写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

テクニック Category

モノクロ写真に何故惹かれるのだろうか。
シンプルに、ストレートに物の本質が伝わり、強く心に訴えることができるからか。

モノクロ(モノクローム、白黒写真)写真を撮るには
撮影時にモノクロに設定
(ニコンではピクチャーコントロール、
 キャノンではピクチャースタイルで)すればよい。

カラーで撮影した写真を撮影後後処理でモノクロに変換することもできる。Photoshop の調整レイヤーで白黒を選択すればモノクロになる。

各色の明度を調整するとカラーフィルター効果が得られ、
レッド系を明るくし、肌の部分を明るくした。



着色にチェックし、色を調整することでセピア色になる。

黄昏時の町の雰囲気を出した。

モノクロ写真が撮れるようになると、カラー写真でも光を読んで撮影でき、良い写真が撮れるようになる。

モノクロ写真の撮影方法、高画質なモノクロ画像の作成方法、プリント方法等について述べる。
続きを読む

_1170846
Nikon D850、58mm f/1.4G


ポートレート撮影ではモデルと良い関係を築き、良い瞬間をものにする感性、芸術的センスが大切。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF3.5


 好きな言葉(要約):
何もしなければ創造性は生まれない。
絵を描いたり、詩を書いたり、写真を撮ったりする時の感性や感情、アイデアから、
我々の経験や予測を超えて生まれ変われば創造性が生じる。
創造性は自己表現の欲求である。
もし各々の道を深く探求しようとすれば、全ての人が創造的になれる可能性がある。
そうすれば我々の作品は我々自身の一部となる。
from "Creativity is the basis of self-expression" by Peter Lindbergh
 

仕事では仕事の流儀があり、クライアントの意向に沿った緻密な計画と準備が必要で、失敗は絶対許されないので、作品撮りとは全く違うやり方をとる。ここでは作品撮りを前提に、ポートレートの撮影方法、撮影技術、コツ等を述べる。
続きを読む

人に感動を与える素晴らしい写真を撮りたいと思っているがなかなかできない。

自分が感動しなければ他の人にその感動を伝えることはできないが、感動して撮ってみても満足いく写真が撮れないことが多い。
何気なく撮った写真が良いこともある。どうすれば良い写真が撮れるのだろうか。

美瑛
画像をクリックすると拡大画像が開く


Leica M Monochrom
Summicron 35mm F2 ASPH
寒色系にしている


写真は見えるものしか撮れない。しかし、撮影者がシャッターを押す瞬間、見えるものをどう切り取るかにより、見えないものも写すことになる。

写真は2次元だが、奥行きや凹凸の3次元を表現することもでき、又、写っていない空間までの広がりや、写っている瞬間の前後にまで時間的な広がりを表現することもできる。

写真を撮影する際最も重要なのはシャッターチャンスと思っている。
脳が良い写真が撮れると思う前に指がシャッターを押している気がする。シャッターを押している感覚がほとんど無い。

そんなことはありえないと思っていたら、Morgan Freeman のテレビ番組で、脳が司令を発する前に身体が動き始めることを脳科学者が実験で証明していた。

例えばYouTubeを見ながらクリックして動画を止める訓練をしているが、良いと思ってからクリックしても間に合わない。


連写に頼ってもうまくいかない。無意識の内にシャッターを押している位にならないとベストショットは撮れない。

モデル撮影でも、お終いと言ってからもう一枚と言って撮影した写真が素晴らしいこともある。

モデルを見送りに行き、電車が入ってきた時1枚撮影。

Leica M Monochrom
Summicron 50mm F2


続きを読む

美瑛
クリックするとA3プリントサイズ画像が開く
写真は、
技術と芸術的感性の融合、
いわば右脳と左脳の共同作業で
それが写真の面白さでもある。






14-24mm f/2.8G 広角端で撮影
大きくプリントしないと
良さがわからない写真がある。
全倍にプリントした


技術の裏付けがあって、感性が活きる。カメラ・レンズの使い方、写真の撮り方を知り、使いこなすことで、表現の幅が増える。
一方、技術にこってしまうより、素直に撮影対象を見つめ、感動の瞬間を撮影することで、素晴らしい写真ができることもある。

技術でできることはしれている。時として感性の邪魔をしてしまう。

倶楽部や写真仲間との話しの内容をまとめてもらったものです。(このホームページは若い人のサポートにより運営しています。)
続きを読む


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
撮影時に彩度やコントラスト、
シャープネスを高くしすぎると
画像が荒れてしまうことがある。

