写真及び文章の著作権侵害、無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

GFX50S II、GF35-70mm レビュー


_GFX1024
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く
平野屋で休憩

GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Std.
JPEG


_GFX1030鮎茶漬けをいただく

GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Std.
JPEG


_GFX1128insta上賀茂神社は
紅葉の見頃

GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Std.
JPEG


_GFX1074
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Std.
JPEG


_GFX1109
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Std.
JPEG


_GFX1175
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Std.
JPEG


_GFX0867
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く
哲学の道を散歩
未だ紅葉は早いが、一部見頃になっている。

GFX50S II
35-70mm
絞りF6.4
Velvia
JPEG


_GFX0894おめん銀閣寺本店でおいしいうどんをいただく



IMG_0233GFX50S II のファーストインプレッション:よくぞここまで中判を小型軽量にしてくれた
35mm判フルサイズのカメラと変わらない感覚で扱え、カメラとレンズで1300g以下と軽量で気楽に持ち出せる。Fuji GFX50S II + GF35-70mm F4.5-5.6 が持っている一番小さなカメラバッグに入った。
操作性はわかりやすく、扱いやすい。マニュアル撮影を多用するが、操作しやすいのがよい。
オートフォーカスは俊足ではないが、激しい動体撮影でなければ問題なくストレスはない。
常にどこにピントを合わせるか決め1点AFで撮影し、正確だった。
大きな撮像素子で余裕があるせいか画像に品があり、ボケもきれい。撮る満足感がある。
当初は風景、記録、スタジオ写真撮影に使う予定だったが、スナップ撮影にも使える。私の場合撮影していることが伝わる方がよいので大きさは気にならない。詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

IMG_0267X-S10 と比べると大きく重いが、ニコン D850 より軽く、幅が4mm広く
高さは20mm、奥行きは30mm以上小さいがグリップ性は同じ感じ。
35-70mm F4.5-5.6 と合わせ1.3kg以下、
80mm F1.7 や 200-500mm F5.6 を付けても
約1.7kg、1.8kgで手持ちでも使える。
14kgの筋トレ、2kg×2のダンベル、有酸素運動をほとんど毎日している。
仕事ではクライアントへのアピールとしてカメラの大きさも重要。

今まで仕事ではフルサイズのフラッグシップカメラ(2台)をメインカメラとしてきたが、GFXシステムも使用していく。
カメラの性能も上がり、今は社員が写真を撮る時代になり、中判を使うことで社員では取れない写真を撮っていかないといけない。

_DSF0510
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く

早朝嵯峨野を
散策

GFX50S II
35-70mm
絞りF5.6
Std.
JPEG


_DSF0495

上部A3プリントサイズ相当拡大画像

下部A3プリントサイズ相当拡大画像

GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Std.
JPEG


_DSF0443
画像をクリックするとA2プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
35-70mm
絞りF6.4
Std.
JPEG


_DSF0448



_DSF0530
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
35-70mm
絞りF5.6
Std.
JPEG


_DSF0336

GFX50S II
35-70mm
絞りF11
Std.
JPEG











三千院
金色不動明王に
寄進致しました、

_DSF0395s
画像をクリックするとパノラマ合成画像が開く
手動で
パノラマ合成
した。

GFX50S II
35-70mm
絞りF7.1
Srd.


_DSF0123
画像をクリックすると拡大画像が開く


GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Nostalgic Neg.
JPEG


_DSF0164
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
35-70mm
絞りF8
Nostalgic Neg.
HDR

35mmまで
寄れるのがよい

_DSF0407
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く
大きなマウントのせいもあり
35-70mmは
品があり、
ボケの質も良い。

GFX50S II
35-70mm
絞りF5.6
Std.
JPEG


_DSF0419

GFX50S II
35-70mm
絞りF5
Std.
HDR


_DSF0414湯葉定食をいただく

GFX50S II
35-70mm
絞りF5
Std.
Trimming


_DSF0027
GFX50S II
35-70mm
35mm
絞りF5.6
Std.
HDR


出張時立寄った二葉館


_DSF0633旅する蝶アサギマダラ

GFX50S II
35-70mm
絞りF5.6
Std.
Trimming


_DSF0701

GFX50S II
35-70mm
絞りF5.6
Std.
Trimming


GF80mm F1.7 レビュー


IMG_0286GF80mm F1.7 は35mm判アスペクトレシオ3:2換算約64mmの画角になる。編集者のことを考え少し広く撮影しておく方がよいので、この焦点距離はコマーシャル・フォト撮影に好ましい。
ボケは80mm F1.7で、フルサイズ64mmではF1.3相当のボケになる。私の経験では中判のボケはフルサイズと少し違い、標準レンズ域でも大きなボケが得られる。例えば人物をバストアップで30度程度斜めから撮影する場合ほぼ両目にピントが合い、ボケすぎることがないが、バックが大きくボケ、コマーシャル・フォトによい。
_DSF0276
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
80mm
絞りF2
Nostalgic neg.
JPEG


_DSF0272
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
80mm
絞りF1.7
Nostalgic neg.
JPEG
ISO1600
1/40秒


