写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

_1180165
_D859499
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く





ニコン D850 は
作品撮りを楽しむには最適な
カメラで、オールマイティに
使え、気楽に持ち出している。

85mm f/1.8G、絞りF2.2

ニコンのF1.8単焦点レンズには
ニコンの良心が感じられる。

D850+35mmF1.8
_D859554_01
画像をクリックすると拡大画像が開く


35mm f/1.8G、絞りF4




ポートレート作例追加
ニコン D850 の魅力:
何より得られる画質が素晴らしい。(詳細下記)
カメラの基本性能の確かさ、信頼性が実感でき、特にオートフォーカス性能はほとんど真っ暗闇まで正確で早く、使いやすい。
グリップ性が良く、重いレンズとのバランスが良いせいか疲れが少ないので、気楽に持ち出し楽しんでいる。
仕事ではサブカメラとして使うが、時としてほとんど D850 で撮影することもある。




ニコン D810、D800ED750 のレビューは記事を分割しました。

Nikon D850 レビュー


作例


_1170835
Nikon D850、14-24mm f/2.8G

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く
水面の質感がすごい


京都案内、撮影サポートの為
Nikon D850 に
14-24mm f/2.8G を付けっぱなしにした。

前玉保護の為手製のホルダーを
ベルトに付け使用

_1170939
Nikon D850、24-120mm f/4G
D850 に 24-120mm f/4G(買い替えた)を付け仕事のサブカメラに使ってみたが満足いく結果が得られらた。

作品撮りでは標準レンズ域は単焦点レンズを使い、ズームレンズはほとんど使わないが、風景写真やスナップ撮影に1本のレンズで気楽に出かける時使う。

本格的な広角、本格的な望遠レンズの特性を活かした多彩な表現ができるのがよい。

画像をクリックすると拡大画像が開く

舞妓は早く歩くので、帯の先や
揺れるかんざしはブレている。

絞りF4.5
ISO 8000
ノイズ低減LOW





絞りF4.5
ISO 8000
ノイズ低減LOW




画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く

24-120mm f/4G を付け
京都の夜の街を散歩

広角から望遠まで使える利便性と
画質の良さを再確認し、満足いく
結果が得られた。

絞りF5.6
ISO 8000
ノイズ低減LOW

色温度が異なり、明暗差が大きな光線状況下でうまく撮れた。



画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
撮影時にピクチャーコントロールをモノクロームにするとモノクロ写真が撮れる。

フィルター効果や調色等の細かい調整もできる。

Capture NX-D 現像時、
ピクチャーコントロールを
モノクロームに変更することで
モノクロ写真にすることもできる。

モノクロ写真の詳細は
▶ こちらの記事をご覧ください。

_1170866
Nikon D850, 70-200mm f/2.8E

画像をクリックすると部分拡大画像が開く
飛騨古川町三寺まいり


37年前に Ai-S Zoom-Nikkor 80-200mm F4 を購入してから
大口径望遠ズームレンズを使い続けていて、沢山の作品を
撮らせてもらい、手放せない。

Nikon D850
70-200mm f/2.8E FL
絞り5.6
ISO 8000、ノイズ処理LOW



画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
飛騨古川町三寺まいり

24mm f/1.8G、50mm f/1.8G、70-200mm f/2.8E 持参
全て手持ち撮影

Nikon D850
70-200mm f/2.8E FL
絞り5.6
ISO 8000、ノイズ処理LOW




画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く


50mm f/1.8G、絞りF2.2



D850+24mmF1.8
Nikon D850、24mm f/1.8G

画像をクリックすると部分拡大画像が開く
鮎飛さんにお願いして撮影させていただいた。


Capture NX-D でRAW現像時モノクロにした。
モノクロ写真の詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

24mm f/1.8G、絞りF8




画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く
標準ズームレンズの中で
24-120mm f/4G は
実用性能が抜群。