色温度が異なり、明暗差が大きな光線状況下でうまく撮れた。

Nikon D850
24-120mm f/4G、絞りF5.6
ISO 8000、ノイズ低減LOW


私の場合、ピクチャーコントロール:ニュートラル(キャノンではピクチャースタイル、Lumix ではフォトスタイル:ナチュラル)
を基本とし、後処理でメリハリをつけたり、見栄えを良くしている。

撮影条件が厳しい条件ほど画像が破綻しやすいので気をつけないといけない。


画像をクリックすると部分拡大画像が開く
デジタルカメラは設定する項目が多いが、自分が使いやすいように設定することで楽に良い写真が撮れる。

撮影現場で考えていると、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうことにもなりかねない。

慣れるまでは、全てオートで撮影し、後処理でカバーする方が
良い写真が撮れる確率が増える。

カメラによっては設定を記憶できる機能があるので、登録しておいて、撮影対象により使い分けることができる。

思い通りの作品を作るには、
ピクチャーコントロール(キャノンではピクチャースタイル)と
ホワイトバランス がポイント。

ピクチャーコントロール:ポートレート

RAWで撮影しておくと、ほとんど画質に影響なく
後で色や明るさ、ピクチャーコントロール、ホワイトバランス等
を変えることができる。

RAWの詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。
続きを読む

良いカメラ、レンズがあれば良い写真が撮れるわけではない。それよりもっと大切なことがある。
同じ風景でも、光線の具合により幻想的な素晴らしい作品が撮れることもある。
ポートレート撮影では、一瞬の違いで良い表情をものにすることができる。
そこにルールは無い。

"No rules, no boundaries" と Dixie Dixon は言っている。



_1170846
Nikon D850、58mm f/1.4G




カメラ・レンズは道具であり、
良い道具を使うと撮影意欲が出て
良い写真が撮れることもある。

どちらかと言うとレンズを使う為にカメラがある。
写真はレンズで決まる、カメラよりレンズに金をかけろと昔から言われていた。

良いカメラを持つと良いレンズを使いたくなる。その逆もある。

安いレンズでも好きになるレンズもあり、性能測定結果の数値が低くても味があるレンズ、素質が良いレンズもある。

ニコン 58mm やキャノン 85mm F1.2L は
性能測定値が決して高くないが、友人の作品を見ていると味があり、素晴らしい。レンズの世界は奥深い。

写真の楽しみ方は色々あるが、ここでは作品撮りを前提に説明する。
続きを読む

godoxpro_1180173_1180184_1180192ref

電波式ワイヤレスフラッシュシステム
トリガー Godox Xpro とレシーバ X1 R、
フラッシュ2台 Godox TT685 と TT350、
ビューティーディッシュ(オパライト)、
ソフトボックス 60cmと120cm、
グリッド付きリフレクター、ライトスタンド2本、
ブラケット付きフラッシュホルダー、
レフ板、ケース等を合計約5万円で購入した。
安価に簡単にオフカメラ ライティングが行える。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF3.5

Godox Xpro をカメラに付けトリガーに、
Godox フラッシュ TT685 にビューティーディッシュ
(ディフューザー付き)を取付けライティングした。

皆さんからの希望もあり、色々テストに購入した結果
使いやすかった。

作りは、仕事に使っている高価な機材と比べるのは酷だが、
驚くほどの価格にしてはしっかり作られており、
作品撮りにはこれで十分という気がする。
詳細下記

安価に手軽に良いライティング結果を得るにはアベイラブルライトを利用すればよい。

右は太陽光が直接当たり、レフ板で影を和らげた。

ライティングのコツ
 ・メインライトは一つにする。
 ・コントラストを調整する。
  コントラストが弱いと柔らかい雰囲気に
  コントラストが強いと印象的な写真になる。
  メインライトとフィルインライトの差で調整する。
 ・柔らかい光、硬い光を使い分ける。
  モデルから見て大きな光源は柔らかい光になる。
  フラッシュは硬い光だがディヒューズやバウンスすると
  光源の面積が増え柔らかい光になる。
  同じ光源でもモデルに近づけば柔らかい光になる。
  遠い太陽の光は硬いが、窓や雲を通る光は柔らかくなる。

ライティング技術が優れていても良い写真が撮れるわけではない。
どのような写真が撮りたいのか、作画意図と芸術的センスが無ければ技術を生かせない。

ここでは作品撮りを前提に、
安価に簡単にできるポートレートライティングについて説明する。
続きを読む







撮影時に写真を完成させることが理想だが、撮影後の画像を編集し作品の完成度を上げることができる。

技術でやれることはしれている。レタッチも芸術的センスがものをいう。
後処理ができるからといって撮影を疎かにすることはよくない。元画像が良くなければ、いくら後処理しても良い作品はできない。

