写真及び文章の著作権侵害、無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

IMG_0160
Leica M10-P, Q2 Monochrome
ライカM10-P シルバーには
Summaron-M 28mm F5.6 をほとんど付けっぱなしにし、
主にスナップ撮影に使う。
移動時には純正レザーケースを使用する。
このケースは Q2 にも使える。
Q2 よりボディ部は一回り大きく 28mm F5.6 を付け120g程重い。
L1000217
Leica M10-P
28mm
F5.6
JPEG



Q1010020黒が美しい

Leica Q2
モノクローム


IMG_1221ライカQ2 はカラーもモノクロも楽しめる。
次は6000万画素級の Q3 か。

ライカQ2、Q2モノクロームについては ▶ こちらの記事をご覧ください。
L1000128
Staying at
rural home

Leica Q2
50mm
Macro
絞りF2.8
Natural
JPEG


leicax

ライカX はAPS-Cサイズコンデジで
Summilux 23mm F1.7 のレンズはシャープで、
味もあり素晴らしい。

軽量小型なので日常使いに、又サブカメラとしてよい。

標準ズームレンズ付きXバリオもある。

APS-C ライカCL のコンデジ、ライカX(下記)の再来
Xq も欲しい。ライカQ2 の小型版で、手ブレ補正、
バッファメモリーと内蔵メモリー強化を望む。

Leica X (Typ 113)
23mm f/1.7
絞りF2.5

美しいシルバーを棚に飾ってある。

IMG_0405ライカ SL2-S は高い剛性、見やすいEVF等魅力に溢れたカメラで仕事のメインカメラにした。

ライカレンズも使うが、多くのLUMIX Sレンズを持っており、素晴らしい性能で、
SL2-S との相性もよい。

次は6000万画素級 SL3 になるだろう。
S1000555

SL2-S
LUMIX S
70-300mm
絞りF5.2



IMG_1571ライカCL はAPS-Cサイズの軽量なカメラで、日常使いによい。
ライカ CL のフルサイズ版が欲しい。
Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical VM は大変美しくライカに似合う。

ライカSL2-S、CL については ▶ こちらの記事をご覧ください。
C1010032
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica CL
21mm
絞りF5.6
Mono-HC
JPEG

断って撮影させていただきました

IMG_1640
左は1934年製造 エルマー 35mm F3.5
IMG_0189SUMMARON-M 28mm f/5.6


右のライカM2 に付いている
SUMMARON 28mm f/5.6 が格好良く欲しくなり復刻版を購入した。

可愛さが好きなのでフードは付けない。

M10-P に SUMMARON をつけると、
60年前のライカと外観がほとんど同じで、
写真の撮り方も同じというのがすごいな。

ライカの魅力を言葉で表現するのは難しいが、一言で言えば持つ喜び、撮影する喜びをもらえる最高のカメラ

IMG_0114Apple Watch と Rolex の違いに似ている。各々魅力がある時計で
Rolex は左以外に海外出張用に Rolex Explorer も使っているが機械式。
Apple Watch はクオーツにより正確で、海外に行けば現地時間に自動的に変わる。
電車、バスに乗れ、支払いができ、電話もかけられ、血中酸素測定や心電図、運動/活動量
アプリもあり、圧倒的に Apple Watch が便利。しかし iPhone を買い替えたら、
古い Apple Watch との連携ができなくなり新しい Apple Watch を購入した。
Rolex は20年以上使っているが問題なく動く。何世代も使える。ライカより高いが。
ライカも Rolex も、品質は細部に宿るということを実感する。

ライカもAppleもRolexも、愛着を感じるという意味では同じ。

ほとんど毎日自動運転で自動車を使っているが、時々山道を走る時にはマニュアルに切り替えて運転を楽しむ。

ライカで撮っても他のカメラで撮っても同じ、いや他のカメラの方が良い写真が撮れるかもしれないが、撮る楽しさ、高揚感が違う。
その結果かどうかわからないが、時々自分でも感動する写真が撮れる。

