写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

ポートレート Category

godoxpro_1180046_D856773

Godoxの電波式ワイヤレスフラッシュトリガー Godox Xpro、
レシーバの X1 R、フラッシュ TT685N、TT350N を購入した。

右はニコン SB-910 をメイン光に、TT685N を天井バウンスで発光させ、2灯TTLライティングした。柔らかい光になった。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF2.8

詳細下記

安価に手軽に良いライティング結果を得るにはアベイラブルライトを利用すればよい。

右は太陽光が直接当たり、レフ板で影を和らげた。

ライティングのコツ
 ・メインライトは一つにする。
 ・コントラストを調整する。
  コントラストが弱いと柔らかい雰囲気に
  コントラストが強いと印象的な写真になる。
  メインライトとフィルインライトの差で調整する。
 ・柔らかい光、硬い光を使い分ける。
  モデルから見て大きな光源は柔らかい光になる。
  フラッシュは硬い光だがディヒューズやバウンスすると
  光源の面積が増え柔らかい光になる。
  同じ光源でもモデルに近づけば柔らかい光になる。
  遠い太陽の光は硬いが、窓や雲を通る光は柔らかくなる。

ここでは作品撮りを前提に、
安価に簡単にできるポートレートライティングについて説明する。
続きを読む

_1170835
Nikon D850、14-24mm f/2.8G

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く
水面の質感がすごい


超広角レンズは見える範囲を超えて撮影することができ面白い。

しかし、後で画像を確認すると
主題が小さく写っていて
何を撮ったのかわからなかったり、
歪が大きくて違和感があったり、
遠近感が誇張されすぎたり、
思うように撮れないことが多い。

何を撮りたいのか作画意図をしっかり持ち、画面構成を考える必要がある。


画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く
超広角レンズを使う前に、
28mmから20mm位の広角レンズが使いこなせないと、超広角レンズを使いこなすことができない。

20mm位までは使いやすい。

Nikon D810
20mm f/1.8G
絞りF2.8




続きを読む

_1170846
Nikon D850、58mm f/1.4G
_D851240
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く


Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF1.4



短時間の撮影だったが撮影はうまくいき、終わりにしたが
自分の作品がとれた実感が余り無く、駅に見送りに行った時
もう一枚と言って数枚撮影させてもらった。

最後ぐっと近づきモデルが適度に緊張するようにした。
自分の写真が撮れた実感があったのでOKを出した。

ポートレート撮影では技術や機材でできることはしれている。
それより、モデルとの良い関係、良い瞬間をものにする感性、
芸術的センスを磨くことの方が余程大事。

良いと思ってからシャッターを押しても良い瞬間は撮れない。
良いと思った時にはシャッターが切れていないといけない。

そんなことはありえないと思っていたら、Morgan Freeman の
テレビ番組で、脳が司令を発する前に身体が動き始めることを
脳科学者が実験で証明していた。

よくYouTubeを見ながら、いいと思った瞬間にクリックして動画を止める訓練をしているが、できるものではない。


表情は瞬時に変わってします。連写に頼ってもうまくいかない。無意識の内にシャッターを押している位にならないとベストショットは撮れない。

仕事では仕事の流儀があり、クライアントの意向に沿った緻密な計画と準備が必要で、失敗は絶対許されないので、作品撮りとは全く違うやり方をとる。

ここでは作品撮りを前提に、ポートレートの撮影方法、撮影技術、コツ等を述べる。
続きを読む

_1170846
58mm f/1.4G

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
58mm f/1.4G はポートレート撮影で一番好きなレンズ

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF1.8


広角好きな私にとって、このレンズは望遠レンズの感覚で使っている。

どちらかと言うとレンズを使う為にカメラがある。
写真はレンズで決まる、カメラよりレンズに金をかけろと昔から言われていた。

性能が良くても面白みが無いレンズ、品位が無いレンズもあり、
性能測定結果の数値が低くても味があるレンズ、素質が良いレンズもある。

ニコン 58mm やキャノン 85mm F1.2L は


性能測定値が決して高くないが、友人の作品を見ていると味があり、素晴らしい。レンズの世界は奥深い。


_1170828
Nikon D850、28mm f/1.4E

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く
表参道にて




28mmは明確な広角レンズ効果が得られ、35mmは私にとっては標準レンズの感覚。

28mm f/1.4E は開放からシャープだが、ボケもきれい。
35mm f/1.4G も素晴らしいレンズだが、28mm とはレンズの味が異なる。作画意図により使い分けたい。

Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF1.4

夕景から夜景のポートレート撮影ではバックを美しく出し、モデルの美しさを引き立てるように撮ると良い作品ができる。

他の作例は ▶ 夜のポートレート撮影の記事をご覧ください。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
ポートレート用に特別なレンズがあるわけではないが、人物を撮影するのに適するレンズをポートレートレンズと称している。

性能が良くても面白みが無いレンズ、品位が無いレンズもあり、性能が悪くても味があるレンズもある。レンズの正解は奥深い。

どんなレンズがよいのか、どう使えばよいのか、作品撮りを前提に述べる。

Nikon D5
105mm f/1.4E
絞りF1.6

ポートレート作品撮りに最近よく使っているレンズ:
  28mm f/1.4 と 58mm f/1.4 を主体にしている。

作画意図により
  広角レンズ 24mm / 20mm や 14-24mm 等
  望遠レンズ 105mm f/1.4E 又は 70-200mm f/2.8 を使う。

