写真及び文章の著作権侵害、無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

IMG_0405IMG_0392IMG_0397
S1000322
初寄り

ライカSL2-S は LUMIX S5 の良いところを継承し、
見やすいEVFや剛性の高いボディを加味したカメラで
素晴らしい性能の LUMIX S レンズとの相性も良い。

通常一点AFしか使わないが、今回顔認識を使ってみたら
合焦性能が高く、気楽に撮影できた。

今年ライカ CL(下記)のフルサイズ版を出して欲しい。



SL2-S
LUMIX S 70-300mm F4.5-5.6
LUMIX S 50mm F1.8
LUMIX S 24mm F1.8

Natural
JPEG

S1000413




ライカの魅力、M10-P、M Monochrom 等については ▶こちらの記事をご覧ください。


Leica SL2-S Review


S1000395



S1000555




S1000501
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く




S1000519



S1000740S1000736

S1000262十日ゑびす

SL2-S
50mm
絞りF2
Natural
JPEG

一部ビニール
カーテン有

S1000278

SL2-S
50mm
絞りF2.2
Natural
JPEG


S1000265謹賀新年

S1000224



S1000227レンズは LUMIX S 24mm F1.8、50mm F1.8


S1000253初詣



S1000244



S1000391文之助茶屋で抹茶ぜんざいをいただく


IMG_0385
S1000178
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


Lマウントアライアンスのパナソニックのレンズは
真面目に作られており、長年のライカとの関係もあり
ライカ品質を保持し、シャープだが柔らかさがあり
素晴らしい。

多くの LUMIX S レンズを持っているが、
20-60mm F3.5-5.6 と 70-300mm F4.5-5.6 で
20mmから300mmまでカバーでき、
軽量なF1.8単焦点レンズを加えると
日常使いやスナップに使いやすい。

20-60mmは超広角20mmで迫力ある写真が撮れ
最短撮影距離15cmでハーフマクロに近い接写ができる。
ボケ量は少ないが、ボケがきれいで、シャープはピント面からのつながりもよく、軽量小型安価なレンズからは信じられない性能。

Lecia SL2-S
LUMIX S 20-60mm
絞りF8
JPEG


S1000209
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
70-300mmはMACROの名前が付いている通り、
広角側で54cm、望遠側でハーフマクロの接写ができ
又高画質でボケがきれいなので、汎用的に使える。

LUMIX S レンズの作例は ▶ こちらの記事をご覧ください。

Lecia SL2-S
LUMIX S 70-200mm
絞りF8
JPEG


S1000139
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Lecia SL2-S
LUMIX S 50mm
絞りF2
JPEG


S1000130

Lecia SL2-S
LUMIX S 50mm
絞りF2
JPEG


S1000137
画像をクリックするとA2プリントサイズ相当拡大画像が開く


Lecia SL2-S
LUMIX S 50mm
絞りF2
JPEG


IMG_0381IMG_0384Panasonic LUMIX S1R、S5 を主に仕事に使っていて、
素晴らしいカメラで成果を出してくれているが
メインカメラを富士フィルム GFX 50S II(既に購入)と
ライカ SL2-S に替え、LUMIX S5 はサブカメラにすることにした。
S1000006
画像をクリックするとA2プリントサイズ相当拡大画像が開く


他のライカ と同じくシンプルでインテリジェントな最高の操作性で自在にカメラを操れるのが楽しい。

SL2-S を持つとずっしりくる重さだが、剛性に優れ、この重さが良いと思える。

EVFは高精細で見やすく(オートフォーカスでも)撮らないといけない写真をしとめたと確認できる。

又マニュアルフォーカスがやりやすいのもよい。

Lecia SL2-S
Summaron-M
28mm F5.6
絞りF5.6
JPEG


L1000123
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Lecia SL2-S
SUMMARIT-M
75mm F2.4
絞りF2.8
Std.
JPEG


IMG_0411Contax Sonnar T* 135mm F2.8 MM は昔主にポートレート撮影に使っていて好きなレンズだったが、程度の良い中古品が見つかったので購入した。

S1000826
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica SL2-S
Contax 135mm
絞りF4
Natural
JPEG



IMG_0376Contax Vario-sonnar 80-200mm F4 MMJ は昔高くて買えなかったが、程度の良い中古品が見つかり購入した。

オールドレンズを楽しんでいきたい。
S1000161
雪で花がしぼれてしまったが
つぼみが出てきている。

Lecia SL2-S
Contax
80-200mm
200mm
絞りF5.6
最短撮影距離
1m
JPEG


Leica CL Review


IMG_1651IMG_1660ライカCL は気に入ったのでブラックを追加購入した。
ライカ SUMMARON-M 28mm f/5.6 は1955年発売レンズの復刻版で、光学系を再現しており、絞り開放からシャープで実用的。
ライカCL に付けると約42mm相当になる。
F5.6と暗いレンズだが、絞り開放からシャープで実用できる。
C1020223
Leica CL
28mm
絞りF5.6
Mono-HC
JPEG



