写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

_D853340
画像をクリックすると拡大画像が開く
正月を前に皆さんと餅つき

Nikon D850
24-120mm f/4G
シャッター速度1/30 sec
スローシャッターで動感表現



風の強い日だったので、一つの花に合わせてカメラを動かし、フラッシュをスローシンクロさせ発光し、動感表現をした。

シャッター速度1/3秒と1/400秒の画像を重ねている。

Nikon D7200
Tamron 90mm F2.8








ダンスなど動きのある被写体では、高速シャッターで動きを止めて撮るか、低速シャッターでぶらして撮るか、決めて撮影するのがよい。中途半端にブレているのはよくない。







祭りの雰囲気を伝える為、スローシャッターで撮影。

フラッシュをたきスローシンクロすることで、主題をある程度止めてブレを活かした表現ができる。








14-24mm f/1.4G
15mm
絞りF2.8
シャッター速度1/15秒



超広角レンズを使うには
何を撮りたいのか作画意図をしっかり持ち、画面構成を考える必要がある。


右はモデルに体を回転してもらい、動感表現した。

フラッシュ有りで撮影した画像に、フラッシュ無しの画像を一部合成している。

Nikon Df、Ai-S 28mm F2.8
絞り8、シャッター速度1/30sec


舞子舞子

スナップ撮影ではシャッター速度を遅くすることで動感表現をすることができる。






_DSC4331フラッシュを使う場合、バックの雰囲気を出す露出が難しい。

作品作りには是非マニュアル露出、マニュアル調光にトライしてほしい。

光が届かないバックの露出は、レンズの絞りとシャッター速度により決まり、フラッシュは関係しない。

フラッシュが届く場所の露出は、(フラッシュの閃光はシャッター速度よりはるかに早いので)シャッター速度を変えても、影響せず、絞りを変えることで調整できる。

ISO感度は両方の露出に関係する。

ライティングの詳細は▶ こちらの記事をご覧ください。

踊りの動きを表現する為、ニコンのスピードライト SB-910 の
リピーティングフラッシュモードを使った。

今回は後幕シンクロ撮影はしなかったが、うまく動きが表現できた。

Nikon D810
24-70mm f/2.8E VR、27mm
絞りF11、シャッター速度1/4秒、ISO 800
フラッシュが10回発光するように設定
全てマニュアル、手持ちで撮影

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く。




















ヌード・アート写真撮影のスローシャッター表現については 
▶ こちらの記事をご覧ください。


川や滝の風景写真では、高速シャッターで水の流れを止めて飛沫を見せる場合と、スローシャッターで流れの動感表現をする場合とがある。

どれ位のシャッタースピードでどれ位の被写体ぶれになるのか、速度や、被写体までの距離、レンズの焦点距離等で異なってくるが、テストを繰り返すとかんが働くようになる。マニュアル露出かシャッター優先露出でテストするとよい。

右はスローシャッターで水の流れを表現した。


モータースポーツでは、余り早いシャッターだと、動感がなくなってしまうので、タイヤや背景がブレる遅いシャッターを使うとよい。





要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Feature
D850 を4ヶ月使って

_1170945
ニコン D500 は銘機
D500
Nikon D5
Nikon Df
Nikon
Leica Q
Leica
ニコンのミラーレス
Leica
単焦点レンズ
NikonD5+105mmF1.4
広角、超広角レンズNikkor 24mm F1.4 望遠レンズ
標準レンズ
_D7A2614-w
大口径ズームレンズ
レンズの使い方
Leica
ポートレート撮影
ポートレート
ポートレートレンズ
ポートレート
ライティング
夜のポートレート
魅力的なポーズ
ポートレート
デジタルメイク
風景写真
スナップ写真
旅写真
ライカで京都
モノクロ写真
Nikon D3
簡単なRAW現像

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整の方法は こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る