写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

写真撮影のコツ Category

ちょっと切り取り方を変えるだけで訴える力を強くすることができる。しかし構図にしばられるず定説を覆すことの方が面白い。
写真の構図を気にするより感動する方が先。感動が形になってあらわれる。それが構図



Leica CL
18mm
絞りF3.5
JPEG


「しん・そえ・たい」で構図を考えるとうまくいく。もう一つ「ま」を加えたい。
「そえ」と「たい」が「しん」を引き立てる。「ま」がそれらのバランスをとる。



最近日本画に興味を持ち鑑賞しており「ま」の勉強になる。写真作品をアート紙や和紙にプリントしている。

うまく撮れた写真には遊びがある。
写真をうまく撮る人は外し方がうまい。

音楽でも素晴らしい演奏と思う演奏家は
外し方がうまい。
わずかにレンズの収差を残して味がある
写真に惹きつけられる。

完璧でないものを楽しむ粋さも必要。
作り過ぎると面白くなくなってしまう。

レンズでも、惹きつけられるレンズは
わずかに収差を残してレンズの味がある。

右は構図的に失敗かもしれない。
Nikon Z7
Ai-S 24mm f/2.8
2枚の写真を合成


軸心が無ければ作画意図が生まれない。
しかし、何も考えずに、何気なく撮った写真が良いこともある。写真は難しい。しかしそれが楽しい。

続きを読む

_Z7A8443ライカCL はAPS-CサイズのLマウントミラーレスカメラで、18mm F2.8 が付いた
プライムレンズキットを購入した。

モノクロモードにはナチュラルとハードコントラスト(HC)があり、
HCでも黒つぶれすることなく、階調性に優れており好みに合っている。
モノクロモードにすると、EVFもモノクロになるのが新鮮に感じる。

L1020216

Leica CL
18mm
F5.6
JPEG
モノクロ
HCモード


L1020258

Leica CL
18mm
F5.6
モノクロ
HCモード
HDR処理



明暗差が大きかったので、段階露出した画像をHDR処理した。さらに粒状性を追加し台風の後の荒れた空を表現した。
HDR合成については ▶ こちらの記事をご覧ください。

L1000142

Leica CL
18mm
絞りF5.6
モノクロ
JPEG



モノクロ写真に何故惹かれるのだろうか。
シンプルに、ストレートに物の本質が伝わり強く心に訴えることができるからか。

モノクロ写真は白と黒 (あるいは一つの色) の写真で、現実的に見えるカラーの世界とは違う世界を表現する面白さがある。

カメラの設定でモノクロにすることもできるし、
カラーで撮影しても簡単にモノクロにすることができる。
気楽にモノクロ写真を楽しもう。



Photoshop ではメニューのイメージ/モード/グレースケールを選択してモノクロにすることができる。
さらに、イメージ/モード/ダブルトーンにすると、多くのプリセットがある。
右はグリーンを選択した。



モノクロ写真の撮影方法、高画質なモノクロ画像の作成方法、プリント方法等について述べる。

続きを読む


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
スナップは写真の基礎
写真の面白さの原点
スナップがうまく撮れれば写真が上手になる


写真の重要な機能は記録性にある

まずは何でも撮ってみよう。
難しいことを考えず、興味がわいたモノを撮っていると面白さがわかってくる。

日常生活や家族、知人を撮影するのもよし、旅行や散歩に行った時普段見ない気になるモノを撮ってみるのもよい。

Leica CL
18mm F2.8
絞りF3.5
JPEG




Leica CL
18mm
絞りF3.5
JPEG


続きを読む

(お断り)スポンサーは一切ありません。

_D720836tripod-s写真撮影に必要な機材を揃え、便利な小物・用品を使うと、効率が上がり撮影に集中できる。

機材を使いこなすことで表現に幅ができ良い作品ができる。

私が主に作品撮り、プライベートで使っている便利なものを紹介する。

続きを読む

犬山祭では山車、桜、城が楽しめ、多くの人で賑わっていた。

比較的空いている日曜日夜に皆さんと撮影に行った。


_Z7A3864
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く
平野神社の魁の桜が見頃を迎えた。
2019/3/23


