著作権を侵害する写真及び文章の転載等を禁じます。        No reproduction or republication without written permission.

NikonD810+24-70mmVR

標準ズームレンズはほとんどの人にとって一番よく使うレンズで、大口径から汎用ズームレンズまで多くの種類があり、どれを選ぶか迷うかもしれない。

一番良く使うから大口径にするという考え方もあるし、持ち歩くのに軽いレンズの方がよいという考え方もある。


広角、標準、望遠ズームレンズをそろえる場合、全てを大口径ズームレンズにすると、資金的にも、体力的にも厳しくなる。一点豪華主義で、一番よく使うレンズを大口径ズームレンズとし、他は汎用のズームレンズにするのもよい。

もう一つは単焦点レンズとの組み合わせで考えるとよい。f/4クラスか汎用ズームレンズ、あるいは高倍率ズームレンズにし、50mm f/1.8 の単焦点レンズを組み合わせるのもよい。

絞り開放から画面隅まで高解像度を求めるのであれば、重くて大きく、高価な大口径ズームレンズを使うか、単焦点レンズでそろえるのがよい。

標準レンズ域は自然な感じに撮れるのがよいが、反対に平凡な、迫力の無い写真になりやすいとも言える。標準ズームレンズを持たず、広角ズームレンズと望遠ズームレンズを使う人もいる。実は私も標準ズームレンズを持たないことが多い。50mm f/1.8 か標準マクロレンズを持つか、サブカメラに小型軽量な標準ズームレンズを付け、押さえの写真を撮ることもある。

▶ 大口径ズームレンズについてはこちらの記事をご覧ください。

▼ DXフォーマット標準ズームレンズについては下記

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

Df+24-120mmF4
24-120mm f/4



右は大阪中の島の公会堂
ニコン Df
24-120mm f/4G
24mm、絞りF5.6


D750+24-120F4Nikon D750、24-120mm f/4G
DSC_0004w

ニコンの標準ズームレンズの中では使用頻度の高い焦点距離域をカバーし、手ブレ補正があるので、一番お勧め。

DSC_0010w


右は Nikon D4、24-120mm F4
常用最高感度 ISO 12800 で撮影

クリックするとRAWと同時記録
JPEGのA4プリントサイズ相当の画像が開く。

Nikon D4 については こちらの記事をご覧下さい。

D800ED800E 上高地

右は Nikon D800E、
24-120mm F4、24mm、
絞りf8、ISO 200、手持ちで撮影

要望により View NX2 で現像

現像時ピクチャーコントロールを風景、ホワイトバランスを晴天にした。

クリックするとピクセル等倍画像が開く。

24-120mm_w/D60024-120mm f/4G は広範囲な焦点距離をカバーし、ナノクリスタルコートのおかげで抜けのよい画像が得られる。

フロントヘビーとなるが、
D600 とのバランスはそんなに悪くはない。

_DSC4331

_D3S8291-2
横浜でポートレート

_D3X6569-1
Nikon D3x で定点観測の家のみかんを撮影。
クリックするとRAWと同時記録したJPEGピクセル等倍画像が開く。

120mm、f4開放で撮影

24-120mm_w/D600香嵐渓

24-70mm F2.8を使っていると、もう少し望遠側が欲しいと思うことが多く、120mmまであると、これ1本でほとんどこなせる。

高画素数機ではDXフォーマットにクロップして使うことも実用的で、24-180mm f/4 のレンズと考えることもできる。

710gの重さは24-70mmより200g近く軽く、又手ブレ補正付きなので、手持ちで歩き回る時には助かる。

広角端の樽型湾曲は 24-70mm F2.8 より大きいが、ズームレンズとしては歪曲収差が特別悪いとは思わない。使い方を心得れば実用上問題がない。

ポートレート撮影は単焦点レンズが主体になるが、24-120mm をサブで持っていく場合が多い。広角側はf4からf5.6位で、望遠側は85mmから120mm位を開放で使うことが多い。単焦点レンズと組み合わせるとよく、表現力の幅が増す。単焦点レンズについては こちらの記事をご覧下さい。