5倍ズームは、よく使う領域を
カバーし、万能性に優れる。

京都の各所で紅葉が見頃を迎えた。

Nikon D850
24-120mm f/4G
絞りF8



下の左はF5、右はF8、ISO 16000


画像をクリックすると拡大画像が開く

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


_1170943Ai-S 20mm F3.5
を非常用に持っていった。
元画像
絞りF8


30年以上前に設計、製造されたレンズとは信じがたい。
さすがに画面隅部に流れがあるが、他社の最新広角レンズでもこれ位のレンズもある。


画像をクリックすると拡大画像が開く
逆光でフレアを活かして幻想的な写真を撮りたかったが、意外と逆光性能が良くフレアはほとんど無かった。

右はイメージを画像処理で再現した。



画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


紅葉のライトアップ

Nikon D850
24-120mm f/4G
絞りF4



_1170835
Nikon D850、14-24mm f/2.8G

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く



Nikon D850
14-24mm f/2.8G
広角端、絞りF4.5
空を手動でHDR処理



画像をクリックすると拡大画像が開く
14-24mm は約10年前に
Nikon D3 と一緒に購入し、
不具合は無かったが買い換えた。


Nikon D850
14-24mm f/2.8G
広角端、絞りF4
手動でHDR処理



画像をクリックすると拡大画像が開く
ナノクリスタルコート採用最初のレンズで、先端のレンズが飛び出している為か、光が直接レンズに当たるとゴーストやフレアが発生した。

コーティング材が変わったせいか
良くなった。

45MP級高画素機でも全く問題無い。

Nikon D850
14-24mm f/2.8G
広角端、絞りF4



画像をクリックすると拡大画像が開く
皆さんと撮影旅行

Nikon D850、
14-24mm f/2.8G、
60mm f/2.8G、
70-200mm f/2.8E、
Gitzo GK2545T-82QD 使用


_1170828
Nikon D850、28mm f/1.4E
_D851140a3
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


早朝散歩
朝日に輝く青紅葉
右端に太陽を入れている。

Nikon D850
28mm f/1.8E
絞りF9



_D851997a3
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


Nikon D850
28mm f/1.8E
絞りF5.6
ISO 5000



_D852026a4
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
大口径広角レンズのボケを活かして撮影した。

Nikon D850
28mm f/1.8E
絞りF1.4



_D852016トッサに撮影したので少しブレている。

Nikon D850
28mm f/1.8E
絞りF2
ISO 1400



_D850751w
画像をクリックすると拡大画像が開く
今年もアサギマダラが飛来してくれた。

アサギマダラは2000km以上を移動する渡り蝶

Nikon D850
70-200mm f/2.8E
絞りF4.5
3D-トラッキング



_D850901w
画像をクリックすると拡大画像が開く




画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
ニコン D850 はあらゆる撮影条件下で確実に写真をものにする実力に優れ、作品撮りには最適と言ってよい。

Nikon D850
70-200mm f/2.8E FL
絞り5.6
DXにクロップ

手を上げて撮影(以下同様)



画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


Nikon D850
70-200mm f/2.8E FL
絞りF5.6













混雑でレンズ交換できず
3枚の写真をつなげた。

_1170856
_D850376
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


タムロン 24-70mm F2.8 は
旧タイプから買い替えた。

Nikon D850
Tamrom 24-70mm F2.8 G2
絞りF5.6

Nikon D850 との相性のせいか
予想以上にシャープな像を結び、ボケも良い。


画像をクリックすると拡大画像が開く
高感度特性をテストした。

評価結果は 下記の通り
非常に良い。

Nikon D850
Tamrom 24-70mm F2.8 G2
絞りF4.5
ISO 25600
手持ち撮影

ISO 25600で撮影したとは信じられず、データを再確認し間違い無い。


DSC_0011a3
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


タムロン 24-70mm F2.8 G2
Model A032
絞りF8


DSC_0037instaインスタ用写真
トリミングしている。

Nikon D850
Tamron 24-70mm F2.8 G2
絞りF8







旧タイプ Model A007 は
特に不満があるわけでないが
コーティングやオートフォーカス性能が改善されているので買い替えた。

旧タイプの作例は 
▶ こちらの記事をご覧ください。


tamron70-210f4皆さんと大阪、京都で撮影するのに、どのレンズを持っていこうと悩んでいて
タムロン 70-210mm F4 を衝動買い。

1.5倍クロップでほぼハーフマクロまで接写ができ、ボケがきれいで期待を裏切られなかった。


京都の白峯神宮・春季大祭では
古式衣装に身を包んだ人が行う
蹴鞠を見学できる。







Nikon D850
Tamron 70-210mm F4
絞りF4.5


画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く

画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く



画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く



大阪造幣局の通り抜け

Nikon D850
Tamron 70-210mm F4
1.5倍クロップ
210mm、絞りF6.3




D850+18-55

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く



26mm
絞りF13
トリミングしていない
市販品フードによるケラレを補正
HDR処理している。詳細は
こちらの記事をご覧ください。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
AF-P DX 18-55 f/3.5-5.6G
を付け、フルオートで撮影