ライカM11 発売
6,000万画素裏面照射型CMOSセンサーを採用
3,600、1,800万画素RAWに変更可能。
ブラックはトッププレートをアルミ製にして
フィルムカメラと同等の重さ530gになったが
ブラッククロームあるいはブラックペイント
の機種が後で出ると推察する。
バッファメモリー3GB、内蔵メモリー64GB搭載
2カードスロット同様バックアップ保存できる。
バッテリー大容量化、ベースプレート廃止
Q2 や SL2-S と同様二重のバッテリー落下防止になっている。


ライカQ2、Q2モノクローム、Q は ▶別記事にしました。
ライカ SL2-S、CL については ▶こちらの記事をご覧ください。
ライカで撮影した京都の写真は ▶こちらの記事をご覧ください。


Leica M10-P Review


IMG_0189ライカM10-P は24MPの撮像素子を搭載し、スナップ撮影では十分な画素数。
又オールドレンズを楽しむにも24MPあればよい。
M10-R は40MPで、手ブレ補正が無く、二重像でのマニュアルフォーカスでは気を使う。
正直言って目が悪くなりマニュアルフォーカスではピントを合わせずらくなった。
しかし slow photoshooting でいこう。
L1000203

スターバックス

Leica M10-P
28mm
F5.6
JPEG



L1000049
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica M10-P
28mm
F9
HDR


L1000232
Unir Coffee
Leica M10-P
28mm
F9.5
JPEG



IMG_0171L1000265

Leica M10-P
75mm
絞りF2.8
明瞭度を下げた


ライカ SUMMARIT-M 75mm F2.4 は
シルバーのデザインが好きで購入した。
柔らかい表現ができるのもよい。

スナップに28mmと一緒に使いたい。
50mmレンズはたくさん持っているが
正直言って苦手意識があり、私にとっては
75mmの方が合う。

IMG_0177IMG_0186IMG_0178Voigtlander
SUPER WIDE-HELIAR 15mm
COLOR-SKOPAR vintage 21mm
ULTRON vintage line 35mm F2
APO-LANTHAR 50mm F2
のセットもよい。


L1000074

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica M10-P
50mm
F4
JPEG
HDR
(提灯のみ)

ライカで
夜の街をきれいに撮れる。

L1000119Liberte Patisserie Boulangerie
にてブランチをいただく
鯛とオマール海老のプレート
フランスパンとケーキを買って帰る

Leica M10-P
50mm
F5.6



IMG_0213
M2000446
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


昔コンタックスを使っていた時
Contax 100mm f2 8 Makro Planar が欲しかったが
高かったので 50mm f1.4 にテレコンバータと接写
リングを付け我慢していた。
詳細はこちらの記事をご覧ください。

100mm f2 8 Makro Planar はとろけるボケが魅力で
いつか欲しいと思っていたが、ようやく程度の良い
中古品を手に入れた。

ライカM10-P にマウントコンバーターを付け
レンズを装着した。三脚使用

Leica M10-P
Contax 100mm
絞りF8
JPEG

Fuji GFX50S II のコンタックスレンズ作例は
▶ こちらの記事をご覧ください。

Leica M Monochrom Review


_DSC0545

舞妓の新春

Leica M Monochrom
Summicron 35mm F2 ASPH
絞りF4.8

下は絞りF6.7



春未だ遠し

Leica M Monochrom
Summicron 35mm F2 ASPH

少しブルーイッシュにしている。




Leica M Monochrom
Summicron 35mm F2 ASPH

塔の朱色は着色


L1000605

Leica M Monochrom
Summicron 35mm F2 ASPH




画像をクリックするとピクセル等倍画像が開く


LEICA SUMMICRON-M
f2/35mm ASPH.
絞りF6.7


_DSC0581カールツアイス Biogon 28mm F2.8
昔 Contax G に使っていた
Biogon 28mm F2.8、Biogon 21mm F2.8 が懐かしく、購入した。
ツァイスの伝統的な対称形設計で、シャープな画質。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く