Nikon D7000


24-120mm f/4G を
Nikon D7000 で使ってみた。
フロントヘビーで、バランスが悪そうだが、意外といい。

右は120mm(180mm相当)
絞りf4.5で顔のアップをねらった。
ピントの合ったところはシャープで、ボケが綺麗。

DXフォーマットで 36mmから180mm相当となり、ポートレートで使いやすい焦点距離になる。

ポートレートの作品づくりについては こちらの記事をご覧下さい。

右は Nikon D300s、24mm(36mm相当)、f5.6で撮影。

DXフォーマットで使用(質問への回答)

DXフォーマットにこのレンズを付けると36mmから180mm相当になり、広角側が足りない方は、10-24mm等の広角ズームレンズと組み合わせるとよいと思います。
望遠側のボケが大きく、ポートレートにも適します。
FXフォーマットのカメラを買う予定があれば、このレンズを買っておき、将来DXフォーマットに10-24mmを付けて一緒に使うのもよいと思います。



AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8E VR、AF-S NIKKOR 24-70mm F2.8G

NikonD5+24-70VRニコン D5
24-70mmm f/2.8E VR

大口径ズームレンズは高価で、大きく重いが、開放近くでボケを活かした表現ができ、又、優れた性能のレンズが多いので作品づくりに活用できる。

P1170175w


Nikon D810
24-70mm f/2.8E VR
70mm、絞りF2.8

右の画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の画像が開く。

Nikon D3x, 24-70mm F2.8Nikon D3 と同時発売された大口径標準ズームレンズで、ナノクリスタルコートにより抜けが良い。

ポートレートでは、24mm端での広角域、又70mm域開放近辺でのボケを活かした表現ができる。



絞りを変えることで多様な表現ができる。

右は望遠端開放で撮影。

Nikkor 24-70mm f/2.8G は現在三脚に付けスタジオで使っており、手持ちで撮影する場合には、24-120mm f/4G か Tamron 24-70mm F/2.8 を使っている。

詳細は 大口径ズームレンズの記事をご覧下さい。









Tamron SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD (Model A007)

手ブレ補正付き Tamron SP 24-70mm F/2.8 (Model A007) を購入した。

シャープな中に柔らかさがある。


右は Nikon D4 に 70mm、絞り f2.8、ISO 3200で撮影。

下は、60mm、絞り開放、ISO 100、ストロボ2灯発光






Nikon D4
Tamron 24-70mm F2.8
絞り開放





Nikon D800E
70mm、絞り f3.2、ISO 100
で撮影

今まで使ってきた
TAMRON SP 28-75mm F/2.8
(A09 II) の味を残しつつ
ピントの合った所はシャープで
これも好きなレンズになりそう。

右は Nikon D600 に付け撮影

狭い室内では 24-70mm 大口径標準ズームレンズで、広角から中望遠までを使い、これ1本でほとんど撮影できる。

Tamron SP AF28-75mmF/2.8 XR Di (A09N II)

DSCN0268w絞り開放の柔らかい表現はポートレイトによく、F4以上に絞れば高精細で風景写真にも使える。

右側のチューリップは
Nikon D800E
75mm、1.2倍クロップ(約90mm相当)
絞りf5.6、ISO 200、手持ち撮影。クリックすると同時記録JPEGピクセル等倍画像が開く。

APS-Cサイズ(DXフォーマット)では115mm相当まで使え、ポートレートで使いやすい焦点域になる。

Nikon D800E image_DSC5018

Tamron 28-300mm F/3.5-6.3

D750+Tamron_28-300mm
Nikon D750、Tamron 28-300mm
タムロンの 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD (Model A010) は、540g と軽いので、旅行用に購入した。

