写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。    No reproduction or republication without written permission.

次のミラーレスカメラへの期待


73歳を迎え、若い時のようなパワーは無いが気力は衰えていない。
F3
Nikon F3HP
Ai Nikkor 20mm F3.5S


fm3a
Nikon FM3A
Ai Nikkor 50mm F1.4S
仕事に言い訳は通じない。気概が無くなれば仕事はやめる。

ボディが軽くなるという安易な考えだけでミラーレスカメラを使いたくない。
一眼レフと異なる良さを活かし併用したい。

カメラが軽くなる方がいいなんて、鍛え方が足りない。
一眼レフと大口径標準ズームレンズでたかだか2kgちょっと。2kgのダンベルは軽く持てる。
先輩で3kgで鍛えている人もあり、良い写真を撮る為なら重いカメラ・レンズをいとわない。



か弱い身体では世界で通用しない。
身体が三脚になってカメラ・レンズをしっかり保持する為足腰も鍛えている。

ボディの重さよりグリップ性、レンズとのバランスが疲れに影響する。ブレにも影響する。
Nikon D5 に 24-70mm f/2.8E を付けても長時間撮影で意外と疲れは少ない。

芸術は自由。しかしこだわりを持つことで楽しさが生まれる。いい道具を使いたい。

nikon s3
Nikon S3 復刻版


Nikon1
画像をクリックすると
フランジ部拡大画像が開く
かって使い、今も持っているフィルムカメラの良さを継承する新マウントのカメラを期待する。
しっかりしたグリップとニコンの優れた信頼性が備わったプロレベルのミラーレスが欲しい。

ニコンは Nikon S3、SP の復刻版を出したこともあり、ミラーレス版の復刻も期待したい。

仕事では妥協はできず、フルサイズが必須となる。しかし、作品撮りではAPS-Cサイズもよい。

Nikon 1 のCXフランジを見てみると、APS-Cサイズの撮像素子が使える余裕がある。
Nikon 1 の発展系もありうる。クロップして Nikon 1 のレンズが使えればうれしい。
Nikon 1 のフランジにAPS-Cサイズの画像素子の大きさを右に黄色で示した。

ミラーレスカメラを5年間4社11台を購入し使ってみたが
(追記:その後話題性のあるミラーレスは購入)
本格的に使う為には、長時間の撮影が可能となる省エネルギー(バッテリ交換するヒマがない)
数値に現れないレスポンス(例えばカメラを取り出してからシャッターを切るまでの時間)
等々課題が多い。

ファインダー内の主題と画面全面をほとんど瞬時に見る必要があり、EVFはやりにくい。
ほとんど一日中ファインダを注視している時もあり、目の疲れは圧倒的にOVFが良い。
又シャッターを押した時瞬時にピントが合ってことを確信(フォーカスピーキングでなく)
できなければこわくて仕事では使えない。ベストショットは一瞬。撮り直しはできない。

ライカQ のEVFアドヴァンスドモード(EVF使用時でも再生画面、メニュー画面はLCD表示)
も採用してほしい。

ビジネスを考えると、若い新しい顧客を取り込むことも重要。

ニコンの牛田社長は「電機メーカーが開発を急ぐ8K対応の大画面テレビにも耐えられる解像力のカメラの製品化をめざす。8Kに対応した高性能なレンズとセンサーを開発していく」と述べている。

インスタ等のSNSに、より良い写真をアップしたい人は多くいる。複雑な設定はできない人が多く、ディープラーニングしてその人に合うインテリジェントな自動設定のみ。撮った後で簡単にスマフォで画像処理できればよい。

案:16:9比の3300万画素級センサ(3:2クロップで約2400万画素)
  ボディ全体がLED照明になる。
  音声登録すると声でシャッターが切れる。
  テレビ及びスマフォとの連携で遊びココロがあるとよい。(例えばメイク、服の色・模様変更等)

ニコンのミラーレスカメラ Nikon 1


Nikon 1 が約6年前に発売され、3機種購入したが、そのアドバンスな性能に驚いた。

電子シャッターで60 コマ/ 秒の連続撮影ができ、位相差AF/コントラストAFのハイブリッドAFセンサにより、動体撮影性能は他を圧倒していた。Nikon D4 を超える性能もあり、D4 で撮影できない写真が撮れた。