  標準ズームレンズは作品撮りではほとんど使わない。
続きを読む







撮影時に写真を完成させることが理想だが、撮影後の画像を編集し作品の完成度を上げることができる。

技術でやれることはしれている。レタッチも芸術的センスがものをいう。
後処理ができるからといって撮影を疎かにすることはよくない。元画像が良くなければ、いくら後処理しても良い作品はできない。

画像処理テクニックを駆使すればよいわけでなく、全体の調子、バランスを見ながら人物を処理していくことが重要。
やり過ぎると画質劣化をおこし、又、違和感がある写真になってしまう。レタッチは薄化粧程度にするのがよい。

思いが強すぎると過度に処理してしまうことがあるので、処理後、全体を見ながら効果を少し弱めるようにしている。
(ここでは効果がわかるように強調している。)

ここでは作品づくりを前提に、人物写真のRAW現像、画像処理の仕方を述べる。
続きを読む

ポートレート撮影で人物を魅力的に撮るには
45度がポイント。

ポートレートライティングにおいても、45度斜め、45度上からの光で魅力的に写すことができる。



続きを読む

_1170828
Nikon D850、28mm f/1.4E

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF1.4


夕景から夜景の写真撮影は、明暗差が大きく、明るい点光源や暗部があり露出が難しい。できれば段階露出しておくとよい。

ポートレート撮影ではバックを美しく出し、モデルの美しさを引き立てるように撮ると良い作品ができる。










下は Nikon D850、28mm f/1.4E、絞りF1.8


画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く

続きを読む

写真は人物に始まり人物で終わると言われる。
それほど人物写真は奥深く、又楽しい。

ポートレート(ポートレイト、人物)写真は良い機材や優れた技術だけで撮れるわけではなく、被写体である人物との関係が重要で、その関係が写真に現れる。技術でやれることはしれている。

お互いのhonor, resprct, loveがなければうまくいかない。
惚れないといい写真は撮れないが、惚れすぎてもいけない。

もう一つ重要なのは、自分の思い。女性をきれいに撮りたい、
優しさを撮りたい、生きる強さを撮りたい . . .

しかし、難しいのは、思いが強すぎてもうまくいかない。
自分勝手になってしまってはいけない。

一人一人顔が違うだけでなく、personalityが異なる。
相手のidentityを大切にしている。撮影者と共鳴する時
素晴らしい写真が生まれる。

最近は撮影するというより、撮らせていただいている
という感じが強くなった。自分一人では撮影できない。
モデルに感謝

右はソフトフォーカス効果により柔らかい表現にした。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
右はシャープな中にソフトなボケが得られるこのレンズの特性を
活かした。

Nikon D5
105mm f/1.4E
絞りF1.6


ポートレート撮影では、撮影ポジション、アングルを自由にしたいので、全て手持ち撮影で、三脚は使ったことは無い。

写真の楽しみ方は色々あるが、ここでは作品撮りを前提に、
ポートレート写真撮影の基本等について述べる。


続きを読む

水着、特にビキニの写真撮影ではスタイルの良いモデルを使うことが一番重要になる。

夕焼けが小麦色の肌を美しく照らし、美しいフォルムをシルエットにしてくれた。














続きを読む

ディスプレイが調整されていることが重要。
ディスプレイの簡易チェック:16階調のグレイスケールが均等な差になっていて、どこにも色が付いていないこと。


grey


写真撮影から、後処理、最終出力までのワークフローにおいて、適切にカラーマネージメントする必要がある。(詳細下記)

色の調整は複雑で、個人の好みがある。

忠実色か記憶色かの問題もある。現実の色を(できたとして)正確に再現してもきれいと思われない場合もある。
ある程度の強調が必要なケースもある。

余りにも現実離れした色も違和感がある。

右は補色(反対色)の関係で、例えば赤に対して緑は極端に違った色になり、オレンジや赤紫は
似た色になる。似た色で構成すると柔らかな雰囲気になり、反対色を配置するとメリハリがきき
印象的になる。

どんな色を、どこに配色するかは色彩のセンスになる。

ここでは作品づくりを前提に、忠実色を重視しながらきれいな色をどう出すかについて述べる。

色がおかしいと感じる時、
全体の色の問題か、
部分的な色の問題かを分けて考え
対処するのがよい。

全体の色の調整は、
画像処理ソフトのカラー補正や
自動色調整の機能を使って簡単に
調整ができる場合もある。

右は古いプリントをスキャンしたが
プリントが変色していたので、
スキャナーのソフトで退色補正した。

部分的な問題は
人物の肌の色が良くない場合や、
色(緑)かぶりの問題があり
下で補正方法を説明する。

続きを読む

Cc Ga Va Ba Sk An Mr
Sj Li Ka Am El La Ca
Ma Me Ro Je Sk Kt Ch
Br Lz Lu Ni Ma Ri Ll
Hi Je Yo Others 18+

ポートレイト写真の撮影方法については ▶ こちらの記事をご覧ください。

モデルとの契約により写真の不正使用に対し損害賠償します。


要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Category
撮影のコツ
ポートレート
カメラ・レンズ
日本
ヨーロッパ アメリカ他
フォトテクニック
RAW現像

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整の方法は こちらをご覧下さい。

🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る