絞りF11



LeicaMM+28mmF2.8



絞りF6.7


LeicaMM+75mmF1.8
Leica+75mmF1.8
フォクトレンダー 75mm F1.8




絞りF2


昔フォクトレンダー 75mm F2.5 を使っていた。

Leica+21mmF4

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
朝日が差し込む嵯峨野の竹林。

モノクロ写真は色が無く、明暗差で表現することになり、光を読む勉強になる。

Voigtrander 21mm F4

昔このレンズを使っていた。

Leica X (Typ 113) Review


Leica_X_113
DSC_0004w
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


JPEG 白黒 High Contrast で記録

このレンズはすごい!
ズミルックス f1.7/23mm ASPH.

Lecia X は余りにもきれいで棚に飾っており、実用にブラックを購入した。

DNG RAWデータを
Adobe Camera Rawで現像
Photoshop CS6 でモノクロ化
トーンカーブ調整

カメラ内でモノクロームにした方が
良い結果が得られるように思えるが
私の画像処理能力のせいかもしれない。

RAW現像については
こちらの記事をご覧下さい。

モノクロ写真については
こちらの記事をご覧下さい。

Leica_XDSC_0004w

JPEG 標準で記録


Leica D-LUX7 Review


leicadlux7
Leica D-LUX7
image1ライカD-LUX7 はF1.7-2.8の24-75mm相当ズームレンズ、マルチアスペクト(3:2、4:3、16:9)フォーサーズ1700万画素の撮像素子を搭載したコンパクト・デジタルカメラで。ほとんどの操作がダイレクトにでき、マニュアル撮影がしやすく、又気楽にオート撮影もできる。
私のフードの取付け方(質問の回答)
43mmのプロテクターフィルター、43-49mm及び49-52mmステップアップリングを付け、場合によりニコンのねじ込み式レンズフードHN-1を付ける。

Leica D-LUX7
絞りF1.7
16:9




leica-dlux7

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


マルチアスペクトの為、4:3、3:2、16:9のいずれも広角端
24mm相当になり、広角効果を活かした写真が撮れる。

3:2を基本に、撮影対象に合わせアスペクトを変える。

露出補正ボタンは使いやすいが、意図せず動いてしまうことがあるので、ファンクションボタンに割り当て、露出補正ボタンを無効にした。

第2ファンクションボタンには露出ブラケットを割り当てた。

D-LUX7 は4/3型有効画素数1700万画素センサーを搭載し、
前モデル(Typ 109)から画素数が増えた以外余り変わっていないように見えるが、それだけ完成度が高く、正常進化している。

LEICA DC VARIO-SUMMILUX 24-75mm相当 F1.7-2.8
のレンズは明るく、絞り開放から高精細な画質が得られる。



Leica D-LUX7
絞りF2.7


前モデル D-LUX Typ 190 の兄弟機 Lumix LX100 については ▶ こちらの記事をご覧ください。

京都北山では静かなクリスマスを迎えていた。

ライカD-LUX7 はほとんどの操作がダイレクトにでき、マニュアル撮影がやりやすい。
一方スナップモードにするとカメラ任せにフルオート撮影できる。
右及び下はスナップモードで撮影した。

マルチアスペクトレシオで、16:9にしても24mm相当の画角が得られる。

長辺の長さでは3:2サイズの23mm相当になり、超広角の感じがする。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
フォトスタイルをモノクロームにして撮影したJPEG画像

絞りF4.5

このモノクロームは階調性に優れ
好きだがハイコントラストの
モノクロームHC、
モノクロームHC+も選べる。

Leica C-LUX


IMG_1631ライカ C-LUX は1インチ2000万画素センサー、24〜360mm相当F3.3-F6.4レンズを搭載
ライカストアで見たライトゴールドが気にいり追加購入した。
前面下部はほんのりベージュがかったホワイトで、上と背面はゴールドでかっこいい。
ホワイトのストラップを付けた。棚に飾るとなかなかきれい。
ミッドナイトブルーは渋くてよい。
_1000189

