写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

短期間で一部の地域しか行けなかったが、活気あるインドを少し知ることができた。

荷物持ちで行ったので、全て
Nikon D500
AF-P 10-20mm f/3.5-5.6
フルオート、段階露出で撮影



国内写真撮影旅行、写真散歩は ▶ こちらの記事をご覧下さい。

海外撮影方法



チェコのプラハ
旅行にカメラを持っていくと、
楽しみが増え、又、思い出を残すことができる。

町歩きでは、テーマを持って歩くと写真を撮りやすい。例えば、古い町並みを撮るとか、町のにぎわいを撮るとか

海外撮影旅行では、日本では見られない風景が多くあり、又町の雰囲気も異なり、街歩きしながら、町の様子や人々を撮影する良いチャンスで、旅写真は楽しい。

旅先で会った印象的な人の写真を撮ることも楽しい。

ベルギーのブルージュ
機材を欲張らず、疲れない程度にカメラ、レンズを持っていき、旅を楽しむのがよい。

旅のスタイルは人それぞれで、初めて行く場所には観光ツアーに参加するのもよいが、できるなら自分で下調べし、ホテルを予約し、ゆっくり撮影するのがよい。ツアーでは撮れない写真が撮れる可能性がある。


海外で注意しないといけないのは、異国文化を理解し尊重することで、特に子供や女性への態度には気をつける必要がある。子供が可愛いと思って頭をなぜることをしてはいけない地域もある。

観光地として整備されていないところでは(そんなところの方が好きだが)道に迷うこともあり、それも楽しみの一つで、思いもよらない良い写真が撮れることがある。
しかし、不安を感じたらすぐに引き返さないといけない。

海外撮影旅行


イギリス





















イギリスの写真ギャラリーは 
▶ こちらをご覧ください。

エストニア

エストニア


タリンはバルト3国の一つエストニアの首都で、世界遺産に登録され美しい中世の町が残っている。

エストニアフィンランドのヘルシンキから高速艇で1時間半で着き、この町を歩き回った。

観光地として未だ整備されていない頃で、観光案内所も、地図も案内板も無く、道に迷った。

小学校の前に出たら退校時間で、お母さんが迎えにきていた。小学生のセンスの良さに惚れ惚れした。多くのエストニア美人にも会った。









エストニアの写真ギャラリーは
▶ こちらをご覧ください。


画像をクリックすると拡大画像が開く

チェコ


プラハは好きな町で、何度も来ているが、市民会館の歴史あるカフェにでコーヒーを飲みながら静かな時を過ごした。


プラハウエイトレスはいつも親切にしてくれたアン

カフェの外から。素敵な女性が気になり



チェコが自由化されて間もなく訪れたプラハは、夜一人で歩けない感じであったが、今では多くの観光客が夜まで街を楽しんでいる。

プラハの町は夜も美しい。


プラハ

古い町の雰囲気を出す為、彩度を少し落とし、コントラストを上げて銀残し(ブリーチバイパス)風にした。


プラハプラハ

プラハ

プラハの近くには魅力ある町が多くある。









チェコの写真ギャラリーは
▶ こちらをご覧ください。

オーストリア


ウイーンの町で、可愛い子供に目がいき、子供の目線に近づける為、ライブビューで撮影した。

昔はノーファインダーでよくスナップ撮影したが、最近はライブビューを使うこともある。


ウィーンには素敵なカフェが多くある。







Nikon D90 pixcelウイーンからドナウ川をのぼりメルクに着いた。




Nikon D90 pixcel
ドナウ川のほとりに立つメルク修道院の教会ではその荘厳さ、美しさに心が打たれる。10万冊の蔵書を収める図書館は美しく、歴史の重みを感じた。


オーストリアの写真ギャラリーは
▶ こちらをご覧ください。

ベトナム


べトナム
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
ベトナムは何度来ても、居心地の良さを感じ、親近感を覚える。

少数民族の人にとって私は異邦人であるかもしれないが、又言葉が通じなくても、心が通じた感じがし、温もりを感じた。

村により、違う言葉をしゃべり、違う歴史、文化、慣習を持っているが、各々の伝統を守り、たくましく生きる生活力を感じた。


ベトナム北部の少数民族の村を撮影
Nikon D500
Tamron 16-300mm F3.5-6.3
単焦点レンズ

べトナムべトナム
少数民族の若いお母さん。16才以下で結婚する人が多いそうだ。

べトナム 女学生 アオザイベトナムの民族衣装アオザイは美しさ、スタイルをひきたててくれる。

最近町でアオザイ姿を見ることが少なくなったのが残念だが、町中で見かけるとその美しさに見とれてしまう。


べトナム 女学生 アオザイ

べトナム アオザイ









ベトナムの写真ギャラリーは
▶ こちらをご覧ください。

インド










画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
一番撮りたかったジャイブル
(ピンクシティ)の風の宮殿









