写真及び文章の著作権を侵害する無断使用を禁止します。                All rights reserved by Issy Nomura.

 Feature
Nikon Z7 レビュー
Z 85mm f/1.8
ニコン Z6 と D500
D500
ニコン Z6 と D750 ライカの魅力
leicacl
カラー
グレーディング


ニコン D6 開発発表
AF-S NIKKOR 120-300mm f/2.8E FL ED SR VR も発表

D6 にZシステムの良さを移転すると素晴らしいシステムができる。

例えばハイブリッドAFを活用し、像面位相差AFでピントを合わせ、最終的にコントラストAFでピント精度を良くすることはできないのか。勿論瞬時に

ニコン D5 を使うことはほとんど無くなったが、私にとっての最後のフラッグシップ機として使いたい。
クライアントに対し仕事に対する気概を見せる為にも持っていき、撮影の最初と重要なタイミングでは D5 を使う。

nikonz9backnikonz9ニコン Z7 を使って、画質の良さに惚れ込み、作品撮りではメインとして使っている。

仕事のメインカメラとして使える Z9?, Z8?
(高画素機と高速機)を期待する。
CFexpressカードdual slot、
バッテリグリップにEN-EL18装着可能、
十分なバッファ、丸窓ファインダー 、
ボタンの照明も欲しい。
レリーズモード、ブラケット、フラッシュ等
は独立したボタン、ダイヤルにしてほしい。

Z7+D500back
右は Nikon Z7 と D500
D500 位の大きさが使いやすい

仕事では大きなカメラは心構えを示し
クライアントに対するアピールになる。
撮り逃がしすれば次の仕事は無い。言い訳は
通じない。クライアントの何十年もの信頼が
一瞬にして失われる。
メインカメラの2台持ち、又テザリングする
が、dual slotは安心感が違う。

Z1 は特別な機種として期待する。

Nikon Z7 については ▶ こちらの記事をご覧ください。

ニコン D5 は最高のカメラを持つ喜びを感じさせてくれる。何より心地よく、楽しく撮影できるのがよい。
Nikon F3 以来9機種目のフラッグシップモデルになるが、過酷な条件でも安心して使え、信頼を置いている。

NikonD5+105mmF1.4

Nikon D5
105mm f/1.4E、絞りF1.8


SILKYPIXでRAW現像時ハイキーにし、ホワイトバランス微調整で肌の色の透明感を出した。

SILKYPIXについては ▶ こちらの記事をご覧ください。

続きを読む

Z85mmF1.8ニコンの Z Nikkor 85mm f/1.8 S はシャープで、素直なボケがきれいな素晴らしいレンズ

Nikon Z7
85mm
F1.8



_1000787Nikon Z7
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
どの焦点距離でも画面端までシャープで乱れは無く、柔らかさもあり、今まで使った
標準ズームレンズの中で最高のレンズで、一番好きなレンズになった。

_Z7A7057

Nikon Z7
24-70mm
68mm
絞りF3.2



_Z7A7057


Nikon Z7
24-70mm
F2.8
24mm



続きを読む

_Z7A8443ライカCL はAPS-CサイズのLマウントミラーレスカメラで、18mm F2.8 が付いた
プライムレンズキットを購入した。

モノクロモードにはナチュラルとハードコントラスト(HC)があり、
HCでも黒つぶれすることなく、階調性に優れており好みに合っている。
モノクロモードにすると、EVFもモノクロになるのが新鮮に感じる。

L1020216

Leica CL
18mm
F5.6
JPEG
モノクロ
HCモード


L1020258

Leica CL
18mm
F5.6
モノクロ
HCモード
HDR処理



明暗差が大きかったので、段階露出した画像をHDR処理した。さらに粒状性を追加し台風の後の荒れた空を表現した。
HDR合成については ▶ こちらの記事をご覧ください。

L1000142

Leica CL
18mm
絞りF5.6
モノクロ
JPEG



モノクロ写真に何故惹かれるのだろうか。
シンプルに、ストレートに物の本質が伝わり強く心に訴えることができるからか。

モノクロ写真は白と黒 (あるいは一つの色) の写真で、現実的に見えるカラーの世界とは違う世界を表現する面白さがある。

カメラの設定でモノクロにすることもできるし、
カラーで撮影しても簡単にモノクロにすることができる。
気楽にモノクロ写真を楽しもう。



Photoshop ではメニューのイメージ/モード/グレースケールを選択してモノクロにすることができる。
さらに、イメージ/モード/ダブルトーンにすると、多くのプリセットがある。
右はグリーンを選択した。



