写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

 Issy Nomura
 Executive Producer, General Director, Editor, Photographer
 CEO, Digital Image Japan LLC
 I will send my personal history if you need it for business. Please contact us.

 ---

 デジタル映像写真制作販売業

 由来:未だデジタルカメラやインターネットが世にに知られていない1990年代初めの研究会が
    いつしかDフォト研と言うようになり、専門家の共同研究開発、情報交換の場としていたが、
    今は作品づくりを楽しむDフォト倶楽部になり、皆さんと一緒に実践で研鑽している。

 ここでは作品撮りの写真、個人的な意見を述べており、便宜をはかってもらったことは一切ありません。

 アート作品を撮ろう!

 家にこもっていることが多くなり、初めて小説を書いてみた。玲子 完結編

負の時代は次のステップへのチャンス
今までのやり方を見直し、忙しくて出来なかったことをして技術のレベルアップを行っている。

詳しくは ▶ こちらの記事をご覧ください。

緊急事態に対応し、Dフォト倶楽部はネット例会に切り替えている。

ネット例会用 Affinity Photo チュートリアルを公開している。
詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

英語をしゃべることがしばらく無いので
Lucy 先生の教えに従い、毎日英語の勉強をしている。

Lucy はフィアンセと一緒にイギリスの田舎生活をエンジョイしている。


好きな言葉 from "Creativity is the basis of self-expression" by Peter Lindbergh(Summary by Issy Nomura):

何もしなければ創造性は生まれない。
絵を描いたり、詩を書いたり、写真を撮ったりする時の感性や感情、アイデアから、
我々の経験や予測を超えて生まれ変われば創造性が生じる。
創造性は自己表現の欲求である。
もし各々の道を深く探求しようとすれば、全ての人が創造的になれる可能性がある。
そうすれば我々の作品は我々自身の一部となる。

Peter Lindbergh が亡くなった。
私と同い年
先月まで元気に活躍していたのに


第61回グラミー賞授賞式の
オープニングパフォーマンス

最近好きな曲

最近最も感動した曲 Hallelujah
Phenomenon 非凡な人
Alexandra Burke


Michael Jackson も忘れられない。

最高の King of Pop

時々こんなことも
Stay with Me


若い頃の Lara Fabian は可愛かったが、
美しく年をとっている。

コンサート前日6年間の愛を終えた
Lara Fabian は歌えなくなりストップの
合図をしたが、観客は
"Je T'aime" (I love you) の歌詞を
"On T'aime" (We love you) と歌った。
信じられないと言っている。

数々の賞に輝いた名曲 Je T'aime

色々あったね

心からの歌に魅せられる。Je Suis Malade

"You can say something from the heart, in Japanse, ..." と言っている。

最も好きな曲 Adagio は最高。ありがとう

Johnny Hallyday との共演もすごい。

Silvie Vartan (2回コンサートに行った)
と 若い頃結婚した Johnny Hallyday は
最近若く美しい Laeticia と再婚したが
昨年亡くなった。Imagine

プロジューサで素晴らしい夫の Rene を
亡くした Celine Dion

「全て一人で」の曲では泣いてしまう。
World tour での All by My Self

パリでのコンサートで
Ne Me Quitte Pas (1人にしないで)
と歌っている。

映画タイタニックの主題歌
My Heart Will Go On
(私の心に生き続ける)


009世界各国で仕事をしてきたが
スロバキアを訪問し、3人の優秀な
マネジャと仕事をし厳しく指導した。
3回目の訪問で合格を出し、
真面目さと努力で素晴らしい仕事を
してくれたと感謝の言葉を述べ、
お返しの言葉があった時彼らの目に涙が溢れていた。

プラハまで6時間かけ車で送ってもらい、車中で、古くはローマ、オスマントルコ、蒙古の襲撃、近年ではナチス、ソビエトの支配を経験した歴史を聞いた。プラハに着き夕食に誘ったが明日仕事があると言い帰っていった。

一人で食事後市民会館の前を通ると、
いつもと違い赤いジュータンがひかれ
大統領夫妻が到着した。

聞いてみると、コンサートがあり切符があるというので席に着いた。

グリークのピアノ協奏曲が始まると、各地で感じた思いが一気に噴き出したかのように、涙が止まらなくなった。

最後はスメタナの モルダウ


カメラの楽しみ方は色々あるが、ここでは作品撮りを前提に作例、意見を載せています。
個人的な感想、意見であり、他の声に耳を傾け多様性に重きを置いています。