Nikon Z7
35mm f/1.8、絞りF5


_Z7A3972
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く
渉成園の桜

Nikon Z7
35mm f/1.8、絞りF8



_Z7A4074
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


Nikon Z7
70-300mm f/4.5-5.6E
300mm 絞り開放F5.6


続きを読む

L1020114w
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
行きなれた場所を散歩しながら
撮影するのもよいし、
知らない土地に旅行し
美しい風景や街撮りするのも楽しい。

撮影だけではなく、その地の
文化、名産物、食事、
人との出会い等旅の楽しさを
満喫するようにするとよい。

ライカQ



海外撮影旅行については ▶ こちらの記事をご覧ください。続きを読む

短期間で一部の地域しか行けなかったが、活気あるインドを少し知ることができた。

荷物持ちで行ったので、全て
Nikon D500
AF-P 10-20mm f/3.5-5.6
フルオート、段階露出で撮影



国内写真撮影旅行、写真散歩は ▶ こちらの記事をご覧下さい。続きを読む

ais24mmF2.8
AiS 24mm f/2.8

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


成人式の日の京都

Nikon Z7
Ai-S 24mm f/2.8、絞りF5.6



leica-dlux7醍醐寺の雨月茶屋で
おせち料理をいただき
初詣した。


ライカD-LUX7 のスナップモード(フルオート)で撮影



続きを読む

_1000787
_Z7A5866
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


新元号制定記念「高山祭屋台の特別曳き揃え」は
残念ながら雨の為遂行されなかったが、春秋の
高山祭の屋台を見ることができた。

70mm
絞りF6.3
JPEG画像



_Z7A5949a3
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


35mm、絞りF5.6、JPEG画像



_Z7A6096
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


18mm
絞りF4.5
JPEG画像


高山祭の写真ギャラリーは ▶ こちらをご覧ください。

目次
▼ 祭りの撮り方
▼ 各地の祭り、祭事
1月  ▼ 正月▼ かるた初め▼ 今宮戎▼ 三寺まいり▼ 若草山焼き
2月  ▼ 節分
3月  ▼ ひな祭り
4月  ▼ 五条川の桜まつり▼ 犬山祭▼ 白峯神宮・春季大祭▼ 姫様道中
5月  ▼ 知立まつり
6月  ▼ 有松絞り祭り
7月  ▼ 祇園祭▼ 七夕▼ 津島天王祭▼ 御手洗祭
8月  ▼ 郡上おどり▼ 三河一色大提灯まつり▼ 諏訪湖の花火大会▼ 千灯供養▼ ど真ん中祭り
9月  ▼ おわら風の盆▼ 島田髷祭り▼ こきりこ祭り
10月  ▼ はんだ山車祭り▼ 津島の秋祭り▼ 大須大道町人祭
11月  ▼ 奥三河の花祭り(〜3月)
12月  ▼ 事始め▼ 餅つき▼ クリスマス
他    ▼ 東京の祭り▼ 村歌舞伎、子供歌舞伎
▼ 祭りの撮影テクニック
▼ カメラ、レンズ、撮影機材
続きを読む


画像をクリックすると拡大画像が開く
モノクロ写真に着色したり、
部分的にカラーを残したり、
彩度を極端に落とし元の色を
わずかに残す等
アート紙や和紙にプリントする
作品を試行している。

バックの森の濃淡や和紙の肌触り等
プリントの味わいがでないが

カラーグレーディングの手法を
使った。詳細は 
▶ こちらの記事をご覧ください。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
元画像

2016/11/12
Nikon D5
70-200mm f/2.8E FL




画像をクリックすると拡大画像が開く
こちらはローキーの作例
続きを読む

写真は芸術だ! 素晴らしい芸術作品を創ろう。
人に感動を与える素晴らしい写真を撮りたいと思っているがなかなかできない。
自分が感動しなければ他の人にその感動を伝えることはできない。
共感を呼ぶ写真が撮れれば、写真を見た人からの称賛が得られ、写真を撮る意欲がわいてくる。
何気なく撮った写真が良いこともある。どうすれば良い写真が撮れるのだろうか。
写真が語ってくれる。語って欲しいことを見いだし写すと良い写真になる。