レーシングカート取材にサブカメラとして、又、テストを兼ね、D750 に 付け持っていった。





1.2倍クロップ
360mm相当
グループエリアAF使用




高倍率ズームレンズは便利なようで、使いこなしが難しい。
焦点距離の特徴を理解して使うことが必要。

AF-S NIKKOR 24-85mm F3.5-4.5 G ED VR


小型軽量な
24-85mm F3.5-4.5 G は
使用頻度の高い焦点レンズ域で、
465gと軽量なので、普段使いに
購入した。



小型軽量な Nikon D600 におすすめのレンズは 24-85mm f/3.5-4.5 G と 50mm f/1.8 G のダブルレンズキットで、D600 とのバランスに優れる。

右はコウゾを蒸して皮をはいで和紙の原材料を作る「カンゾカシキ」の取材に 24-85mm f/3.5-4.5G と 70-200mm f/4G を使用した。

_D6A672549f4abd9

Ai AF Zoom Nikkor 24-50mm F3.3-4.5D
_DSC0269
Nikon Df におすすめの標準ズームレンズはと聞かれ、
24-120mm f/4G は仕事用として万能性がよいが、気楽に持ち歩くには大きく、重い。

24-85mm f/3.5-4.5G はバランス的によいが、もっと小型軽量なのがよい。

そこで、昔使っていた 24-50mm F3.3-4.5 を思い出した。わずか355gで、コンパクト。
ズーム倍率を欲張っていないので、性能的に単焦点レンズに比べそんなに悪くない。
程度のよい中古を安く入手したので Nikon Df の常用レンズとして使いたい。

_DFA7856w
_DFA7845w


クリックすると拡大画像が開く
このレンズは
24mm 単焦点レンズと、
標準マクロレンズの感覚で使う。

中間リングを使うと、かなりの
マクロ撮影ができる。

右は中間リングを使って撮影。


テストを兼ね
Nikon D810 に古いレンズ
Ai AF 24-50mm F3.3-4.5D
を使った。

高画素機でも十分使え、高画質な画像が得られた。

24-50mm F3.3-4.5D、32mm
絞りF9


8-424-70mm f/2.8E VR は素晴らしいレンズだが、普段使いには重く、大きすぎる。

24-85mm f/2.8-4D は未だ新品で売られているが、昔使ったことがあり、マクロモードもあり使いやすかった。

設計が古いので、VR付きでリニューアルしてほしい。24-105mm なら尚良い。

AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G ED

_DSF6544広角好きな私にとっては標準ズームレンズを持っていかないことが多く、このレンズが私にとって標準ズームレンズとも言える。

18mm側で迫力ある写真が撮れ、35mm側で自然な感じの写真が撮れる。




これに 50mm、60mmか85mmのいずれか1本を持って出ることが多い。
下の右は18mmで撮影。左は一緒に持っていった50mmで撮影。



Df+18-35mm
18-35mm f/3.5-4.5
軽量な Nikon Df に 18-35mm はバランスが良い。






















右は広角端、下は望遠端
いずれも絞り開放で撮影



風景撮影では標準ズームレンズを持たず、広角ズームレンズと望遠ズームレンズ、それに標準単焦点レンズか標準マクロレンズを持つことが多い。

Nikon D5
18-35mm f/2.5-4.5G



wide_lens10年以上前に買った前モデルに比べ、特に隅部の改善がされ、高画素機でも使える。

DxO の評価結果が出て、この結果を見ると、価格、重量のわりに高性能。DxOテスト結果は詳細を見ないと正しい判断ができないので 原文をご覧下さい。

16-35mm f/4G は18mm以上であれば 18-35mm f/3.5-4.5 とほとんど変わらない結果になっている。

14-24mm f/2.8 が14mmの超広角まであるにもかかわらず高性能なのに驚く。

(追記)ニコンから 20mm f/1.8G が発売になり、このレンズは売却した。
若い頃はいわゆる標準レンズ域はほとんど使わず、広角と望遠しか使わない時期が長かったが、最近は 20mm、28mm 又は 35mm、50mm、58mm あるいは 85mm
各 f/1.8G (f/1.4G) を持ち出すことが多くなった。