バス、タクシー、ジープ、リキシャに乗り、今まで行った国で最も危険な運転の国と思うが、のんびり牛が歩き、犬が道に寝っ転がり、秩序が保たれているのが不思議だった。

下は3枚の写真を手動でパノラマ合成した。





インドの尼僧と思い手を合わせたら中国語で話しかけられ
(中国人と思われたのか)
何とかコミュニケーションできた。

記念写真は
Nikon Coolpix A10 使用

単三電池2本で動くので
旅行の時にはいつも持っていく。

スマートフォンと違う良さを改めて認識した。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
姿を見られることを禁じられていた宮中女性が町様子や祝の行列を眺めた場所だそうで、何人の女性が宮殿にいたのだろうか。










インドの写真ギャラリーは
▶ こちらをご覧ください。

トルコ





















東洋と西洋にまたがる広大な大地を旅し、多彩な文化、風景が楽しめた。

イスタンブールの繁華街で、彩度を下げコントラストを上げ銀残し(ブリーチバイパス)風にして雰囲気を出した。







トルコの写真ギャラリーは
▶ こちらをご覧ください。

モロッコ



クリックすると拡大画像が開く
モロッコ















狭い迷路を超広角ズームレンズで撮影した。

モロッコの学校
右はモロッコのフェズで、狭い路地や学校を超広角ズームレンズ 10-24mm F3.5-4.5 を使い撮影した。狭い場所では超広角ズームレンズが使いやすい。詳しくは こちらの記事をご覧下さい。





モロッコの写真ギャラリーは
▶ こちらをご覧ください。

イタリア


ベネチアベネチア

ベネチア(ベネティア、ベニスとも呼ばる)は地下水の汲み上げのせいか、満ち潮になると海の水がサン・マルコ広場や道にあふれ、観光客は木の渡り廊下を歩くことになる。このきれいなベネチアが水に沈むことにならないとよいが。
幸い私が行った時は水が引いていたが、美しく豪華な教会の一部は水浸しになっていた。この美しい町をいつまでも残したい。

イタリアの写真ギャラリーは ▶ こちらをご覧ください。

フランス


フランスナントはフランスのロワール地方最大の都市で、
ナント都市圏オフィスの案内で、トラム、バスで回った。

旧市街には古い城や多くの教会があり、歩いて回れる。

人々はフレンドリーで親切で、
フランス語をほとんどしゃべれなくても、気持ちよく過ごすことができた。

又、素晴らしいフランス料理店があり、シーフードは絶品であった。

フランス




フランスの写真ギャラリーは 
▶ こちらをご覧ください。


ベルギー


フランスベルギーのブルージュには中世の街並みが残っていて、朝早くから夜遅くまで散歩し、広場やストリート写真を撮影するのが楽しかった。




フランス


ベルギー







ベルギーの写真ギャラリーは 
▶ こちらをご覧ください。

ポーランド


ポーランドの Krakow 旧市街の広場にあったスタチューに衝撃を受けた。

悲惨な歴史を訴えているのだという気がした。






冬訪づれた時は寒かった。


ポーランドの写真ギャラリーは 
▶ こちらをご覧ください。


アメリカ


newyork
newyork
クリックすると拡大画像が開く
エンパイアステートビルからの夜景

SF
クリックすると拡大画像が開く
トレジャー・アイランドからサンフランシスコのダウンタウンを撮影

アメリカの写真ギャラリーは ▶ こちらをご覧ください。



画像をクリックすると拡大画像が開く

ロシア


























ロシアの写真ギャラリーは ▶ こちらをご覧ください。

本当は長期間滞在し、もっと深く人々の中に入り、生活を共にして撮影したいと思っているが、いつも仕事と仕事の間に時間がとれた時、短期間行くことになり、好きな国には何度も行くことになる。