画像処理テクニックを駆使すればよいわけでなく、全体の調子、バランスを見ながら人物を処理していくことが重要。
やり過ぎると画質劣化をおこし、又、違和感がある写真になってしまう。レタッチは薄化粧程度にするのがよい。

思いが強すぎると過度に処理してしまうことがあるので、処理後、全体を見ながら効果を少し弱めるようにしている。
(ここでは効果がわかるように強調している。)

ここでは作品づくりを前提に、人物写真のRAW現像、画像処理の仕方を述べる。
続きを読む

ポートレート撮影で人物を魅力的に撮るには
45度がポイント。

ポートレートライティングにおいても
45度斜め、45度上 からの光で魅力的に写すことができる。

Nikon D850
58mm f/1.4G、絞りF1.6


窓からの光を斜めから当てている。


続きを読む

_1170828
Nikon D850、28mm f/1.4E

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF1.4


夕景から夜景の写真撮影は、明暗差が大きく、明るい点光源や暗部があり露出が難しい。できれば段階露出しておくとよい。

ポートレート撮影ではバックを美しく出し、モデルの美しさを引き立てるように撮ると良い作品ができる。









下は Nikon D850、28mm f/1.4E、絞りF1.8


画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く

続きを読む


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
写真は見た世界を切り取るもので
切り取り方、構図により訴える力を強くすることができる。

「しん・そえ・たい」
で考えるとうまくいく。

もう一つ「ま」を加えたい。

「そえ」と「たい」が
「しん」を引き立てる。
「ま」がそれらのバランスをとる。

しかし、余りにもまとまり過ぎているとつまらない。


続きを読む

RAWで撮影し、RAW現像することにより高画質の写真に仕上げることができる。

RAWデータは撮像素子に記録された情報を生で記録したデータで、
カメラに記録されたフルデータと言って良い。

JPEGデータはカメラ内でRAWデータから加工された情報で、
8bit(256階調)に縮小され、データ量が小さいが、
撮影時の多くのデータが失われており、後処理耐性が低い。

12bitでは4096階調、14bitでは16384階調となり、少なくとも
12bitで撮影し、16bitのTIFFデータにRAW現像、画像処理し
保存するのがよい。

高画質の作品づくりを行うには、RAWで撮影することが必須と言ってもよい。

元画像が良くなければ後処理はうまくいかない。階調性に富む上質な画像が望ましい。

もう一つ重要なことは作画意図を持つこと。どういう作品にしたいのか明確にし、意思を持って処理すると良い作品になる。
芸術的センスが重要で、技術でできることはしれている。

写真の楽しみ方は色々あるが、ここでは作品づくりを前提に説明する。
続きを読む


画像をクリックすると部分拡大画像が開く
RAWデータを適切に現像、編集するすれば、高画質の写真を得ることができる。

Leica Q
DNGデータをLRで現像



JPEGデータは8bit(256階調)でデータ量が小さいが、撮影時の多くのデータが失われており、後処理耐性が低い。12bitでは4096階調、
14bitでは16384階調となり、少なくとも12bitで撮影し、16bitのTIFFでデータ保存するのがよい。

Adobe Photoshop Lightroom(以下LR)は簡単な操作で高度な処理ができ、大量データを短期間に処理する場合にカスタム設定で使っている。

続きを読む

RAWデータを適切に現像、編集すれば、高画質の写真データを得ることができる。
調整のし過ぎは画像を破綻させるので、極端な調整は避けなければならない。

私の場合、撮影時のカメラの設定は彩度やコントラスト、シャープネスを低くし、RAW現像も後処理耐性を重視し、画像処理の最後に見栄えを良くして画像を荒らさないようにしている。

NEFデータは撮影時の状態に戻せるので、画像がおかしくなった場合には元画像からやり直すのがよい。RAW現像の基本は ▶ こちらの記事をご覧ください。

JPEGデータは8bit(256階調)でデータ量が小さいが、撮影時の多くのデータが失われており、後処理耐性が低い。
12bitでは4096階調、14bitでは16384階調となり、少なくとも12bitでデータを記録し、16bitのTIFFでデータ保存するのがよい。

ニコンのRAW現像ソフトは、現在 Capture NX-D が無償でダウンロードでき、ここでは Capture NX-D を基本に事例で説明する。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く