このレンズは Nikon D500 用に
購入し、気に入っている。

FXフォーマット(フルサイズ)
では28mmから55mmで
ケラれなく使えた。

28mm、絞り開放F4

205gの軽量小型、3万円程のレンズ
とは想像できない画像

FXフォーマット用に
28-55mm 又は 24-50mm
位のレンズを出してほしい。
_D850342
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


18-55mm f/3.5-5.6G
28mm、絞りF6.3


_D857316
画像をクリックすると拡大画像が開く
豊かな階調性があり、レンズとあいまってボケの美しさを引き出せる


ニコン 35mm f/1.8G は
隠れた銘玉

35mm f/1.8G(FX用)
絞りF2.2


_D857427
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く
質感表現が素晴らしい。
35mm f/1.4G の影に隠れ
目立たないが、軽量小型な
レンズとは思えない性能。

FX用を購入し、
D850 でも隅部まで解像度が
高く、癖がない優れたレンズ。

ニコンが
「高い点像再現性を実現」というだけあり、ボケが自然で美しい。

35mm f/1.8G、絞りF3.2


_1180054
_D857484
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く


20mm f/1.8G は気楽に使える
超広角レンズ。好きなレンズ

20mm f/1.8G、絞りF4

開放近くでは柔らかい表現ができ
ボケがきれいなのでポートレート
撮影によく、絞ればシャープで
風景写真撮影等によい。

_1180152
_D858396
画像をクリックすると超拡大画像が開く


Nikon D850
60mm f/2.8D、絞りF3.5

超拡大画像は
中間リング使用。拡大率約2倍
絞りF11



_1180159ニコンのDタイプレンズは色々遊ぶのに適している。

_D858485
画像をクリックすると超拡大画像画像が開く

Nikon D850
60mm f/2.8D、絞りF5.6

超拡大画像は
2倍テレコンバーター
中間リングを付け撮影
絞りF8、拡大率約4倍



画像をクリックするとマクロ撮影全画像が開く


Nikon D850
50mm f/1.4D
2倍テレコンバーター使用
1.5倍クロップ
絞りF11

マクロ画像は
自作逆付けレンズ
絞りF9
1.5倍トリミング
接写倍率約3倍


SuperMacro

画像をクリックするとマクロ撮影全画像が開く





Nikon D850
Tamron Macro 90mm F2.8
1.5倍クロップ
絞りF16
接写倍率約1.5倍

マクロ画像は
自作逆付けレンズ
絞りF11
1.5倍クロップ
接写倍率約7倍


_DSC0567a3
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く
タムロンのレンズの味も好きで、
90mm F/2.8 Macro Model F004 は長年使っている。

Tamron 90mm F/2,8 Macro
絞りF6.3

等倍でマニュアルフォーカス撮影
一脚使用

手動でフォーカスシフトして合成

D850 のフォーカスシフトは未だ試していない。


ポートレート作例



画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
このplayboy playmateとは長年WhatsAppでコミュニケートする間柄になった。

Nikon D850
35mm f/1.8G
絞りF1.8

ビューティーディッシュに
ディフューザーを付け
ライティングした。



Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF3.5
部分拡大画像





Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF3.5


トリミングしている。
ヌード・アート作例は
▶ こちらの記事をご覧ください。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く


Nikon D850
85mm f/1.8G
絞りF2




Nikon D850
35mm f/1.8G
絞りF2


フラッシュ Godox TT685N にアンブレラを付けメイン光に、
TT350N を補助光にし、カメラに付けた Godox Xpro をトリガーにしてオフカメラ ライティングした。