Leica C-LUX
Auto
JPEG



IMG_0047ライカ C-LUX のライトゴールドはゴージャスな感じで気に入ったので、ミッドナイトブルー色と別の所に置くのに購入した。


_1000019
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica C-LUX
Snap Mode
100mm相当
絞りF5.3
Natural
JPEG



2de8fd61ライカ C-LUX をサブカメラ用に購入(LUMIX TX-2 の姉妹機)
1インチ2000万画素センサー、24〜360mm相当F3.3-F6.4レンズを搭載
ファインダー倍率約0.53倍、約233万ドット相当のファインダー
W端3cm、T端1m 最短撮影距離。動画 4K30P、FHD60P
ミッドナイトブルー色にした。黒に近いブルーで渋くて良い。
_1000080s



_1000013



IMG_1009_1000027

尾張屋で宝来そばをいただく

京都大丸で祇園仁々木のいちご等のフルーツ大福を買って帰った。

IMG_1024ライカは主にスナップ撮影に使っており、広角から標準域を使う。
C-LUX は望遠域まであるので、非常用としてよく、又軽量なので
1台追加しても気にならない。
C-LUX のようなコンパクトデジカメはフルオートで気楽に使う。
A(スナップショットモード)は被写体や撮影条件に合わせて最適な設定を行ってくれる。LUMIX の iAモードと同等
L1000003

C-LUX
購入時のまま
360mm相当
F6.4
JPEG



ライカで撮影したポートレート写真


撮影の合間に庭を散策、蕎麦をいただく

Leica X
絞りF2



Nolton

フォクトレンダー
NOKTON vintage line 50mm F1.5
Aspherical VM シルバー
シルバーモデルは少し重いが、真鍮にクロームメッキ仕上げで、大変美しい。

Leica M Monochrm



画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica CL
18mm
絞りF3.5


日本に初めて来た子で、暖簾からどう出てよいのかわからず戸惑っている。高速連写で撮影



Leica CL
18mm
絞りF3.5
JPEG

ライカCL については
▶ こちらの記事をご覧ください。
Leica_Q

シネマティックにした。

















Leica Q

ライカQ、Q2、Q2モノクローム
については
▶ こちらの記事をご覧ください。

ゾーン・フォーカシング、レンジファインダーカメラの撮り方


LeicaQ
28mmの被写界深度


スナップでは
ゾーン・フォーカシングを使うと
マニュアルでオートフォーカスより素早く撮影ができる。

Leica Q
絞りF5.6


被写体を被写界深度(ピントが合っているように見える範囲)のゾーンに入るようにし撮影する。

広角レンズになるほど被写界深度は広くゾーン・フォーカスしやすい。
撮像素子が小さくなるほど被写界深度は広くなる。(同じ画角の場合)
自分がよく使うレンズの被写界深度を知っておくとよい。

私の場合スナップでは24mmから35mmを使うことが多く、中間の28mmで被写界深度を覚えている。
1mから2mのゾーンを基本としており、その中央より少し手前1.2mに距離を合わせ、(前方の被写界深度は後方より浅い)
絞りをF5.6にセットしている。被写体がそのゾーン内に入った時(自分が動いて)撮影する。
被写体までの距離2mの場合は、2mより少し手前1.5mから2mの中間に距離を合わせて撮ればよい。慣れれば感で調整できる。

ライカCL(APS-Cサイズ)の場合被写界深度が深く、18mm(27mm相当)でF5.6まで絞ると1mから無限遠までピントが合い、
ほぼパンフォーカスになる。(2mの位置にピントを合わせた場合)

レンジファインダーカメラでゾーン・フォーカシングで撮影すると、スナップ撮影やストリートフォトの撮影に使いやすい。

場合により、事前にフォーカスを合わせ置きピンする。

時間があれば、段階フォーカスする。前ピン/後ピンに意図的に調整が簡単にできるのがマニュアルフォーカスのメリット。後側、前側、さらに前側に段階的にフォーカスして撮影しておく。