Nikon D850
24-120mm f/4G、絞りF5.6
ISO 8000、ノイズ低減LOW


右はニコン Capture NX-D でRAW現像時、ピクチャーコントロールをポートレートにし、明瞭度を下げ、ソフトにした。

Nikon D810
58mm f/1.4G、絞りF3.2


Capture NX-D では撮影時の設定が反映されるが、後から変更ができる。

RAW現像の秘訣はピクチャーコントロールとホワイトバランス。

思い通りの写真になっていない場合、まずはこの2つの設定を変えてみるのがよい。

詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

続きを読む

ディスプレイの簡易チェック:16階調のグレイスケールが均等な差になっていて、どこにも色が付いていないこと。

grey

カラーマネージメント、キャリブレーションは重要だが(仕事では調整した機材を使うが)
imac作品撮りでは 簡易的なチェックだけで済ましている。
作品づくりにはマッキントッシュ iMac をメインに使っている。
(Appleのマッキントッシュ、iPad、iPhoneでは色の差がほとんど無く写真用に使いやすい。)

プリント:

所詮透過光と反射光で見る画像を同じにはできない。
テストプリントで確認して再調整する。慣れてくれば、ディスプレイを見れば
どんなプリントになるのか予測できるようになる。

ホームページ、SNS用:

iMac でチェックしている。
キャリブレーションされたディスプレイで見る人はほとんどいないので、
なるべく複数のパソコン(Windows PCも)、タブレット、スマートフォンで確認し、よほど悪くなければよし。

写真撮影から、後処理、最終出力までのワークフロー、カラーマネージメントについては下記。
続きを読む


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
HDR (High Dynamic Range) は
ダイナミックレンジ
(写真に表現する明暗差)を調整
することで、1枚の写真の中に
より広い範囲の明暗差を表現できる。

逆光で明暗差が大きかったので、
RAW現像時シャドーを持ち上げ、
さらに、Nik Collection の
HDR Efex Pro 2 で調整した。
詳細下記


明暗差が大きな撮影対象を撮影すると、白飛びや黒つぶれしてしまうことがある。この部分にはデータがなく、後処理で復元することはできない。

明暗差が広いデータを記録できるRAWで撮影することが望ましい。RAWは撮像素子に記録された情報を生で記録したデータで、は8bitのJPEGデータより、1枚の写真に多くの色や明るさの情報が記録されている。

RAW現像する時、露出補正をしたいくつかの画像を重ねてダイナミックレンジをあげることができる。かと言って、後で露出補正したり、暗部を持ち上げることは画質上良くはなく、適正露出で撮影する方がよい。

撮影時に段階露出してオートブラケット撮影することで、複数の画像を重ね、ダイナミックレンジをあげることもできる。

カメラが自動的にダイナミックレンジを広げてくれるアクティブDライティング等もあるが、画像劣化が起きることもあり、過度な設定はしない方が良い。

カメラ内でHDR(ハイダイナミックレンジ)できる機能を持つ機種もあるが、使い方を間違えるとメリハリの無い写真になってしまう。シチュエーションによっては明暗差が大きい方が迫力のある写真になることもある。

ここでは、より精密に、高画質に調整できる、後処理でダイナミックレンジを広げる方法について述べる。続きを読む

002シャープな写真だけでなく、柔らかい、ソフトな雰囲気の写真も楽しい。

以下の方法で簡単にソフトフォーカス表現ができる。


レンズが上質だと後処理でソフトにしてもシャープにしても破綻することが少ない。元画像が良くなければソフトフォーカス処理はうまくいかない。
続きを読む

「銀残し」又は「ブリーチバイパス」風の写真は好きな表現の一つで、彩度を落としコントラストを上げた独特の雰囲気が得られる。

昔ムービーで使われたが、デジタル写真で簡単に銀残し風に画像処理できる。

Photoshop や Lightroom 等RAW現像ソフト、画像処理ソフトを使い、簡単に作成できる。コントラストを上げ、彩度を落とすだけでよい。

窓からの逆光を活かし、コントラストを高くし彩度を落とし銀残し(ブリーチバイパス)風にした。






続きを読む


部分的な調整
カメラの設定や画像処理はどこまでやってよいのだろうか。

芸術は自由。違和感が無く、訴える力が強くなるのであれば、作品の表現方法として考えてよいのでは。

フィルムカメラの時代でも、結構派手なフィルムもあった。

海外の作品を見ると、多様な表現方法がある。表現は自由

_D8A0974_neutralデジタルカメラになって、当初色や彩度、コントラストが控えめで、フィルムの方がよいという意見が多かったが、最近のJPEG撮って出しは見栄えがよいようになってきた。