Df_58mmF1.4

クリックすると拡大画像が開く。58mm f/1.4G 開放


人によっては、標準ズームレンズを使わず、広角ズームレンズと望遠ズームレンズに単焦点の標準レンズを使う人もいる。

私の場合も、標準ズームレンズは余り使わない。

右は Nikon Df、58mm f/1.4G 絞り開放で定点観測の庭のみかんを撮影

60 F2.8


60mm f/2.8G
D800E、絞りF3.2で撮影

このレンズは
男性ポートレイトによい。
シャープだが、シャープ過ぎることもなく、柔らかさも持っている。

まとめ24-70mm、24-120mm、28-300mm、24-85mm について

24-85w
その前に、24-85mm と 24-70mm クロップ、24-70mm に1.4倍テレコンバーター(ケンコー製)使用で、どれ位ボケに違いがあるかという質問に対し、下記の実験をしてみた。(質問の回答)

各々望遠端開放 85mm f4.5、70mm f2.8で撮影
比較しやすいよう、一番大きな焦点距離になる 105mm に合わせた大きさにトリミングした。85mm は約1.2倍クロップとなる。

下はA4サイズにプリント相当の画像の中央で、クリックすると大きな画像が開く。

この結果はほとんど違いは無かった。主題と背景との距離等によりボケは変わるが、大きな違いは無いと言える。

クロップは画素数が小さくなり、テレコンバーター使用は本来のレンズの性能を発揮できないので、中望遠域まで使うのであれば、総合的に 24-85mm が良いと思う。


しかし、ボケを活かした表現には 85mm f/1.8G をおすすめする。詳細は こちらの記事をご覧下さい。

私の場合、仕事の撮影では、2台のカメラに広角ズームレンズと望遠ズームレンズを付け、標準域は50mmか60mmの単焦点レンズ、あるいは、3台目のサブカメラ(場合によりミラーレスやコンパクトデジカメ)に小さな標準ズームレンズを付ける場合が多い。

作品撮りでは単焦点レンズを使うことがほとんど。

高画素機を使う場合、頑丈な三脚を使うか、手持ちで撮影する場合には、手ブレ補正機能付ズームレンズか明るい単焦点レンズを使い、しっかり保持して撮影するのが望ましい。手ブレによってぼやけてしまっては、高精細な画像が得られる高画素機を使う意味がない。

写真鑑賞サイズ(例えばA3ノビ、あるいは27インチディスプレイ)が同じ場合、高画素だから特別手ブレが目立つことはないが、ピクセル等倍で見た場合には手ブレがよくわかると言え、高精細な表現が失われてしまう。

重量級の三脚を使ってしっかり撮るのであれば 24-70mm がよいが、手持ちで撮影してブレては、せっかくの高性能のレンズの性能を活かせられない。特に D800系のような高画素機では、手ブレが目立つこともあり、三脚を使用するのがよい。又、一般的にはこれ1本で済ませるわけにはいかず、望遠レンズと併用となる。私の場合は三脚に付けた Nikon D3x 用として、主にスタジオ撮影で使っている。

24-120mm は使用頻度の高い範囲をカバーし、本格的な望遠域の120mmまであり、これ一本で済ませられるケースも多い。特に手持ちで撮影する場合にはVR付きなのでこちらを推薦する。

バランス上、バッテリーホルダーを付ける方がよく、より手ブレ防止にもなる。50mm F1.4 か F1.8 あるいはマイクロニッコール 60mm F2.8 を併用する方が表現力が増す。

24-70mm と 24-120mm との性能差を言う人もいるが、実際撮影した画像を伸ばしてみると、ほとんど差がわからず、実質的に性能差があると思うことはない。
F4 の暗さは単焦点レンズと組み合わせることでカバーでき、50mm F1.4 か F1.8、85mm F1.8 のいずれかを組み合わせれば表現の幅が広がる。