C1020228半兵衛麩さんでお茶をいただき
絶品の味の麩まんじゅうを買って帰った。

Leica CL
28mm
絞りF5.6
Natural
JPEG
Trimming



IMG_1610IMG_1581ライカCL はAPS-Cサイズ
ライカLマウントカメラで
ELMARIT-TL F2.8/18mm ASPH.や
SUMMICRON-TL F2/23mm ASPH.
を付けてもライカQ2 より大きさ、
重さが小さく日常的に持ち出せる。
C1020174
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica CL
32mm
絞りF2.2
Natural
JPEG



C1020188
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica CL
28mm
絞りF5.6
Natural
JPEG

モノクロ変換後のA3画像

IMG_1571Voigtlander COLOR-SKOPAR 21mm F3.5 Aspherical VM はヴィンテージラインのレンズで大変美しく、ライカに似合う。
ゾーンフォーカシングで気楽に撮影した。ゾーンフォーカシングの詳細は下記

C1010032
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica CL
21mm
絞りF5.6
Mono-HC
JPEG


IMG_1613SUMMICRON-TL F2/23mm ASPH. は約35mm相当の使いやすい焦点距離で、154gと軽量なので
普段持ちによい。
シャープさが気持ちよく、柔らかさもある素晴らしいレンズで好きになった。
ライカCL の純正レザープロテクターを付けるとライカマークが隠れるのが好み。
C1020064
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

23mm
絞りF2.5
Natural
JPEG



C1020145mono
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica CL
23mm
絞りF2.2
Mono-HC
JPEG



IMG_1535IMG_1508ライカCL は気にいって普段使いにしており、又仕事のサブカメラにも使っているのでシルバーとブラックを購入した。

C1010004
Leica CL
21mm
絞りF5.6
Natural
JPEG



L1020605

Leica CL
18mm
絞りF5.6
Mono-HC



C1010028
Leica CL
21mm
絞りF5.6
Mono-HC
JPEG



IMG_1627Voigtlander Super Wide-Heliar 15mm F4.5 Aspherical III
デジタル対応になり、隅部の画質、色かぶりが改善された超広角レンズで、
ライカCL に装着すると約23mm相当の画角になる。

C1020218
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica CL
15mm
絞りF5.6
Natural
JPEG

拡大表示で
マニュアル
フォーカス


C1020375
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica CL
15mm
絞りF5.6
Natural
JPEG



IMG_1618シグマ 56mm F1.4 DC DN は約85mm相当APS-C用レンズで、285gと軽量で小型なので、ライカCL に付けてもバランスがよい。

C1020112
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica CL
Sigma 56mm
絞りF2.5
Natural
JPEG



C1020304
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica CL
Sigma
56mm
絞りF1.6
Natural
JPEG



C1020311

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica CL
Sigma 56mm
絞りF1.6
Natural
JPEG



IMG_0823ライカCL はAPS-CサイズライカLマウントで
パナソニック LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6 を付けると30-90mm相当になり
ELMARIT-TL 18mm F2.8 を入れても合計800g以下と軽量なので、一緒に持ち歩きたい。

このレンズはいい。Lumix レンズについては ▶ こちらの記事をご覧ください。
L1000016
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

Leica CL
20-60mm
F5.6
Natural
JPEG



L1000048権太呂で天ぷらそばをいただく

話に夢中になり写真を撮るのを忘れ
食べ終わる寸前撮影

お土産に抹茶わらびを持たせた

Leica CL
20-60mm
F3.5
Natural
JPEG


IMG_0787ライカCL はいいな 普段持ち歩ける重さ、大きさで、気楽に写真の楽しみが味わえる。

ELMARIT-TL 18mm F2.8 にメタルフードを付けてみた。

今日は 18mm F2.8、NOKTON classic 40mm F1.4 を持っていった。
L1020695
Leica CL
20-60mm
絞りF5.6
Natural



IMG_0663ELMARIT-TL 18mm F2.8 とオールドライカレンズを持っていくことが多い。

いつも観光客で賑わっている京都の花見小路は閑散としていた。

パナソニックから軽量小型のライカLマウント(フルサイズ)レンズ
20-60mm F3.5-5.6 が発表になった。詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。
60-300mm F4-5.6 位の望遠ズームレンズ、50mm F1.8 単焦点レンズも買いたい。
ライカCL(APS-C)につけると 30-90mm、90-450mm、75mm相当になる。
L1020409
Leica CL
18mm
絞りF4
モノクロHC

ライカマーク
は着色



L1020413

Leica CL
18mm
絞りF4
モノクロHC

RAW現像で
パートカラー
にした



L1020506
Leica CL
35mm
絞りF5.6
モノクロHC
JPEG



elmar59mmF2.8ライカには昔のレンズが似合う。
左は最近まで販売されていたエルマー 50mm F2.8 沈胴タイプ
1929年発売 エルマー 50mm F3.5 の 2nd 復刻。
撮影してみると近代的な描写で、開放から使え柔らかさが心地よい。ライカの色がいいな。
(左下は1934年製造 エルマー 35mm F3.5)
L1020334
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica CL
Elmar-M
50mm
F2.8
JPEG


