写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

「銀残し」又は「ブリーチバイパス」風の写真は好きな表現の一つで、彩度を落としコントラストを上げた独特の雰囲気が得られる。

昔ムービーで使われたが、デジタル写真で簡単に銀残し風に画像処理できる。

Photoshop や Lightroom 等RAW現像ソフト、画像処理ソフトを使い、簡単に作成できる。コントラストを上げ、彩度を落とすだけでよい。

窓からの逆光を活かし、コントラストを高くし彩度を落とし銀残し(ブリーチバイパス)風にした。









画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
銀残し風にコントラストを高め、彩度を落として雰囲気を出した。

Nikon D4
70mm、絞り f2.8
ISO 3200



逆光で銀残し(ブリーチバイパス)風にコントラストを高めボディのフォルムを際立たせた。

このPlayboy Playmateのヌード・アート作品は
▶ こちらの記事をご覧ください。


室内灯だけにして、銀残し(ブリーチバイパス)風にした。



Nikon D7200、16-80mm f/2.8-4E






Nikon D4
Tamron 24-70mm F2.8
絞り開放







超広角レンズの非現実的な世界を強調した。














超広角レンズの詳細は こちらの記事をご覧下さい。



右はオリジナル画像で、
下は銀残し(ブリーチバイパス)風に画像処理した。







ヌード・アート写真の例については
こちらの記事をご覧下さい。

風景写真では銀残しの手法は余り使わないが、トライしてみた。

右は鮮やかなトワイライトのバックに、ライトアップされた赤レンガ倉庫を撮影した。



クラシック調に画像処理してみた。

彩度を落とし、コントラストを少し高くした。

これも趣があってよい。

今はカメラの性能が良くなり、ほとんどのケースで、ホワイトバランス・オートでうまくいく。

古いカラー映画を見ると、カラーがくすんでいても、味がある色に見えてくる。

最近のミュージックPVでは、AKB48の「風が吹いている」などでクラシック調の色を使っている例もある。

上の画像をクラシック調に調整してみた。

画像をクリックすると大きな画像が開く。

イスタンブールの繁華街で、彩度を下げコントラストを上げ銀残し(ブリーチバイパス)風にして雰囲気を出した。







ホワイトバランスの調整は「カラーバランス」でできるが、より詳細な調整は、「ヒストグラム」や「トーンカーブ」でRGB毎に調整するのがよい。
ここでは「トーンカーブ」で暗部のBlueとRedを色調整をした。人物に余り影響がないよう、Redの中間域は元のままにしている。その後「色相・彩度」でRedとBlueの彩度を落としてクラシック調の感じを出した。コントラストを少し上げている。
カメラ内でクラシック調に調整できるシーンモードがあるカメラもある。


























GoogleのNik Collectionが無料でダウンロードできるようになり、Photoshop、Photoshop Lightroom等で利用できる。
多くのフィルムシミュレーション、フィルター、プリセットが用意されており、簡単に利用ができる。
Color Efex Pro 4を使い、美肌効果を適用した後、ブリーチバイパスを適用した。

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Feature
D850 理想のカメラ

_1170945
ニコン D500 は銘機
D500
Nikon D5
Leica Q
Leica
ニコンのミラーレス
Leica
バッグ、三脚他
単焦点レンズ
NikonD5+105mmF1.4
広角、超広角レンズNikkor 24mm F1.4 望遠レンズ
標準レンズ
_D7A2614-w
大口径ズームレンズ
レンズの使い方
Leica
ポートレート撮影
ポートレート
ポートレートレンズ
ポートレート
ライティング
夜のポートレート
魅力的なポーズ
ポートレート
究極のレタッチ方法
Freq. Separation


目、眉、唇(追加)
桜の写真撮影
風景写真
スナップ写真
旅写真
モノクロ写真
Nikon D3
Capture NX-D
の使い方

Leica

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整の方法は こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る