ピクチャーコントロールをニュートラルとして後処理耐性を大切にしてきた。

右はピクチャーコントロールをニュートラルにして後処理耐性を高めているので、コントラストや彩度が低くねむい画像になっている。

ピクチャーコントロールを風景にするだけで、ベルビア調にすることができる。

D800E 上高地
クリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く



続きを読む

_D853340
画像をクリックすると拡大画像が開く
正月を前に皆さんと餅つき

Nikon D850
24-120mm f/4G
シャッター速度1/30 sec
スローシャッターで動感表現



風の強い日だったので、一つの花に合わせてカメラを動かし、フラッシュをスローシンクロさせ発光し、動感表現をした。

シャッター速度1/3秒と1/400秒の画像を重ねている。

Nikon D7200
Tamron 90mm F2.8






続きを読む

写真撮影に失敗した場合、大事な写真は何とかしなければならない。

仕事では、クライアントが望む写真を撮れなければ、次の仕事が来ないことを覚悟しないといけない。
失敗する可能性が低い、使い慣れたカメラを使い、設定を変えることはせず、メインレンズを付けっぱなしにしてアルミケースにしまって、いつでも持ち出せるようにしている。

それでも、失敗した場合には、後処理でなんとかしないといけない。
続きを読む


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
最近写真が下手になってきた。
写真に面白さが無くなってきた。

昔より技術は向上しているはずだが、へたに技術なんて知らない方がよいのかもしれない。

技術でやれることはしれている。

Nikon D850
24-120mm f/4G、絞りF5.6
ISO 8000、ノイズ低減LOW

どうすればもっと良い写真が撮れるだろうか。

_D5B2581
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
技術でやれることはしれている。技術から入ると感性の邪魔をしてしまう。

逆説的になるが、うまい写真を撮ろうとするのをやめてみよう。
時として、余計な気持ちが想像力や創造性の邪魔をしてしまう。
良い写真はとれなくてもよいので、感性に従いシャッターを押したい。

考え過ぎると平凡な写真になってしまう。

スランプの時こそ何も考えず、ストレートに写真を撮る方が良いのでは
子供が思いもかけない面白い写真を撮ることがある。子供の心を持っていることも重要。不完全さの中に面白さがある。

写真は自由、正解は無い。自分が好きな写真を撮ってみよう。

Nikon D5
Micro Nikkor 60mm f/2.8G 開放

撮るものに困った場合、マクロレンズを持っていると、目に止まったモノを撮ってみるのもよい。


_D8E5291w
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
写真をA4からA3ノビ位にプリントしてみると、より深く写真を鑑賞でき、そこから、今度はこう撮ってみようという思いが生まれることもある。

Nikon D4
70-200mm f/2.8G で撮影
少しトリミングしている
クリックすると拡大画像が開く
続きを読む

_1170943

画像をクリックすると拡大画像が開く


Nikkor Ai-S 20mm F3.5 は
30年以上前に設計、製造されたレンズとは信じがたい。

逆光でフレアを活かして幻想的な写真を撮りたかったが、フレアがほとんど発生しなかったので画像処理でイメージを再現した。

5

画像をクリックすると拡大画像が開く


Ai-S Nikkor 20mm F3.5



シャッターさえ押せば自動で写真が撮れる時代になり、オートでは一般的に良いとされる写真が撮れるが、必ずしも作画意図通りの写真が撮れるわけではない。

全てマニュアルで撮ってみると、写真を撮る実感がわき、写真を撮る楽しさがわかってくる。

マニュアル撮影の方が撮影しやすい場合や、確実に撮影できる場合もある。

車でもオートマチックが全盛だが、自在に車を操れるマニュアルシフト車が好きな人もいる。

カメラもマニュアルで撮影することで、自分の意図通りの写真が撮れ、それだけ楽しみが増える。

Nikon D810+105mm F2.8 micro


Nikon D810
105 F2.8、絞りF4



_DSC0545ライカMはレンジファインダー機で、マニュアルフォーカスになるが、特に広角レンズでは、フォーカス精度が良く、早くピント合わせができる。





LEICA SUMMICRON-M
f2/35mm ASPH.
絞りF3.4

スナップ撮影ではマニュアルフォーカスの方がやりやすい場合がある。


Leica_Q

画像をクリックすると部分拡大画像が開く


ライカQはオートフォーカスカメラだが、マニュアルフォーカスがしやすい。

絞り開放

マクロ撮影ではマニュアルフォーカスの方がピントを合わせやすい。続きを読む

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Category
撮影のコツ
ポートレート
カメラ・レンズ
日本
ヨーロッパ アメリカ他
フォトテクニック
RAW現像

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整の方法は こちらをご覧下さい。

🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る