台風が去った後の雲が印象的だったので撮影した。

露出差が大きかったので、
撮影時段階露出し、
-1EVと+1EVで撮影した画像を
Affinity Photo でRAW現像後
HDR合成した。
トーンカーブで調整して完成させた。

Leica CL
18mm、F5.6
モノクロHCモード

Affinity Photo については
▶ こちらの記事をご覧ください。

ライカCL を使ってみると、インテリジェントでカメラ好きな人が考えた操作性だと思える。
シンプルな故に、とっさに設定変更したい場合にも迷いが無く変更ができる。説明書を見なくても設定が簡単にできる。
数回使っただけで、長年使っているカメラのように自在に扱える操作性が素晴らしい。このカメラが好きになってしまう。

IMG_0684ライカCL はAPS-CサイズのLマウントミラーレスカメラで、
Elmarit TL f2.8/18mm ASPH. 付きプライムレンズキット(シルバー)を購入した。
プロテクターを付け、とりあえず家にあったフードを付けてみたが良い感じになった。
モノクロモードにはナチュラルとハードコントラスト(HC)があり、
HCでも黒つぶれすることなく階調性に優れており、好きなモードになった。

市販の角型フードを付けた。



Leica CL
18mm
F5.6
JPEG
モノクロ
HCモード


LeicaCLback上面の2つのダイヤルが特徴的で、左の上を押すと撮影モードの変更ができる。
(絞り優先とマニュアルモードしか使わない)
ダイヤルを回すと露出補正(マニュアルの場合シャッター速度)を変更できる。
右側のダイヤルを回すと、絞りが変更できる。(デフォルトから変更)
右上のボタンを押すとISOが設定できる。
ボタン長押しでISO以外のメニューを選択できる。
普段、撮影時これだけの設定しか使わず、右手だけで操作できる。

背面には3つのボタンしか無く、再生ボタン、ファンクションボタン、メニューボタンになっている。
ファンクションボタンにはEVF/LCD切替えを割り当てている。通常EVFアドバンストを使う。(複数のメニューを登録可能)
メニューボタンは、1回押すとお気に入りのメニューになり、ほとんどこのページで済んでしまう。
さらに押すたびにページが切り替わり、5つのページのメニューを変えて詳細設定できる。
ユーザープロファイルに6つの設定が記憶でき、私はAuto、Snap、Portrait、Monochrome等にしている。

L1020144
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leca CL
18mm、F4
モノクロモード




画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Leica CL
18mm
絞りF3.5


日本に初めて来た子で、暖簾からどう出てよいのかわからず戸惑っている。高速連写で撮影



Leica CL
18mm
絞りF3.5
JPEG



LeicaCL+V40mmフォクトレンダー Nokton Classic 40mm f/1.4 は小型軽量で、ライカCLに似合う。

60mm相当になるが、スナップの時に広角レンズと共に60mmマクロレンズを持っていくことが多かったので、モノを注視して撮影する際ちょうどよい。18mm(27mm相当)との組合せもよい。

最短撮影距離が0,7mなので、中間リングを入手予定

_Z7A8991オールドレンズを付けて遊ぶのにもよい。
Elmar 3.5cm F3.5 は1934年製造の古いレンズだが、やはりライカに付けると似合う。


L1020031


Leica CL
Elmar 3.5cm
F6.3、JPEG

クライアントとの打合せや撮影時
ライカのカメラを肩に下げている
ことがよくあり
80年以上前のレンズで撮影して
見せるとカメラ談義で盛り上がる。


L1020128フレアがあるがレンズの味として楽しみたい。

Elmar 3.5cm
F4.5
モノクロモード



LeicaCL+N50+ringNikokor も Ai-S なら似合う。
ニコン Zシリーズにアダプターを介しライカMレンズが付き、相互互換性がありサブカメラとしてもよい。

L1020004


Ai-S Nikkor 50mm f/1.4
絞りF8、中間リング使用
JPEG




要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
特記記事
ライカの魅力
leica Leica SL2-S, CL
Q2 Monochrom, Q2
Fuji GFX50S II

Fuji X100V, X-E4
X-S10, X-T4 etc
スナップ写真
モノクロ写真
カラー
グレーディング

RAW現像・画像処理
単焦点レンズ
NikonD5+105mmF1.4
大口径ズーム
超広角レンズ Nikkor 14-24mm F2.8 望遠レンズ
標準レンズ
_D7A2614-w
レンズの使い方
Leica
ポートレート撮影
ポートレート
ポートレートレンズ
ポートレート
ライティング
godox-v1
魅力的なポーズ
ポートレート
レタッチ
サイトマップ
ポートレート

写真Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整については こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る

WELCOME



SITE MAP

INSTAGRAM
@issy.nomura

記事検索