写真及び文章の著作権侵害、無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.
   
ライカの魅力
leica
SL2-S
Q2, Q2 モノクローム
Fuji GFX50S II

X-E4, X-S10, X-T4
Fuji X100V
leica leica

昔動体撮影をしていたせいか、動いているものを撮ると無意識に流し撮りになっていることが多い。



Nikon Z50
16-50mm
絞りF5.6
1/50sec





Leica CL
18mm
F3.5
マニュアル
発光
スロー
シンクロ
2つの画像
を合成

続きを読む

失敗と思っている写真や、作品としてさえないと思っている写真を見直してみよう。

写真撮影に失敗した場合、大事な写真は何とかしなければならない。

個人写真や頼まれ写真でも大事な写真は何とかしたいと思うことがある。

仕事では、クライアントが望む写真を撮れなければ、次の仕事が来ないことを覚悟しないといけない。
失敗する可能性が低い、使い慣れたカメラを使い、設定を変えることはせず、メインレンズを付けっぱなしにしてアルミケースにしまって、いつでも持ち出せるようにしている。

それでも、失敗した場合には、後処理でなんとかしないといけない。

(改定)右はスマートシャープとハイパスフィルターを使って処理した。

写真作品としてダメと思っても、ちょっとした調整で良くなる写真もある。

写真は自己満足という人もいるが、私は独りよがり、自分かっては好まない。例会等で批判されることを大切にしている。それによりステップアップができる。


続きを読む

ここでは何度も撮影しているので、少し違う雰囲気にした。



ちょっと切り取り方を変えただけで訴える力を強くすることができる。しかし構図にしばられることはない。
定説を覆すことの方が面白い。
写真の構図を気にするより感動する方が先。感動が形になってあらわれる。それが構図


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
最近写真が下手になってきた。
写真に面白さが無くなってきた。

昔より技術は向上しているはずだが、へたに技術なんて知らない方がよいのかもしれない。

Nikon D850
24-120mm f/4G、絞りF5.6
ISO 8000、ノイズ低減LOW

どうすればもっと良い写真が撮れるだろうか。

写真は芸術だ! 素晴らしい芸術作品を創ろう。

_D5B2581
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
技術でやれることはしれている。技術から入ると感性の邪魔をしてしまう。

逆説的になるが、うまい写真を撮ろうとするのをやめてみよう。
良い写真になるかどうかを考えるのではなく、自分が気になる、興味がわく、感動するのもを撮ってみよう。

時として、余計な気持ちが想像力や創造性の邪魔をしてしまう。
良い写真はとれなくてもよいので、感性に従いシャッターを押したい。

考え過ぎると平凡な写真になってしまう。
作り過ぎると面白くなくなってしまう。

スランプの時こそ何も考えず、ストレートに写真を撮る方が良いのでは
子供が思いもかけない面白い写真を撮ることがある。子供の心を持っていることも重要。
完全でなくてもよい。不完全さの中に面白さがある。
完璧に撮りすぎると、いつも同じ写真になってしまう。

写真は自由、正解は無い。自分が好きな写真を撮ってみよう。
Nikon D5
Micro Nikkor 60mm f/2.8G 開放

撮るものに困った場合、マクロレンズを持っていると、目に止まったモノを撮ってみるのもよい。

_D8E5291w
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
うまく撮れた写真には遊びがある

完璧な構図が面白いとは限らない。
写真をうまく撮る人は外し方がうまい。
完璧でないものを楽しむ粋さも必要。


写真をA4からA3ノビ位にプリントしてみると、より深く写真を鑑賞でき、そこから、今度はこう撮ってみようという思いが生まれることもある。

Nikon D4
70-200mm f/2.8G で撮影
少しトリミングしている
クリックすると拡大画像が開く
続きを読む

Please send e-mail to the following address.
I will send personal history if you need it for business.

-------

下記メールアドレスにご連絡ください。
なるべく24時間以内に返事いたします。

インスタグラムでメッセージ送信いただいてもかまいませんが
毎日確認しておらず、回答が遅れる場合があります。

倶楽部メンバー以外からの質問や意見等も受付けています。

写真、文章の引用については、写真文化の健全な発展の為であれば承諾しておりますのでご連絡ください。
(但しモデルが写っている写真はモデルの事前承認、モデル料が必要です。)

            


 Dフォト倶楽部 
   未だデジタルカメラやインターネットが世にに知られていない1990年代初めの研究会が
   いつしかDフォト研と言うようになり、専門家、プロの共同研究開発、情報交換の場としていたが、
   今は作品づくりを楽しむDフォト倶楽部になり、一緒に実践で研鑽している。
   きれいにプリントし、A4の額と写真アルバムに入れて差し上げる活動をしており、喜んでいただいている。

 写真で脳が活性化!