Nikon D850
58mm f/1.4G、絞りF1.6




画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く


Nikon D850
20mm f/1.8G、絞りF2.2





Nikon D850
35mm f/1.8G、絞りF2.8





Nikon D850
58mm f/1.8G、絞りF2.5








Nikon D850
58mm f/1.8G、絞りF3.5

トリミングしている
ヌード・アート作例は
こちらの記事をご覧下さい。

_D851240一般的にはフレアやゴーストは無い方が好まれるが、積極的に利用することで、柔らかい表現をすることができる。

昔のレンズはよくフレアが出たが、最近はコーティングが良くなりほとんどフレアが出ず、作例が少い。

右は意図的に太陽を画面内に入れ、絞り開放にしてフレアを生じさせた。

Nikon D850
24mm f/1.8G
絞り開放

南青山にある隅氏設計の建物
サニーヒルズで休憩させていただいた
おいしいパイナップルケーキとお茶を有難うございました



_D851240インスタ用写真



_D851240
画像をクリックすると拡大画像が開く
広角レンズの中で
24mm f/1.8G は
24mm f/1.4G 同様
優れたレンズ

Nikon D850
24mm f/1.8G
絞り開放



_1170846
58mm f/1.4G
_D851240
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
58mm f/1.4G は
一番好きな単焦点レンズ


広角好きな私にとって、このレンズは望遠レンズの感覚で使っている。

最近モデル撮影で望遠レンズを使うことはほとんどなく、それだけモデルに近づいて撮影しているようになった。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF1.8



_D851240
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
最後にぐっと近づきモデルが適度に緊張するようにした。

自分の写真が撮れた実感があったのでOKを出した。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF1.6



_1170945
Nikon D850、28mm f/1.4E

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
原宿、表参道にて

Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF1.4








Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF5

at KAWAII MONSTERCAFE
HARAJUKU



_1170846
58mm f/1.4G

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
58mm f/1.4G はポートレート撮影で一番好きなレンズ

小さなバッグを使ったので市販のメタルフード使用
(28mmにも市販品を改造した小さなフードを使用)
小型のフラッシュ SB-500 も入れた。(詳細下記)

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF1.4
Sb-500 使用

夕景から夜景のポートレート撮影ではバックを美しく出し、モデルの美しさを引き立てるように撮ると良い作品ができる。

他の作例は ▶ 夜のポートレート撮影の記事をご覧ください。

ライティングについては ▶ こちらの記事をご覧ください。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く



Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF5




画像をクリックすると拡大画像が開く



Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF3.2





Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF2

バッテリグリップを付けなくても
7コマ/秒の連写ができるので、
ポートレート撮影も快適に行える。

暗い環境でもオートフォーカスは
正確で早い。

Nikon D850
28mm f/1.4E
絞りF5



_1170840タムロン 85mm F1.8 はシャープな中に柔らかさがあり、ポートレート撮影に適する。





下の左は絞りF5、他は絞りF1.8からF2.2


画像をクリックすると部分拡大画像が開く

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く



画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く



画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
エレベータの中で、かなり近接して撮影。

Tamron 35mm F1.8
絞りF4.5

要望により画像をクリックすると右下部拡大画像が開く。
年輪ボケが見られる。
年輪ボケは、非球面レンズの型のわずかな痕が影響しているようで、光源の大きさや被写体からの距離、絞り値等で変わってくる。




タムロンの85mmは、Nikon D850 で使うと写り過ぎるほどシャープだが、カリカリ過ぎる感じがしないのがよい。

非球面レンズを使っていないので年輪ボケは無く、素直なボケ味が好ましい。

口径食でレモン状のボケになっているが、もう少し絞れば良くなるように思う。口径食はレンズ前側の口径を大きくすれば小さくなるが、レンズの大きさ、重さが大きくなってしまう。

下は Tamron 85mm F1.8、絞りF2


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く

画像をクリックすると部分拡大画像が開く


Nikon D850 は繊細な表現ができ
又ボディ単体で7コマ/秒の連写ができるのでポートレート撮影にも適している。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF2

トリミングしている。全画像は 
▶ ヌード・アート作例の記事をご覧ください。


ニコン D850 の特長

NikonD5+105mmF1.4
NikonD5+105mmF1.4

 ・オートフォーカスが使いやすい。今まで諦めていた-4EVまでオートフォーカスが合う。
  AFエリアで四隅が使いやすい。D5 作例D500 作例
 ・ファインダーが見やすい。ファインダー倍率が大きすぎると端まで瞬時に見渡しにくいが、
  そんな感じが無い。マニュアルフォーカスがやりやすい
 ・連写速度:本体7コマ/秒 ー> 本体だけでも軽快にポートレート撮影できる
 ・連写可能枚数:14bit RAWで51コマ ー> 実使用上連写しても止まらない
 ・D810よりわずかに重くなったが、グリップ性能が良いので余り重さを感じない。