海外で仕事をする場合には仕事優先で、寝る暇も無い位忙しいので、プライベートの写真を撮る時間がとれない。

海外に持っていくカメラ・レンズは、長時間歩き回ることを考え、余り欲張りすぎない方がよい。高倍率ズームレンズは便利だが、自分の好きな単焦点レンズを1本、あるいは数本持っていくと表現力に幅ができる。比較的軽量なのもよい。あるいは、思い入れがある旅行では、単焦点レンズ数本で撮影することも楽しい。故障のことを想定して小さなミラーレスやコンパクトデジカメを持っていくと、街なかで、撮影に気付かれずに撮影するのにもよい。詳細は こちらの記事をご覧下さい。

海外旅行に持っていくバッグは、プライベートの物の収納も考えないといけないし、移動だけでなく、現地での機材の持ち運びを考える必要がある。セキュリティが確保できるバッグを選ぶのがよい。詳細は こちらの記事をご覧下さい。


デジタル フォト テクニック


フランスのリオンのレストランを撮影したが、明暗差が大きく思い通りの写真にならなかった。

トーンカーブで
HDR(ハイダイナミックレンジ)
処理を行い明るさを調整し、
色相・彩度・明度を調整して完成させた。

HDR処理については
▶ こちらの記事をご覧ください。

リオンの旧市街の雰囲気が出た。



フランスのナントの旧市街地にあった建物

空を大きく入れると建物が暗くなってしまう。

トーンカーブでHDR処理し、少しねむい画像になったので色相・彩度・明度を調整した。


スウェーデンのストックホルムの旧市街で、トンネルの向こうにも街があった。

明暗差が大きかったのでトーンカーブでHDR処理した。


旧市街を歩いていると狭い小道から小さな子どもが飛び出してきて、とっさに撮影した。

明暗差が大きかったのでトーンカーブでHDR処理した。






















モロッコの迷路の印象を強調した。

路地の小さな店で仕事をしている人をノスタルジックに表現した。







トルコの個人宅を撮影させていただいた。

彩度をおさえ雰囲気を出した。





ニューヨークのエンパイアステートビルディングから夕景の摩天楼を撮影した。




画像をクリックすると拡大画像が開く
トーンカーブでブルー、レッドを持ち上げており、彩度はいじっていない。



24mmまでのレンズしか持っていなかったので、周辺8枚の写真を撮影した。結果的には横長の3枚の写真を手動でパノラマ合成した。





















下は昔コンパクトカメラで撮影した写真4枚を横に並べパノラマ合成した。



トラベル カメラ、レンズ


撮影旅行に持っていくカメラやレンズは、移動や撮影で疲れない程度に小型軽量なものがよい。

又、万が一の故障のことを考え、コンパクトデジカメでもよいので、サブカメラを持っていくことが望ましい。

ヨーロッパ出張では Nikon D500 に 18-300mm f/3.5-6.3G と Tokina 12-28mm F4 を持っていったが、この2本で18mm相当の超広角から450mm相当の超望遠までカバーできる。又、暗い場所での撮影、ポートレート撮影の為単焦点レンズを持っていった。

_1170756

海外では余程安全が確認できなければレンズ交換をすることはしない。

この為高倍率レンズが役に立つ。

右は英国コッツウォルズの村にて
160mmで撮影し、圧縮効果を活かした。




右はロンドンの街にて12mmで撮影

直線が多いのでレンズ補正で調整した。


_1170449w



Nikon D500 は小型軽量なボディに
プロ機の性能を秘めたカメラで、
旅の色々な条件で力を発揮してくれる。

Tamron 16-300mm F/3.5-6.3
(Model B016)


べトナムべトナム

Leica Summicron F2ライカMモノクロームはモノクロ専用レンジファインダー機で、時にはモノクロを主体に撮影するのも楽しい。。

21mm, 28mm, 35mm, 50mm, 75mmのレンズを揃えた。

1本だけの場合は35mm、2本持っていく場合は28mmと50mmをよく使う。

別れの時、サブウエイが入ってきた時撮影


Summicron 50mm F2
絞りF3.4






_1170767ライカQ をヨーロッパに持参。


ケースを購入。

ライカマークはパーマセルテープで隠した。




▶ 交換レンズの選び方の詳細はこちらの記事をご覧ください。

写真グッズの選び方


Tumi+ThinTankPhoto
海外撮影旅行ではカメラ機材だけでなく、私用のものを運ぶことも考えないといけない。

又、飛行機での移動中は重いカメラとレンズを保持できるハードなバッグ、現地に着いてからは街歩き撮影用のソフトなバッグを揃えるとよい。

一つの方法は、一般の旅行用ローリングバッグの上にソフトなカメラバッグを乗せ、機内にはソフトバッグを持ち込む方法、もう一つの方法は、カメラ用のローリングバッグの上に私用のソフトバッグを載せる方法がある。