標準ズームレンズは、実は使いこなしが難しい。標準レンズ焦点距離域は素直な表現が特徴だが、インパクトに欠ける写真になる可能性がある。その点、広角と、中望遠から望遠にまで焦点域のある 24-85mm、24-120mm、28-300mm が望遠効果を活かした表現ができる。

大口径標準ズームレンズの使いこなし方で重要なのはボケのコントロールで、中途半端なボケ方に終わってしまい、大口径の良さを活かしきれないことがある。f2.8 大口径でも単焦点レンズの f1.4 と比べると2段の差があり、ボケを活かした表現には単焦点レンズの方がよい。

単純なバックの場所を選んだり、バックまで距離がある場所を選んだりしないと、中途半端なボケになりやすい。それより、ズームはスナップ的に絞って、背景描写を加えて撮影する場合や、風景で絞りこんで撮影する場合に活用することに割り切り、f4 や f3.5-4.5 程度のズームレンズにして、単焦点レンズを加える方が、重量的に、価格的に、又表現範囲としても好ましい。

DXフォーマット標準ズームレンズ


AF-S DX NIKKOR 16-80mm f/2.8-4E ED VR

NikonD500+16-80mm
Nikon D500、16-80mm
嵯峨野にて



24mmから120mm相当まであり、汎用性が高い。




Nikon D500 は
優れたファインダー、連写速度、
シャッター音はポートレイト撮影に
使いやすい。モデルをのせる雰囲気
を作り、自分も高揚できる。

Nikon D500
16-80mm f/2.8-4E VR




D7200+16-80mm




角型フードを付けると大きいが、480gで意外と軽くDXフォーマットのメリットが感じられる。かって使っていた DX 16-85mm f/3.5-5.6 より5g軽い。

FXフォーマット 24-120mm f/4G は710gあり、手持ちで一日中撮影していると、又長時間持ち歩くとけっこうこたえる。今後は DX 16-80mm f/2.8-4E の出番が増える。

未だ1回しか使っていないが、今後メインに使えるレンズという感じがする。より望遠まで必要な時には 18-140mm f/3.5-5.6G を使用し、すみわけする。
絞りF4.5


AF-S DX NIKKOR 18-140mm f/3.5-5.6G ED VR

D7200+18-140mm
Nikon D7200, 18-140mm


ニコン D7200
18-140 VR レンズキット購入

18-140mm f/3.5-5.6G
120mm相当
絞りF6.3







18-140mm f/3.5-5.6G
142mm相当
絞りF5.3


18-300 VR スーパーズームキットと迷ったが、ズーム倍率を欲張っていなくて画質が良いと思われる
18-140 VR レンズキットにした。

27mmから280mm相当の高倍率ズームレンズとなる。
(望遠側は1.3倍クロップ)

AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR

_1170449w

旅行用に
Tamron 16-300mm F/3.5-6.3
(Model B016) を購入。

テストで鳥を撮影。約1000万画素相当にトリミング。手持ちでこれだけ撮れるのは素晴らしい。AFでピントを合わせた後マニュアルでピントを再調整しているが、ピント精度は良い。

私のズームレンズの使い方は、絞りF5.6を基準とし、200mm相当以上の超望遠域はF8まで絞ることを前提としている。


16-85mm で撮影。撮影許可を得ている
AF-S DX NIKKOR 16-85mm F3.5-5.6G ED VR

Nikon D7000APS-Cサイズ
(DXフォーマット)は、
レンズを含めたシステム全体の小型軽量化になる。

スナップで最も多用する24mm相当の広角からのズームで、使用頻度の多い焦点距離域をカバーする。これ1本でほとんどの撮影ができてしまう。

Nikon D7000 に使用した作例及び詳細は こちらの記事をご覧下さい。

AF-S NIKKOR 18-105mm F3.5-5.6G ED VR

Nikon D90, 18-105mm VRコストパフォーマンスが高く、160mm 相当まであるので、本格的な望遠効果が楽しめる。

絞り解放から使え、望遠側のボケがきれい。

広角側が足りない場合は 10-24mm F3.5-5.6 を、望遠側をもっと欲しい場合は 70-300mm F4.5-5.6 や 55-300mm F4.5-5.6 等を、さらに、明るい単焦点レンズを加えれば使いやすいレンズシステムとなる。おすすめは 50mm F1.8G




AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II はより小型、軽量なので D3300 や D3200 とのバランスがよい。

AF-S DX Zoom-Nikkor 17-55mm f/2.8G IF-ED

D2X_imageNikon D2x に付け使っていたが、D3 と 24-70mm F2.8 に替えた際処分した。
将来FXフォーマットを使う可能性があれば、24-70mm f/2.8G を使う手もあるが、このレンズは約83mm相当まであるので使いやすく、又比較的軽量でもある。

古いレンズなので、そろそろ 16-55mm f/2.8G VR か 16-85mm f/4 を出してほしい。

横浜

Tamron 17-50mm F2.8 VC (Model B005)

Nikon D300s軽量小型で、手ブレ補正機構もついている大口径標準ズームレンズだが、75mm相当までなので、APS-Cサイズ(DXフォーマット)ポートレイト撮影では、少しボケが足りない気がする。

詳細は こちらの記事をご覧下さい。

横浜


Tamron SP AF28-75mmF/2.8 XR Di LDAspherical [IF] MACRO (Model A09)

DSCN0268w_DSC5486フルサイズ用大口径標準ズームレンズだが、小型軽量なので、DXフォーマットで使うのによい。


開放では柔らかい表現ができ、ポートレイトやマクロ撮影に好んで使う。F4以上に絞ればシャープになり、風景撮影にも使える。

長い名前だが、マクロの言葉が付いていて、75mmまで寄れる。DXフォーマットで撮影すると約112mmの望遠マクロレンズとして使え、最大撮影倍率約1/2.7になる。

ポートレートに使うと112mm相当大きなボケの良さを活かすことができる。
詳細は こちらの記事をご覧下さい。


_DSC5018このレンズは売却してしまったが後悔しており、もう一度購入したいと考えている。



広角側が足りない場合には、広角ズームレンズ、例えば 10-24mm f/3.5-4.5 で補える。

AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR は軽量なFXフォーマットレンズで、約35-130mm相当
AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR は約35-180mm相当になる。
FXフォーマット標準ズームレンズの詳細は こちらの記事をご覧下さい。

AF-S DX NIKKOR 18-200mm F3.5-5.6G ED VR II

_D7A2614-w
マイナーモデルチェンジで、旧型の 18-200mm を売却していたが新型を再度購入した。

ズームロックスイッチが新設されたが、ロックしておくと不意の撮影の際ロック解除に時間がかかりチャンスを逃しやすいので要注意。

レンズ構成図を見ると変わりはなく、MTF曲線図も同じで、基本的なレンズ性能は変わっていないよう。

200mm で撮影してみたが、望遠域の解像度は旧モデルより良くなっているように感じる。又、逆光の厳しい条件で撮影しても、フレアやゴーストの発生は少なく、抜けのよい画像が得られ、コーティング改善の効果が感じられた。

高倍率ズームレンズは便利なようで、使いこなしが難しい。
ベテランで画角がりかい出来ている人はよいが、ズームで調整しているとレンズの特性を活かせない。
詳細は こちら をご覧下さい。



ズームレンズと単焦点レンズを組み合わせると、多彩な表現ができる。

右は 50mm f/1.4G
絞りF1.8







カメラ & レンズの選び方、使い方の詳細は こちら をご覧下さい。

Technique
フォトテクニック
RAW現像
カテゴリ別アーカイブ
記事検索