場合により、絞りを大きくして被写界深度を深くし、ピントを少し手前に持ってきて押さえの写真を撮る。

ワークフロー




ワークフローの詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

Q1000358-0Silver Efex は秀逸なモノクロ調整ソフトで、以前は無料で付いてきたが、残念ながら現在Adobe Creative Cloudフォトプランの90日間使用権が付くだけになった。

Q1000358silver
Leica Q2M
絞りF5.6






カメラバッグ、三脚等写真グッズ


IMG_0663IMG_1502散歩にライカQ2 or Q2 モノクロームだけ持って撮影に行く為
クランプラーのポーチを購入した。
バッテリー、SDカードも入る。
ライカCL にもよい。

昔アメリカで買って小さいので使っていなかったビンテージ風レザーバッグはクラシック調でライカに似合う。
ライカM or Q or CL等が入り、横にD-LUX or C-LUXを入れることができる。
前後左右に小さなポケットもあり、スマートフォンや手帳も入る。散歩に使いたい。

Retrospective 5
IMG_1255
thinkTANKphoto Retrospective 4、5 は小型のバッグで
5の方はよく使っていて未だ使えるが、
より小型の4が出て、Ver. 2 の仕様でより使いやすく
5の900gに対し500gと軽いので普段使いに購入した。
Leica Q2 と C-LUX 等のコンパクトカメラが入る。

urbanacess10urbanaccess10thinkTankPhoto Urban Access 10 Sling はミラーレスカメラや
小型の一眼レフカメラに適するスリングバッグで、
Nikon Z7 に 85mm f/1.8、24-70mm f/2.8、
DX 50-250mm f/4.5-6.3 が入る。
スリングタイプを使ってみると、ショルダータイプとバックパックタイプの
良さを合わせ持ち、バッグを肩にかけたままカメラの取出しやレンズ交換が
でき気に入った。ストラップを右肩、左肩に変えることができる。
表皮は布製で高級感があり、レインカバーが付属している。

Gitzo miniGitzo ミニトラベラー三脚、00型2段アルミ三脚ミニトラベラー三脚は昔から使っている雲台と同じデザインのクラシックにした。
カーボンファイバーの脚とアルミ製雲台で265gと軽量で、縮長22cmなので旅行に持っていくのによい。カメラのグリップとしても使える。ローアングルに脚を開くこともできる。
雲台にはアルカスイス互換クランプを付ける。
30年ほど使った00型アルミ三脚は2段に伸び、センターポールを伸ばすこともできる。
ベルボンのアルカスイス互換雲台を付けている。

IMG_0751
Gitzo 2型4段トラベラー
Gitzo 2型4段トラベラー GK2545T-82QD を旅行用に使う。

このような軽量の三脚では、Gitzo の堅牢さが効果を発揮する。

しかし、なるべく4段目の脚は伸ばさず、エレベーターは使わないようにしている。風が強い時は、体で三脚を押さえるようにして支えるとよい。
_Z7A9595
UT-43 と UTC-53

ベルボン カーボントラベル三脚 UTC-53 II AS
1,330gで UTC-63 の1520gより軽量化されている。
UT-43よりはるかに作りが良く、Z7 に 70-200mm f/2.8 でも問題ない。
トルク調整機構付き自由雲台にアルカスイス互換シューを採用したのがよい。

小さなバッグの中に入ってしまう。

カメラバッグ等カメラ用品については ▶ こちらの記事をご覧ください。

ライカ京都


ライカ京都店は花見小路の歌舞練場の前にあり、ライカのコンセプト
「創造力を自由に発揮しながら、最高の描写を実現する」を感じとれる。

二階にはギャラリーがある。

Leica Q2
絞りF5.6




ライカで撮影した京都の写真は
▶ こちらの記事をご覧ください。

WELCOME



SITE MAP

INSTAGRAM
@issy.nomura

記事検索