット
・ダブルズームレンズキット
(+XC50-230mm F4.5-6.7)
・XF18-55mmレンズキット

XF18-55mmレンズキットをおすすめる。
撮影目的により広角側、望遠側は別途レンズを購入
単焦点レンズを加えるのもよい。

初心者の人はダブルズームキット、
動画主体の人はダブルズームキットもよい。

X-S10
18-55mm F2.8



要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
IPS
写真Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整については こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る

WELCOME



SITE MAP

INSTAGRAM
@issy.nomura

記事検索