機材は欲張らず、疲れにくい程度の最小限の機材におさえ、トラベルグッズを上手に使って利便性を高めるのがよい。又、海外ではセキュリティを万全にして事故を未然に防ぎ、快適な旅になるようにしたい。

think TANK photo Urban Disguise 50、35ショルダータイプのバッグで、キャリーバッグの取っ手にかけ、上に乗せて運ぶことができるので海外撮影用によく使っている。13インチ MacBook Air も入る。

AirportAdvantage
Airport Advantage
ThinkTankAirPortAdvantageローリー(キャリー)タイプは、旅行に機材を運ぶのに適する。

仕事では ThinkTank Photo Airport International
を使うが、ここでは小型のバッグを紹介する。

ThinkTank Photo Airport Advantage は飛行機内に
持ち込みができる大きさで、ローリータイプとしては軽量で
機材を楽に、安全に持ち運べる。

Nikon D5 に 70-200mm f/2.8E FL、
D500 に 16-80mm f/2.8-4E を付け、24-70mm f/2.8、
単焦点レンズ数個、フラッシュ、コンパクトカメラ
iPad Air と、レフ板やディフーザー等照明機器が入る。
三脚やライトスタンドを横に付けることができる。

リュックタイプは移動時楽だが、後ろから機材を盗まれる恐れがあり、特に海外旅行では、安全性の面からリュックタイプを避けたほうが良い。ポーチもひったくりにあう危険性が高い。

Retrospective 5
Retrospective 5+Nikokn Df近くの国内旅行では小型軽量なバッグを使うこともある。

ThinkTankPhoto Retrospective 5
ライカ やコンパクトカメラ用によいが、
Nikon Df あるいは D7200 と2本の小さいレンズ、小型のフラッシュを入れることもできる。

_1170521Think tank photo Stuff-it! は小さなポーチだが、歩いたりしゃがんだりする時にじゃまにならないのがよい。

フォトグラファーにとって最も重要なのは撮影データ。撮影直後、同時記録したダブルスロットのメディアは
別々の所に入れ、一つは必ず身に付けるようにしており、何があっても一つのメディアが残るようにしている。
thinkTank Photoのメディアケースを中に入れ、紐に付けたクリップでポーチに留め、落ちないようにしている。

又、できるだけ早く(なるべく撮影現場で)外付けハードディスクやSSDにバックアップを取るようにしている。

Gitzo_TravellerGitzo 2型4段トラベラー GK2545T-82QD、1型トラベラー GT1542T は旅行用に使う。

このような軽量の三脚では、Gitzo の堅牢さが効果を発揮する。

しかし、なるべく4段目の脚は伸ばさず、エレベーターは使わないようにしている。風が強い時は、体で三脚を押さえるようにして支えるとよい。

ut43qベルボン ウルトレック UT-43Q購入
重さ1080g、縮長が272mm(小型雲台付き)で、旅行用によい。
6段のウルトラロックで、全高1550mmまでになる。

小さなバッグの中に入ってしまう。

カメラバッグや三脚等写真用品については こちらの記事も参照下さい。

MacBook 12inch旅行にパソコンを持って行くと何かと便利で、撮影データを保存、チェックするのによい。

MacBook Retina 12inch は0,92g の重さで、旅行によい。

1.1GHzデュアルコアIntel Core M、8GB memory、256GB SSD で画像の思い処理には適さないが
Retinaディスプレイは美しく、画像確認用として適する。

Macintosh については こちらの記事も参照下さい。

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Feature
ライカの魅力
leicacl
Nikon Z7 レビュー
ニコン Z6 と D500
D500
ニコン Z6 と D750 ニコン D850
_1170945
Nikon D5
大口径ズーム
超広角レンズ Nikkor 14-24mm F2.8 単焦点レンズ
NikonD5+105mmF1.4
望遠レンズ
標準レンズ
_D7A2614-w
レンズの使い方
Leica
ポートレート撮影
ポートレート
ポートレートレンズ
ポートレート
ライティング
夜のポートレート
魅力的なポーズ
ポートレート
画像処理
風景写真
スナップ写真
写真撮影旅行
海外写真撮影
モノクロ写真
Nikon D3
グレーディング

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整については こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る