_GFX1260
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
80mm
絞りF2
Std.
JPEG
Trimming


GF80mmF1.7 は
主にポートレート撮影に使う。

800gと軽量なので手持ちで使える。

カメラは GFX100S


GF45mm F2.8 レビュー


_DSF0797
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
45mm
絞りF5.6
Std.
JPEG


_DSF0812
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く

GFX50S II
45mm
絞りF5.6
Std.
JPEG


_DSF0753かね井で荒挽きそばと季節野菜をいただく

店内撮影お断り

_DSF0740

GFX50S II
45mm
絞りF2.8
Std.
JPEG
Trimming


IMG_0321
_DSF0614
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く


GF45mmF2.8 は約35mm相当で、
GF80mmF1.7 と一緒にポートレート撮影に使う。

55mmF1.7が発売予定されているが、
80mmF1.7と近すぎる為 GF45mmF2.8 にした。

GF35-70mmより重いが490gと軽量で、
スナップ撮影にもよい。

GFX50S II
45mm
F2.8
Nostalgic
Neg.
JPEG
Trimming


GF100-200mm F5.6 レビュー


IMG_0294GF100-200mm F5.6 は主に風景写真撮影に使う。

約1kgと軽量で、街なかで使う場合は三脚座を外し手持ちで撮影する。

フードが大きく耐逆光性に優れているが、街なかでは小さな市販フードを使う。
_GFX0996
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
100-200mm
絞りF8
Std.
JPEG


_DSF0536
もうすぐ山が
紅葉で覆われる

ガラス越しに撮影

GFX50S II
10--200mm
絞りF8
Std.
JPEG


_DSF0578
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く
紅葉のトンネルになる

GFX50S II
10--200mm
絞りF11
Std.
JPEG






DPReview のサンプル写真

約1kgで手持ちでも使える。

その他のレンズ


IMG_0313コシナ 15mm はフード固定でケラれる為、35mmサイズより少し大きくトリミングした。

耐逆光性に優れている。
_DSF0562
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
C0sina 15mm
絞りF5.6
Std.
JPEG
Trimming


IMG_0268
_DSF0051
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


Contax 100mm f2 8 Makro Planar では
四隅がわずかにケラれるが、ほぼ全面使える。

GFX50S II
Contax 100mm
絞りF8、約1/1.5倍
Std, JPEG
Trimming


IMG_0309ライカレンズ Summaron-M 28mm F5.6、Summarit 75mm F2.4 等も使いたい。
ライカMマウントレンズを使う為 TTArtisan のマウントアダプターと、ついでに
TTArtisan の 35mm F1.4 Mマウントレンズも購入。ポートレート撮影に使う予定。
35mm判フルサイズにクロップすると約3000万画素になる。
イメージサークルに余裕のあるレンズではより広く使える。

fuji645昔中判フィルムカメラ Fujifilm GA645Zi Professional を風景写真や記録写真撮影に使っていた。
55-90mm F4.5-6.9(約35mmから60mm相当)ズームレンズ付きで885gと軽く小さかった。
24-50mm相当位の広角-標準ズーム付きのこんなレンズ一体式カメラもいいな。

X-Summit Global 2021
中判1億画素カメラ GFX100S と
GF80mmF1.7(63mm相当)が発表され
フルサイズF1.2レンズの領域を脅かす。

More than full frame と言っている。

シンガポールの Mindy Tan がディスカッションに参加。GFX100S のJPEGのQOIが良い、
GF80mmF1.7 はポートレートレンズとしてシャープでボケがきれいで気持ち良いと言っている。

!!! MINDY 撮った写真を見せてくれ。!!!

レンズロードマップ


fuji-g-lensレンズロードマップ

20-35mmがあると一応レンズシステムが揃うので早く出してほしい。

55mmF1.7は80mmF1.7と近すぎ
35mm相当近辺の40mmから50mm位の方が
80mmF1.7とでポートレートレンズになる。

カメラの設定


モードダイヤルのカスタマーセットが6つあるのがよい。
 C1: スナップ
 C2: ポートレート
 C3: スタジオ
 C4: 風景 手持ち
 C5: 風景 三脚
 C6: Temporary  に登録している。

ファンクションキー
 上部1: ISO
 上部2: フィルムシミュレーション

EVF/LCDキーではオートを使わず、その都度変更している。画像確認とメニューは常にLCDで見ている。
この他のキー、液晶タッチは使わない。

オートフォーカスは通常シングルポイントを使うが、フォーカスレバーを押すとポイントの大きさを変えることができる。
ALLにしておいて、フォーカスレバーを押した後リアコマンドダイヤルを回すと、ワイド(自動選択)からゾーン、シングルポイントまで変えることができ便利。

ワークフロー




プリント前提でAdobeRGBで撮影し、ネット用には後からsRGBに変更する。

Capture One は多くのプロも使うRAW現像ソフトで、富士フィルムカメラ用フリーソフトの
Capture One Express FUJIFILM もあり、RAW現像時フィルムシミュレーションを適用、変更することもできる。