美瑛
画像をクリックすると拡大画像が開く


Leica M Monochrom
Summicron 35mm F2 ASPH
寒色系にしている


「マッスルメモリー」と同じように「感性メモリー」があると思っている。
写真は感じたことをカメラの操作を通して写真に記録する為、この2つが重要になる。
「心技体礼」が整ってはじめて良い写真が撮れる。

ちょっと切り取り方を変えただけで訴える力を強くすることができる。しかし構図にしばられることはない。
定説を覆すことの方が面白い。
写真の構図を気にするより感動する方が先。感動が形になってあらわれる。それが構図


続きを読む

Z85mmF1.8単焦点レンズの魅力は撮っていて楽しいことにある。単焦点レンズの方がズームレンズよりハッピーになれる。

ニコンの Z レンズはみんな素晴らしいが
Nikkor Z 85mm f/1.8 S はシャープで、素直なボケがきれいで味があるレンズで、好きになった。
470gと軽量なので、気楽にスナップにも持ち出せる。

Nikon Z7
85mm
F1.8



単焦点レンズで撮影した素晴らしい写真を多く見てきた。

ニコン 58mm や
キャノン 85mm F1.2L は性能測定値が決して高くないが、友人の作品を見ていると味があり、素晴らしい。

レンズの世界は奥深い。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF3.5


自分の目がレンズの画角で見るようにすれば、単焦点レンズ1本でも写真が撮れる。

何とかその画角で撮ろうとすることで、そのレンズを使いこなすことができるようになる。又、思いもしない撮れ方ができることもあり、自分の作風を脱皮することにもなる。

どちらかと言うとレンズを使う為にカメラがある。
写真はレンズで決まる、カメラよりレンズに金をかけろと昔から言われていた。


ニコンの単焦点レンズについては ▶ こちらの記事もご覧ください。
続きを読む

写真は芸術だ! 素晴らしい芸術作品をつくろう。

美瑛
クリックするとA3プリントサイズ画像が開く
写真は、
技術と芸術的感性の融合、
いわば右脳と左脳の共同作業で
それが写真の面白さでもある。

木を見て枝葉を見るだけでなく森をみることが重要。
枝葉をよく見ないと森は見えてこない。

14-24mm f/2.8G 広角端で撮影
大きくプリントしないと
良さがわからない写真がある。
全倍にプリントした


「マッスルメモリー」と同じように「感性メモリー」があると思っている。
写真は感じたことをカメラの操作を通して写真に記録する為、この2つが重要になる。
「心技体礼」が整ってはじめて良い写真が撮れる。

_1000763
Nikon Z7、50mm f/1.8
_Z7A2996
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


技術の裏付けがあって感性が活きる。

カメラ・レンズの使い方、写真の
撮り方を知り、使いこなすことで
表現の幅が増える。

一方、技術にこってしまうより、素直に撮影対象を見つめ、感動の瞬間を撮影することで、素晴らしい写真ができることもある。
技術でできることはしれている。時として感性の邪魔をしてしまう。

続きを読む

私の場合、ダイナミックレンジが広く、彩度やコントラスト、
シャープネスが低い、後処理耐性のある画像が得られるよう
RAWで撮影し、RAW現像後16 bitのTIFFデータにして画像処理
している。