特にオートフォーカス性能、動体撮影性能の向上により、スナップやポートレートが
より確かに撮影できる。私にとってポートレートは動体撮影。

ニコンの良さ:基本性能の確かさ、信頼性、操作性の良さ、グリップのしやすさ、省エネ、
数値に現れないレスポンス 、心地よさ、上質感、本物感がアップしていることを感じる。
(個人的な感想を述べており、便宜を図ってもらったことは一度も無い。)

ニコン D850 におすすめのレンズは

(私が購入し使用したレンズの中で)

ズームレンズ (広角)14-24mm f/2.8G、16-35mm f/4G
      (標準)24-70mm f/2.8E、24-120mm f/4G、Tamron 24-70mm F2.8
      (望遠)70-200mm f/2.8E、70-200mm f/4G、80-400mm f/4.5-5.6G
          Tamron 70-210mm F4
単焦点レンズ(広角)20mm f/1.8G、24mm f/1.4G、24mm f/1.8G
          28mm f/1.4E、28mm f/1.8G、35mm f/1.4G、35mm f/1.8G
      (標準)50mm f/1.4G、50mm f/1.8G、58mm f/1.4G、60mm f/2.8G
          カールツァイス Makro-Planar 50mm F2
      (望遠)85mm f/1.4G、85mm f/1.8G、105mm f/1.4E、300mm f/4E PF
          Tamron 85mm F1.8、Tamron 90mm F2.8 Macro
お気に入りは:14-24mm f/2.8G(約10年前購入し、特に不具合は無いが買い替えた。素晴らしさは色あせていない)
       70-200mm f/2.8E(無くてはならないレンズ。言うことなし)
       Tamron 70-210mm F4(この味が好きだ)
       24-120mm f/4G(7年間使ったので買い替えた。汎用性、実用性能に優れる長年好きなレンズ)
       24-70mm f.2.8E(現在仕事専用として信頼して使っている。)
       Tamron 24-70mm F2.8 (G2に買い替えた。シャープさの中にタムロンの優しさが感じられる)
       28mm f/1.4E、58mm f/1.4G、105mm f/1.4E(ポートレート撮影に最高のレンズ)
       24mm f/1.4G、35mm f/1.4G(味のある表現力がすごい)
       20mmから85mm f/1.8G(ニコンのF1.8シリーズはいずれもコストパフォーマンス最高)
       Tamron 85mm F1.8、90mm F2.8 Macro

       ニコンの単焦点レンズについては ▶ こちらの記事をご覧ください。
       広角レンズについては ▶ こちらの記事をご覧ください。
       標準レンズについては ▶ こちらの記事をご覧ください。
       望遠レンズについては ▶ こちらの記事をご覧ください。

高画素機ではレンズ性能が画質に大きく影響する。詳細は下記

おすすめのフラッシュ

_1170936
SB-500
ディヒューザーを付けている

ニコン D850 には内蔵フラッシュが無くなってしまった。風景撮影やスナップ撮影でフラッシュが欲しい時補助光として使えたが、D850 では小型のフラッシュを持っていくとよい。

ニコン SB-300 が一番小型だが、単4電池で容量が小さく、又ガイドナンバーが18と小さく、せっかく買うのであれば SB-500(ガイドナンバー24)をおすすめする。

LEDライトも内蔵されている。

273gで D850 に付けてもバランスが悪くはならない。

SB-500 は上、左右にバウンスができ、高度なライティングが行える。
私はポートレート撮影時カメラに付けて、光学式ワイヤレスライティングのマスターに使うこともある。ポートレートライティングについては ▶ こちらの記事をご覧ください。

godoxpro_D856773

Godoxの電波式ワイヤレスフラッシュトリガー Godox Xpro、
レシーバの X1 R、フラッシュ TT685N、TT350N を購入し
テストした。

安価に簡単に電波式ワイヤレス ライティングシステムを構築できる。

Nikon D850
58mm f/1.4G
絞りF2.8


Nikon D850 の画質


d850dxoニコン D850 を1ヶ月以上使ってきて、DxOMark sensor で最高スコアの100点の結果になったことは納得できる。

(Hasselbrad X1D が102、
 Pentax 645Z が101のスコアが
 その後発表された。)