私が勧めたこともあり4人が Nikon 1 を購入したが、この性能を使いこなせない。簡単に使えるインターフェースが重要。

nikon1v1
Nikon 1 V1

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
ニコン 1 は1インチの撮像素子
(CXフォーマット)に
ハイブリッドAFシステム
(コントラストAFと位相差AF)
を備えた
ミラーレスカメラ
(レンズ交換式
 アドバンストカメラ)

この撮像素子ゆえの高速性能により、このカメラでしか撮れない
動体撮影ができる魅力をもっている。

レスポンスの良さやオートフォーカスの正確性等日常使いで使いやすく、確実にシャッターチャンスをものにすることができる。

この性能により意外と仕事でも使え、軽量なのでサブカメラ
あるいはサブのサブとして持っていく。

Nikon 1 V1
30-110mm f/3.8-5.6
110mm(300mm相当)
プログラムオート F5.6



Nikon 1 J3 レビュー


J3+10-100mmとりあえず J1 を J3 の10倍ズームキットに替えた。
実は写真教室の生徒3人が J3 を購入したのにつられて購入。

シルバーボディにレザーを張り、ニコン純正のレザーケースを付けると高級感にあふれる。
小さなボディが持ちやすくなった。私の場合、これ以上小さいと持ちにくい。


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く








10-100mm f/4-5.6
100mm相当
絞りF5.6



画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く








10-100mm f/4-5.6
広角端27mm相当
絞りF4




画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く
10-100mm f/4-5.6 は27-270mm相当をカバーし、1インチセンサーのおかげで小型軽量。
内部フラッシュを使うとケられることがある。J3では外付けフラッシュが使えないので要注意。
広角端及び望遠端で撮影。絞り開放。全てRAWで撮影しており、Capture NX-D で現像。

普段は 10mm パンケーキレンズを付け、かばんに入れて持ち歩いている。小型軽量なので、サブカメラとして使うことも多い。レンズキャップは付けない主義で、純正のフードを付けている。


画像をクリックすると拡大画像が開く
この種のカメラは通常フルオートで撮影するが、このレンズでは絞り優先AEを使う。

クリエイティブモードに絞り優先AEをセットし、ロータリーセレクターを回して絞りを変えることができる。

通常F4からF5.6位に絞っている。隅々までシャープな写真が得られる。



Nikon 1 V1 & J1 レビュー


Nikon1
Nikon_J1
モデルもお気に入り


Nikon 1 J1 ホワイトを購入したが、V1 ブラックを追加購入。
レンズの良さも Nikon 1 の魅力。

画像をクリックすると拡大画像が開く


10-30mm f/3.5-5.6
10-100mm f/4-5.6
10mm f/2.8





モノクロにしてみた。





上の左側は 30-110mm 望遠ズームレンズの望遠端(約300mm相当)で撮影したが、ボケがきれいだった。
左側は 10mm で撮影した3枚の画像を重ね、パノラマにして超広角の画像を作った。一部白飛びしている部分があり、画像処理した。▶ 詳細はこちらの記事をご覧ください。


画像をクリックするとピクセル等倍画像が開く
夜の京都で撮影
ISOオート(ISO 100から3200まで自動調整)でISO 1600になった。右から来る車のライトが直接レンズに入る悪条件であったが、フレアやゴーストは見られない。

正直言って、急に出てきた舞妓さんをとっさに撮影した時には、暗い条件だったので諦めていた写真で、こんなに撮れているとは想像できなかった。

センサーサイズから想像できない高感度特性

白川郷のライトアップを望遠ズームレンズで撮影した。

太陽が沈んでしばらくたったトワイライトの青色の中に合掌造りのライトアップが浮かび上がった。

刻々と変わる色に合わせ、露出補正を調整し撮影した。
ISO 3200


<

016_D7X7733w10mm F2.8(27mm相当)
も切れがよい。

このレンズはF4からF5.6で隅々まで解像度が高く、スナップ用としてよい。
軽量なこともあり、普段使いのかばんに入れている。

撮影旅行の時は非常用として持って行き、望遠側はマウントアダプターFT1でFマウントレンズが使える。

ポートレイト撮影に使ったが、おまかせシーンモードで人物感知がきいた。
Nikon 1 V1、10mm F2.8、レンズフード使用、SB-N5 発光













Nikon 1 を使ったヌード・アート作例は こちらの記事をご覧下さい。

toyota86東京モーターショーの取材に
Nikon 1 J1 にダブルズームキットを持っていった。(記録用)


bmwi8

コンパニオンコンパニオンコンパニオンコンパニオンコンパニオン

トヨタは自動運転のデモを記録した。Nikon 1 J1 に 30-110mm 望遠ズームレンズ、手持ちで撮影。Nikon 1 で動画を初めて撮影したが、レスポンスの良さと、早く正確なオートフォーカスのおかげで撮影しやすかった。動画性能にも優れている。