Capture One の詳細は▶ こちらの記事をご覧ください。

フィルムシミュレーション


GFX100S II、GFX50S II ではフィルムシミュレーションにノスタルジックネガが追加された。作例は上
ファンクションキーにフィルムシミュレーションを割り当て、すぐ変えられるようにしている。
フィルムシミュレーションについては ▶ こちらの記事をご覧ください。

カメラ機材


IMG_1255
IMG_0301Fuji GFX50S II に フードを付けた GF35-70mm F4.5-5.6 が、
持っている一番小さなカメラバッグに入った。
thinkTANKphoto Retrospective 4 は
小型のバッグで500gと軽いので普段使いによい。

Fuji GFX50S II に 35-70mm フード付きで
私が持っている一番小さいカメラバッグに入る。

_1180008
Retrospective 7
_1180010フルサイズ用カメラバッグに
GFX50S II に 35-70mm を付け、横に 100-200mm と 80mm が入りロケ用カメラ、レンズ一式が入る。
12インチの MacBook も入れることができる。
このバッグの大きさ(外寸約 34 × 24 × 18 cm)は一番使いやすい。

参考にプロ機 Nikon D5 用を載せる。

Nikon D5 を街なかで持ち歩くには、ソフトな素材のショルダーバッグ think TANK photo
Retrospective 20
がよい。

24-70mm F2.8 をボディに付け、70−200mm F2.8 を横に入れ、小さなフラッシュも入る。

AirportAdvantage
Airport Advantage
gear-TTAdvantage2ローリー(キャリー)タイプは旅行に適する。

thinkTANKphoto Airport Advantage は飛行機内に
持ち込みができる大きさで、ローリータイプとしては軽量。
Nikon D5 に 70-200mm、105mm f/1.4E、
Z7 に 24-70mm f/2.8、14-30mm f/4 等が入る。
前面ポケットには13インチPC、照明機器が入る。
三脚やライトスタンドを横に付けることもできる。

仕事では thinkTANKphoto Airport International を使う。

StreetWalker-Pro
citywalkerバックパックタイプは風景撮影に適する。

think TANK photo ストリートウォーカー Pro は軽量小型の バックパック だが、結構入る。

Nikon D5 やバッテリーパックを付けた D810に、70-200mm f/2.8 又は 80-400mm f/4.5-5.6 を付け、サブカメラに 14-24mm f/2.8 を付け 、さらに 60mm f/2.8 とスピードライト等を収納できる。又、一脚か小型、中型三脚を付けることもできる。私の風景撮影のフルセットが入る。

プロ機に 300mm F2.8 あるいは 400mm F2.8 を付けて入れることもできる。

バックパックでは機材の出し入れがしにくいので、ウエストバッグ等を併用する。

IMG_0751
Gitzo 2型4段トラベラー
P1170152-2
Gitzo 3型3段マウンテニア
Gitzo mini三脚や一脚は
一生ものなので
品質が良い物を買うとよい。





Gitzo GT3532 3型3段マウンテニア
堅牢性に優れ、メインの三脚として使っている。

Gitzo 2型4段トラベラー GK2545T-82QD
センターポールを伸ばさず目の位置にファインダーがくるのがよい。

Gitzo ミニトラベラー三脚、00型2段アルミ三脚
ミニトラベラー三脚はカーボンファイバーの脚とアルミ製雲台で265gと軽量で、縮長22cmなので旅行に持っていくのによい。
30年ほど使った00型アルミ三脚は2段に伸び、センターポールを伸ばすこともできる。

_1170521Think tank photo Stuff-it! は小さなポーチだが、歩いたりしゃがんだりする時にじゃまにならないのがよい。

フォトグラファーにとって最も重要なのは撮影データ。撮影現場でなるべくバックアップを取るが、
同時記録したメディアは別々の所に入れ、一つは必ず身に付けるようにしている。
thinkTank Photoのメディアケースを中に入れ、紐に付けたクリップでポーチに留め、落ちないようにしている。
又、できるだけ早く(なるべく撮影現場で)外付けハードディスクやSSDにバックアップを取るようにしている。

IMG_0401Godox TT350F はカメラに取り付けクリップオンフラッシュとして使えるだけでなく、トリガーにして他のフラッシュを発光させられる。

ライティングについては ▶ こちらの記事をご覧ください。

カメラバッグ等機材、用品については こちらの記事をご覧下さい。


要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
特記記事
Leica M10-P
leica Q2 モノクローム
Fuji GFX50S II

Fuji X100V, X-T4
X-E4, X-S10 etc
Lumix S5、S1R
モノクロ写真
カラー
グレーディング

RAW現像・画像処理
単焦点レンズ
NikonD5+105mmF1.4
大口径ズーム
超広角レンズ Nikkor 14-24mm F2.8 望遠レンズ
標準レンズ
_D7A2614-w
レンズの使い方
Leica
ポートレート撮影
ポートレート
ポートレートレンズ
ポートレート
ライティング
godox-v1
魅力的なポーズ
ポートレート
レタッチ
サイトマップ
ポートレート

写真Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整については こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る

WELCOME



SITE MAP

INSTAGRAM
@dphoto.jp

記事検索