この点数だけで全てを語るわけにはいかないが、少なくともセンサの性能、素質の良さが評価された。
トータルのレーティングより詳細データを見て、自分の使い方と範囲が合っているのか、重きをおくファクターは何なのかで評価は変わってくる。
カメラの差よりもISOの差による性能の差がよほど大きいので、なるべく低ISOで撮影することが望ましい。

特に低感度のダイナミックレンジが向上しているが、実用上重要な6EVの赤線から10EVの緑線の範囲を見ると D5 も素晴らしい。

ノイズは D810 とほとんど変わりが無いが、画像処理エンジンEXPEED 5のせいもあり、下記の通り良くなった印象で、ピクセルピッチが小さくなったことを考えるとかなり向上している。

_D850176a3
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く

Nikon D850
Tamrom 24-70mm F2.8 G2
絞りF5.6

非常に高精細な画像が得られる。

画質と一言で言っても、解像度、
ダイナミックレンジ、色合い等
色々あり、又低感度、高感度各々の特性も変わってくる。


画像をクリックするとA3プリントサイズ相当の拡大画像が開く
写真の作品性に影響のある階調性や質感表現を重視しており
A4からA3ノビサイズにプリントして評価している。

ピクセル等倍に拡大してあら探しするのは好きではない。

カメラの高感度ノイズ低減は通常弱に設定しており、必要がある場合部分的に最小限のノイズ低減をかける。

今回テストの為普通で撮影し、後処理はしていない。

高画素機のD800系は高感度で撮影することは無く、高感度特性をそんなに期待していなかったが、予想外に良かった。

画素数が増えたにもかかわらず高感度特性はむしろアップしている印象で、階調性や色の劣化が少ないのがよい。

Nikon D850
Tamrom 24-70mm F2.8 G2
絞りF3.2
ISO 25600
手持ち撮影
Capture NX-D でRAW現像したまま

D850 はオールマイティに使用できることから、暗い場所で手持ち撮影できることはよい。私の場合、カメラポジション、アングルを自由にしたいので、風景写真撮影以外で三脚を持ち出すことはしない。

尚、暗い場所でのオートフォーカスは確実にアップしており、夜景写真撮影がやりやすい。

解像度に関して、Nikon D810 との画質の違いを問われ、どれ位まで大伸ばしするかにより答えは変わる。
人間の目は300dpi以上は識別できず、実際確認しており(メンバーも)、3600万画素あればA2サイズでも充分と言える。

大伸ばしでは遠くから見る為それ程の解像度は必要なく、大きな差があるというわけでもない。
A3プリントで問題無ければ、経験上大伸ばししても問題は無い。

私の場合は全倍(90cm×60cm。新聞紙2ページ分より大きい)まで伸ばしすることもあり、45MP級はバランス良く好ましい。

正直言って、静止物を撮るだけなら画質に大きな違いは認められないと思う。

カメラの性能テストの数値より、撮影方法、適切な後処理の方が余程きいてくる。
性能が高いカメラを使ったからと言って良い写真が撮れるとは限らない。使わないような範囲で性能値を比較しても意味が無い。自分が撮りたい写真にふさわしいカメラを使うことが重要。

高画素機の性能を活かすにはレンズ性能、品位も重要。ごまかしはきかないのでホンモノのレンズを使わないと破綻する。

作品づくりには、ナチュラルな素材が望ましく、ニコンは過度に作り込んでいないのがよい。

誤解を恐れずに言えば、素材性に優れた画像は後処理でどうにでもなる。
色調を変えたり、ソフトに、あるいはシャープにすることもでき画像が破綻することが少ない。
(素質の良いレンズを使うことも重要。)

私の場合素材性に優れたニュートラルを基本とし、彩度とシャープネスは後処理の最後に調整する。
RAW現像、画像処理の詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。
Capture NX-D の使い方について ▶ こちらの記事をご覧ください。

ノイズは余り気にしない。それより階調性、色再現性を重視する。高感度ノイズ処理は弱に設定している。

ダイナミックレンジは、私の場合10EV位あればよく、このレベルのカメラではダイナミックレンジは充分ある。
使わない範囲でカメラの評価をしてもしょうがない。カメラの差よりなるべく低感度を使う方が余程違いがある。
明暗差が大きな場合は段階露出、HDR処理する。▶ こちらの記事をご覧ください。
露出の失敗には救済処置がある。▶ こちらの記事をご覧ください。