撮影時ピクチャーコントロールをニュートラル
(キャノンではピクチャースタイル:ニュートラル、
 Lumix ではフォトスタイル:ナチュラル)にしている。

作画意図にもとづきカラー グレーディングで作品づくりをしている。

カラー グレーディングについては ▶ こちらの記事をご覧ください。



画像をクリックすると部分拡大画像が開く
デジタルカメラは設定する項目が多いが、自分が使いやすいように設定することで楽に良い写真が撮れる。

撮影現場で考えていると、せっかくのシャッターチャンスを逃してしまうことにもなりかねない。

慣れるまでは、全てオートで撮影し、後処理でカバーする方が
良い写真が撮れる確率が増える。

カメラによっては設定を記憶できる機能があるので、登録しておいて、撮影対象により使い分けることができる。

思い通りの作品を作るには、
ピクチャーコントロール
(キャノンはピクチャースタイル、Lumix はフォトスタイル)と
ホワイトバランス がポイント。

ピクチャーコントロール:ポートレート

RAWで撮影しておくと、ほとんど画質に影響なく
後で色や明るさ、ピクチャーコントロール、ホワイトバランス等
を変えることができる。

RAWの詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

撮影しながら変更するメニューと、撮影前に変更するメニューを分けておき、撮影時に変更するメニューはなるべく少ない方が、間違いや失敗が無い。

私の場合、撮影時ファインダーを見ることに集中し、撮影中に設定を変えるのは絞り位にしている。撮影にのってきた時には手が勝手に動いてくれる。

LeicaCLbackライカCL はシンプルで、とっさに設定変更したい場合にも迷いが無くできる。
説明書を見なくても設定が簡単にできる。
右手だけで、撮影モード、露出補正、絞り、ISO等が設定でき、撮影中の変更は右手だけでできる。

続きを読む





















冬の早朝、霧氷が目立たず、遠景の山も霞んでいる。
描画モードをハードミックスにして、レイヤーの透明度、
塗りを調整し、明るさ、コントラストを微調整した。

オートで撮影すると、迫力が無い写真になることもある。

記憶を元に作画意画を持ち像処理することで、印象的な写真になることが多い。

正しい色とはどんな色なのだろうか。

ピクチャーコントロール:ニュートラル

昔はフィルムにより色が異なっていたが、デジタルカメラでもメーカー / 機種により色が異なり、色を変えることもできる。

面白い雲が出たので、空を強調し夏らしさを出した。

作画意図により色を調整し、
クリエイティブな作品づくりをする
カラーグレーディングにより、
海外では意欲的な作品づくりがされている。(詳細下記)

続きを読む



Nikon Z7
24-70mm
F2.8
70mm



写真は人物に始まり人物で終わると言われる。
それほど人物写真は奥深く、又楽しい。

ポートレート(ポートレイト、人物)写真は良い機材や優れた技術だけで撮れるわけではなく、被写体である人物との関係が重要で、その関係が写真に現れる。技術でやれることはしれている。

お互いのhonor, resprct, loveがなければうまくいかない。
惚れないといい写真は撮れないが、惚れすぎてもいけない。

もう一つ重要なのは、自分の思い。女性をきれいに撮りたい、
優しさを撮りたい、生きる強さを撮りたい . . .

しかし、難しいのは、思いが強すぎてもうまくいかない。
自分勝手になってしまってはいけない。

一人一人顔が違うだけでなく、personalityが異なる。
相手のidentityを大切にしている。撮影者と共鳴する時
素晴らしい写真が生まれる。

最近は撮影するというより、撮らせていただいている
という感じが強くなった。自分一人では撮影できない。
モデルに感謝

右はソフトフォーカス効果により柔らかい表現にした。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
右はシャープな中にソフトなボケが得られるこのレンズの特性を
活かした。