   計画、準備、発想、撮影、運動、反省のサイクル ー> 刺激、ときめき、学び、つながり ・・・
   右脳と左脳の共同作業 感性とテクニックが鍛えられる

 主催:Issy Nomura, Executive Producer, Consultant, Editor, Photographer


 好きな言葉

 from "Creativity is the basis of self-expression" by Peter Lindbergh(Summary by Issy Nomura):

何もしなければ創造性は生まれない。
絵を描いたり、詩を書いたり、写真を撮ったりする時の感性や感情、アイデアから、
我々の経験や予測を超えて生まれ変われば創造性が生じる。
創造性は自己表現の欲求である。
もし各々の道を深く探求しようとすれば、全ての人が創造的になれる可能性がある。
そうすれば我々の作品は我々自身の一部となる。

 from Steve Jobs speech at Stanford
stay hungry, stay foolish

 from Kazuaki Okabe. Social Science Method in the Internet Age (Japanese Edition) (Kindle 版No.230-234)
どのような分野でもほとんどの重要な発見は、知識、情熱、創造力を結合して生まれる。
学問の世界を変えるパラダイム・シフト的な洞察は、研究者が新しい観点から対象に迫った時に生じる。
そして、その観点はしばしば研究者個々の人生体験から生まれて来る。

009世界各国で仕事をしてきたが
スロバキアを訪問し、3人の優秀な
マネジャと仕事をし厳しく指導した。
3回目の訪問で合格を出し、
真面目さと努力で素晴らしい仕事を
してくれたと感謝の言葉を述べ、
お返しの言葉があった時彼らの目に涙が溢れていた。

プラハまで6時間かけ車で送ってもらい、車中で、古くはローマ、オスマントルコ、蒙古の襲撃、近年ではナチス、ソビエトの支配を経験した歴史を聞いた。プラハに着き夕食に誘ったが明日仕事があると言い帰っていった。

一人で食事後市民会館の前を通ると、いつもと違い赤いジュータンがひかれ大統領夫妻が到着した。
聞いてみると、コンサートがあり切符があるというので席に着いた。
グリークのピアノ協奏曲 が始まると、各地で感じた思いが一気に噴き出したかのように、涙が止まらなくなった。

カメラの楽しみ方は色々あるが、ここでは作品撮りを前提に作例、意見を載せています。
個人的な感想、意見であり、他の声に耳を傾け多様性に重きを置いています。


今日はフルマニュアルで撮ってみようと決心し撮影してみると、マニュアル撮影がわかってくる。オーバーやアンダーになった、オートでは撮れない写真に、思ってもいなかった良さを見出すこともある。

マニュアル撮影の楽しみはカメラを自在にあやつって撮影することにある。
自動車でもオートマチックで走ることがほとんどになったが、山道などでマニュアルシフトを楽しんでいる。

IMG_0189ライカM10-P は24MPの撮像素子を搭載し、スナップ撮影では十分な画素数。
又オールドレンズを楽しむにも24MPあればよい。
M10-R は40MPで、手ブレ補正が無く、二重像でのマニュアルフォーカスでは気を使う。
正直言って目が悪くなりマニュアルフォーカスではピントを合わせずらくなった。
しかし slow photoshooting でいこう。
L1000217
Leica M10-P
28mm
F5.6
JPEG



IMG_0434IMG_0436CONTAX Makro-Planar T* 60mm F2.8 は等倍マクロレンズで、
ハーフマクロの軽量なタイプもある。

仕事先でフラワーや勲章を撮影することもあり、
いつもマクロレンズをバッグに入れている。
_GFX1733
画像をクリックするとA1プリントサイズ相当拡大画像が開く


GFX50S II
Contax 60mm
絞りF5.6
拡大率1.2倍

四隅にケラレ有り

IMG_0638_DSF0841富士 X-E4 に
XF23mm F2
別売りフードを付けた。

マニュアルで撮影するには絞り、シャッター速度が独立しているカメラが適する。

撮影を楽しむ時使用する。

X-E4
23mm
絞りF2
Classic Neg.
JPEG


オートで撮ればオートで撮れる写真しか撮れない

続きを読む

Ve Di Ca Lz Ev Fa
Cd La Cc Hi Va Lu
Cx El An Mi Kt At
Ga Mr Aa Mn Ta Bl
Bl Sj Mi Li To Ni
Ab Ch As Ch Ro Ba
Ma Mr Ka Me Sk Ri
Jr Ll Je Na Ma Hi
Ni Br Jx

モデルとの契約により写真の不正使用に対し損害賠償請求します。


要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。

写真Gallery


ディスプレイを確認下さい。色補正については こちらをご覧下さい。


🔼 上へ戻る
WELCOME



SITE MAP

INSTAGRAM
@issy.nomura

記事検索