高画素機のデータは大きいが、それだけ情報が入っているので、むやみに縮小することは望ましくない。Nikon D850 のデータはロスレス圧縮RAW(14bit)で50MBを超え、RAW現像し画像処理でレイヤーを多用して16bit TIFFデータで保存すると1GBを超えることもあり、パソコンのパワー、メモリ容量、バックアップ用に大きな容量のハードディスクが必要になる。(詳細下記)

RAWにはM、Sサイズもありデータ量が小さくなるが、せっかくの高画素機を使う意味が無い。ノイズが小さくなるというデータもあるが、Lサイズの画像を縮小すればノイズが小さくなる。一部のデータだけで判断するのは望ましくない。

JPEGデータは8bitの階調性しかなく、14bit RAWで撮影し、16bit TiffにRAW現像して保管している。

Nikon D850 のデータ容量は D5 や D500 の2倍近くあるが、高画素機としてはレスポンス、動体撮影能力は良く、スナップ撮影や動きの速いポートレート撮影で効果がある。本格的な動体撮影は、処理能力の関係で D5 又は D500 を使うのがよい。

カメラの設定


一番重要なカラーマネージメントは、Adobe RGBで統一する為、色空間をAdobe RGBにしている。

_1170521高画質な画像を得るにはRAWで撮影することが必須と言ってもよい。
2枚のメディアには、RAWデータとBasic JPEGデータを分割記録するようにしている。

撮影直後、同時記録したダブルスロットのメディアは別々の所に入れ、一つは必ず身に付け
何があってもデータが残るようにしている。

高感度ノイズ低減は弱に設定。

撮影メニュー及びカスタムメニュー
 A :スナップ
   PC(ピクチャーコントロール)オート、WB(ホワイトバランス)自然光オートを試す
 B:ポートレート
   PC ポートレート、WB オート
 C:風景
   PC 風景、WB オート
   親指オートフォーカス、ミラーアップ、電子先幕シャッター、露出ディレー 3秒
 D:仕事(リタッチャーに後処理をまかせる)
   PC ニュートラル、WB マニュアル、絞り値固定

ISOボタンが右肩に移動し使いやすくなった。ISO AutoをOn Offできるのがよい。

▶ カメラの設定の詳細はこちらの記事をご覧ください。

RAW現像、画像処理

JPEGデータは8bit(256階調)でデータ量が小さいが、撮影時の多くのデータが失われており、後処理耐性が低い。
12bitでは4096階調、14bitでは16384階調となり、少なくとも12bitでデータを記録し、16bitのTIFFでデータ保存するのがよい。

ニコンの場合は、現在 Capture NX-D を使っている。Photoshop や Capture NX 2 と連携させ、RAW現像した画像を画像処理し
TIFFやJpegで保存できる。非破壊的にRAW現像をやり直しできる。

尚、ニコンのカメラに同梱の ViewNX-i は、静止画 / 動画の閲覧、管理が簡単にでき、Capture NX-D と連動してRAW現像することができる。


ニコンのRAW現像ソフト Capture NX-D の詳細は ▶ こちらの記事をご覧ください。

写真グッズ


_1180008
Retrospective 7
_1180010Nikon D850 用に thinkTANKphoto Restspective 7 購入

24-70mm f/2.8 をカメラに付け、横に 70-200 mm f/2.8 と
14-24mm f/2.8 を入れ、SB-910 をポケットに入れられる。

写真グッズの詳細は こちらの記事をご覧下さい。

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Feature
D850 理想のカメラ

_1170945
ニコン D500 は銘機
D500
Nikon D5
Leica Q
Leica
ニコンのミラーレス
Leica
バッグ、三脚他
単焦点レンズ
NikonD5+105mmF1.4
広角、超広角レンズNikkor 24mm F1.4 望遠レンズ
標準レンズ
_D7A2614-w
大口径ズームレンズ
レンズの使い方
Leica
ポートレート撮影
ポートレート
ポートレートレンズ
ポートレート
ライティング
夜のポートレート
魅力的なポーズ
ポートレート
究極のレタッチ方法
Freq. Separation


目、眉、唇(追加)
桜の写真撮影
風景写真
スナップ写真
旅写真
モノクロ写真
Nikon D3
Capture NX-D
の使い方

Leica

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整の方法は こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る