Nikon D5
105mm f/1.4E
絞りF1.6


ポートレート撮影では、撮影ポジション、アングルを自由にしたいので、全て手持ち撮影で、三脚は使ったことは無い。

写真の楽しみ方は色々あるが、ここでは作品撮りを前提に、
ポートレート写真撮影の基本等について述べる。


続きを読む


画像をクリックすると拡大画像が開く
自然を対象とするネイチャー写真は、身近に被写体が多くあり、又四季毎に異なる写真が撮れ楽しめる。

右は Micro Nikkor 60mm F2.8 で撮影し画像処理でソフト効果を与えた。そのテクニックの詳細は下記

マクロレンズはネイチャー写真だけでなく、風景や、ポートレートでも活用でき、1本持っておくと便利。接写リングやテレコンバーターを使って近接撮影することもできる。

ネイチャー写真の撮り方、撮影テクニック、マクロレンズの選び方、使い方等について述べる。

続きを読む

スポーツ写真は、スポーツの感動を写真に残すことに醍醐味があり、又、記録写真としての重要性もある。

シャッターチャンスが重要で、動きを予測し、カメラのシャッタータイムラグを考慮してシャッターを押すタイミングを身につけないといけない。



続きを読む

越中八尾の街並みには夏になると胡弓の音色が響いてきて、町流しや輪踊りの風情ある踊りに見とれてしまう。











続きを読む


RAW現像、画像処理のポイントはピクチャーコントロール、
(キャノンではピクチャースタイル)とホワイトバランス

色の三原色を理解し、補色(反対色)の関係を理解しておくことも重要
どんな色を、どこに配色するかは色彩のセンスになる。

デジタルカメラの撮像素子は色を
感知することができず、各セルには
3色のいずれかのカラーフィルターが付いており、各セルに記録された明るさの情報をもとにカラーにしている。


カラールックアップ
(LUT: Look Up Table)は
RGB三原色の配列
に基づきカラー調整を行う。

右はグリーンを強調した。
紫陽花の色が引き立つ。

RAWで撮影し、RAW現像することにより高画質の写真に仕上げることができる。

RAWデータは撮像素子に記録された情報を生で記録したデータで、
カメラに記録されたフルデータと言って良い。

JPEGデータはカメラ内でRAWデータから加工された情報で、
8bit(256階調)に縮小され、データ量が小さいが、
撮影時の多くのデータが失われており、後処理耐性が低い。

12bitでは4096階調、14bitでは16384階調となり、少なくとも
12bitで撮影し、RAW現像後16bitのTIFFデータで保存し
画像処理するのがよい。

高画質の作品づくりを行うには、RAWで撮影することが必須と言ってもよい。

RAW現像で注意することは、記録されたデータを消すこと無く、ダイナミックレンジが広く階調性を保った状態で(ねむい画像を)後処理にまわすことで、画像を破綻させることなく高画質で見栄えのする写真ができる。

写真の楽しみ方は色々あるが、ここでは作品づくりを前提に説明する。

続きを読む

HDR (High Dynamic Range) 合成は写真に記録できるダイナミックレンジ(表現できる明暗差)を広げ表現する。



明暗差が大きな撮影条件だったので露出ブラケットした。
上の左は-0.67EV、右は+0.67EVの画像で、
PhotoshopのHDR ProでHDR合成した。

少し良くなったが、全体のコントラストが低下し、
ダイナミックレンジを広げるても見栄えが良くない場合が多い。

Luminosity Mask(明るさをいくつかの段階に分け処理する)
を使い処理した。

ここではオートのHDR処理を紹介
しているが、私は使うことはなく
トーンカーブで調整している。

場合により、複数のトーンカーブ
を特定の範囲に適用している。

Luminosity Mask は
画像をいくつかの範囲に分けて
違う処理を行う方法で、
風景写真によく使われる
カラー グレーディングで、詳細は
▶ こちらの記事をご覧ください。

L1020258

Leica CL
18mm
F5.6
モノクロ
HCモード
HDR処理



明暗差が大きかったので、段階露出した画像をHDR処理した。粒状性を追加し台風の後の荒れた空を表現した。

明暗差が大きな撮影対象を撮影すると、白飛びや黒つぶれしてしまうことがある。この部分にはデータがなく、後処理で復元することはできない。

明暗差が広いデータを記録できるRAWで撮影することが望ましい。RAWは撮像素子に記録された情報を生で記録したデータで、
8bitのJPEGデータより、1枚の写真に多くの色や明るさの情報が記録されている。

カメラが自動的にダイナミックレンジを広げてくれるアクティブDライティング等もあるが、画像劣化が起きることもあり、過度な設定はしない方が良い。

カメラ内でHDR(ハイダイナミックレンジ)できる機能を持つ機種もあるが、使い方を間違えるとメリハリの無い写真になってしまう。シチュエーションによっては明暗差が大きい方が迫力のある写真になることもある。