マウントアダプター FT1


_D7X7992w50mm を付けるとバランス良く格好良いマウントアダプター FT1 を使えば、これまでのNikkorレンズの一部が使用でき、50mm F1.4G を付ければ 135mm 相当の画角で約F3.5の被写界深度が得られる。18-200mm を付ければ 約 50-540mm 相当の望遠レンズとして使える。

さすが大きなレンズではフロントヘビーになるが、三脚座に手のひらを当てレンズを持つようにすればよい。野鳥を撮影する人等超望遠レンズとして使えそう。又、マクロレンズの代わりとしても利用できる。

_DSC0168wAF-S NIKKOR 28-300mm
f/3.5-5.6G ED VR
望遠端 約800mm相当で、
最短撮影距離0.5m
定点観測の庭のみかんを撮影。

手持ちで撮影したが、
800mm相当の超望遠でも手ブレ補正の為もあり手ブレはなかった。

梅右は AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR 62mm(167mm相当)f4.5 で撮影。下は望遠端(約 325mm相当)で撮影。

オートフォーカスは中央一点のみになるが、明るい場所では合焦速度は遅くなく、実用になる。
梅

梅右は 70-300mm F4-5.6 の望遠端で、約800mm相当の超望遠で撮影。

ほとんどの Nikkor オールドレンズが取り付くが、残念ながら AI Nikkor 20mm f/3.5S は取り付けられなかった。適合レンズはニコンのホームページで確認できる。

バッグ

Retrospective 5
ニコン 1 は小さいので、普段使いのカバンの中に入るが
小さいカメラバッグ think TANK photo Retrospective 5 を買った。

▶ カメラバッグについてはこちらの記事をご覧ください。

評価


今まで使った多くのカメラに無いアドバンスな魅力を感じられた。この高速性から仕事にも使っている。

標準レンズさえ付けておけば、望遠域はFX、DXニコンレンズが使えるので、いざという時のサブカメラとして使え、超望遠域が必要な時にも使える。小さく軽いので、いつもバッグの隅に入れている。

Nikon 1 はアドバンスなところを使った新しいライフスタイルを提案しており、今までの価値観で評価すれば、M4/3と余り違いがない大きさ、重量だし、撮像素子の大きさは小さいし、かと言って安いわけでないということになってしまう。新しい見方が必要。割り切ってシンプルにしたところと、アドバンスなところをどう評価するかで見方が変わる。

撮像素子面に位相差AFとコントラストAFを搭載したハイブリッド方式で、高速連続撮影は10fps(AF固定では60fps)の世界最速を実現している。画像処理エンジン EXPEED 3 の処理能力向上もきいているようだ。

私の場合、このタイプのカメラはコンパクトデジカメ感覚で全てオートで使う。設定のことを色々考えたくはない。撮像素子が小さい場合は被写界深度が大きく、モードを変えても、絞りを変えても、結果にほとんど変化はなく、特殊な条件でなければオートで使う。レンズの焦点距離域を変えて表現を変えることができる。

スナップで人に緊張感を与えず撮影するには、こんなカメラが良い。

カメラ、レンズの選び方の詳細は こちらの記事をご覧下さい。

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。
Feature
D850 理想のカメラ

_1170945
ニコン D500 は銘機
D500
Nikon D5
Leica Q
Leica
ニコンのミラーレス
Leica
バッグ、三脚他
単焦点レンズ
NikonD5+105mmF1.4
広角、超広角レンズNikkor 24mm F1.4 望遠レンズ
標準レンズ
_D7A2614-w
大口径ズームレンズ
レンズの使い方
Leica
ポートレート撮影
ポートレート
ポートレートレンズ
ポートレート
ライティング
夜のポートレート
魅力的なポーズ
ポートレート
究極のレタッチ方法
Freq. Separation


目、眉、唇(追加)
桜の写真撮影
風景写真
スナップ写真
旅写真
モノクロ写真
Nikon D3
Capture NX-D
の使い方

Leica

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色調整の方法は こちらをご覧下さい。

🔼 上に戻る  🔼 DPHOTO.jp トップへ戻る