ここでは、より精密に、高画質に調整できる、後処理でダイナミックレンジを広げる方法について述べる。続きを読む

海外では、多様な作品づくりが行われており、
今までとは異なるクリエイティブな作品が出てきている。

自分のイメージに基づき印象深いクリエイティブな
作品づくりにチャレンジしてみよう。

明暗差が大きい条件だったので段階露出し、
PhotoshopでHDR処理した後、
夕焼けの雰囲気を出す為、アンバー色に調整し、
さらにコントラストを上げ
柿の彩度を上げて見栄えを良くした。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く























冬の早朝、霧氷が目立たず、遠景の山も霞んでいる。
こういう時には描画モードをうまく使うとよい。

カラーグレーディングでは色の組み合わせ、部分的な明るさ、コントラストの調整で見栄えを良くする。

カメラの設定や画像処理はどこまでやってよいのだろうか。

芸術は自由。違和感が無く、訴える力が強くなるのであれば、作品の表現方法として考えてよいのでは。

フィルムカメラの時代でも、結構派手なフィルムもあり、落ち着いた味わいのあるフィルムもあり、フィルムの選択も楽しみだった。
表現は自由

続きを読む



Leica CL
18mm
F3.5
マニュアル
発光
スロー
シンクロ
2つの画像
を合成

続きを読む

ここでは何度も撮影しているので、少し違う雰囲気にした。



_1000920_1000920-0


















Leica D-LUX7、絞りF2.8
フォトスタイル:ナチュラル

何気ない風景や街並み、街角、路地等を
作画意図を持って撮影、RAW現像、画像処理を行うことで見栄えが良くなる。

カラーグレーディングについては ▶ こちらの記事をご覧ください。

ちょっと切り取り方を変えただけで訴える力を強くすることができる。しかし構図にしばられることはない。
定説を覆すことの方が面白い。
写真の構図を気にするより感動する方が先。感動が形になってあらわれる。それが構図


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
最近写真が下手になってきた。
写真に面白さが無くなってきた。

昔より技術は向上しているはずだが、へたに技術なんて知らない方がよいのかもしれない。

Nikon D850
24-120mm f/4G、絞りF5.6
ISO 8000、ノイズ低減LOW

どうすればもっと良い写真が撮れるだろうか。

写真は芸術だ! 素晴らしい芸術作品を創ろう。

_D5B2581
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
技術でやれることはしれている。技術から入ると感性の邪魔をしてしまう。

逆説的になるが、うまい写真を撮ろうとするのをやめてみよう。
良い写真になるかどうかを考えるのではなく、自分が気になる、興味がわく、感動するのもを撮ってみよう。

時として、余計な気持ちが想像力や創造性の邪魔をしてしまう。
良い写真はとれなくてもよいので、感性に従いシャッターを押したい。

考え過ぎると平凡な写真になってしまう。
作り過ぎると面白くなくなってしまう。

スランプの時こそ何も考えず、ストレートに写真を撮る方が良いのでは
子供が思いもかけない面白い写真を撮ることがある。子供の心を持っていることも重要。
完全でなくてもよい。不完全さの中に面白さがある。
完璧に撮りすぎると、いつも同じ写真になってしまう。

写真は自由、正解は無い。自分が好きな写真を撮ってみよう。
Nikon D5
Micro Nikkor 60mm f/2.8G 開放

撮るものに困った場合、マクロレンズを持っていると、目に止まったモノを撮ってみるのもよい。

うまく撮れた写真には遊びがある。
完璧な構図が面白いとは限らない。
写真をうまく撮る人は外し方がうまい。
完璧でないものを楽しむ粋さも必要。


_D8E5291w
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
写真をA4からA3ノビ位にプリントしてみると、より深く写真を鑑賞でき、そこから、今度はこう撮ってみようという思いが生まれることもある。

Nikon D4
70-200mm f/2.8G で撮影
少しトリミングしている
クリックすると拡大画像が開く
続きを読む

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Category
撮影のコツ
ポートレート
カメラ・レンズ
日本
ヨーロッパ アメリカ他
フォトテクニック
RAW現像

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色補正については こちらをご覧下さい。

🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る