モノクロ写真の撮影方法、高画質なモノクロ画像の作成方法、プリント方法等について述べる。

続きを読む

7月28日、29日には神輿洗、神事済奉告祭が行われ、1ヶ月に渡った令和元年の祇園祭が終了した。



Leica CL
18mm
F3.5
マニュアル
発光
スロー
シンクロ
2つの画像
を合成

続きを読む

写真は世界の多くの人の思い出を記録してきた。感動を与えてきた。時として時代の流れを記録し、時代を変える機会になった。
カメラは単に写真を撮るモノではなく、人に喜び、幸せを与え、人の為になるツールになってきた。

各社経営環境が厳しいが、人々が写真や動画を楽しむ機会は飛躍的に増大しており、より良い写真を撮りたい人が多くいる。
誰でも簡単に望む写真が得られるインターフェースとソフトが重要。機会に対応が遅れているだけで変革が必要。
声無き声は次第に大きな動きになってくる。声無き人の声に耳を傾け、新しい使い方を提案していけば市場は開いてくる。

守りだけではなく、失敗を恐れない攻めがないとブランド力を維持できない。失敗から学ぶことは多い。

今後イメージセンサとレンズ、画像処理、ディープラーニング、及びネットワークの組合せは色々な分野で大きな市場となる。
20年以上関わってきたて、ようやく少しわかってきた。
続きを読む


画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く
スナップは写真の基礎
写真の面白さの原点
スナップがうまく撮れれば写真が上手になる


写真の重要な機能は記録性にある

まずは何でも撮ってみよう。
難しいことを考えず、興味がわいたモノを撮っていると面白さがわかってくる。

日常生活や家族、知人を撮影するのもよし、旅行や散歩に行った時普段見ない気になるモノを撮ってみるのもよい。

Leica CL
18mm F2.8
絞りF3.5
JPEG




Leica CL
18mm
絞りF3.5
JPEG


続きを読む

_1000787
_Z7A5866
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


標準レンズは肉眼の視野に近い50mm近辺をカバーし、自然な表現ができることからよく使われる。

反対に望遠や超広角レンズのような迫力がない場合も多く、使い方が難しい。

70mm
絞りF6.3
JPEG画像

Nikon Z7 と Z 24-70mm f/2.8 S との組合せは軽量で、日常的に持ち歩ける。

作例は ▶ こちらの記事もご覧ください。

z7+24-70
Nikon Z7、24-70mm f/4
24-70mm は広角端で広角レンズ効果を活かした迫力ある表現ができ、望遠端では中望遠レンズとして人物撮影に使いやすい。

Nikon Z7、24-70mm f/4、絞りF5.6

下の左は24mm、右は45mmで撮影

画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く


写真の楽しみ方は色々あるが、ここでは作品撮りを前提に説明している。

続きを読む

Z85mmF1.8ニコンの Z Nikkor 85mm f/1.8 S は期待通り、シャープで、素直なボケがきれいな素晴らしい
レンズだった。少しテスト撮影しただけだが、ファインダーを覗いただけでも味があるレンズ
という感じがして好きになった。繊細な表現ができ、シャープ過ぎることはない。
Zシステムの魅力がますます増した。
470gと軽量なので、気楽にスナップにも持ち出せる。

Nikon Z7
85mm
F1.8



_Z7A9470a4たこ焼きが
好物らしい



_Z7A9505

F1.8
JPEG



_Z7A9464
F1.8
JPEG



_Z7A9532

F1.8
JPEG

続きを読む

_1000790
Z 24-70mm f/2.8 S は最高のレンズ
Zマウントの良さにより優れた光学設計が活かされ、撮れた写真に感動を覚え、作品撮りに使ってうれしくなる。
Nikon Z7 との組み合わせが軽い上に、全長が短いこともあり、Z7 とのバランスがよく、
一日中持ち歩いても疲れは少ない。気楽に持ち出せる。
このレンズはポートレート撮影にもよく、気に入った。

_Z7A7057
Nikon Z7
24-70mm
F2.8
24mm



_Z7A7057

Nikon Z7
24-70mm f/2.8
F2.8、70mm



_Z7A7057

Nikon Z7
24-70mm
F2.8
50mm



続きを読む

_1000780
Z 14-30mm f/4 S は銘玉
画面端までシャープで、乱れは認められず、画質、耐逆光性能等、かって神レンズと言われた
14-24mm f/2.8G をF4に絞った時を凌ぐ。バーゲンプライス
いつも持ち歩ける重さ、大きさで、私の常用レンズ、好きなレンズになった。
シャッターチャンスを重視しレンズキャップは使わない主義で、フィルターが付くので助かる。
ニコンのArcrestフィルターは薄型でケラレが無く、乱反射を最小限に抑えられる。

_Z7A9142
画像をクリックするとA3プリントサイズ相当拡大画像が開く


14mm
絞りF5.6
JPEG



_Z7A9120
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


14mm
F5.6
JPEG


_Z7A5731
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


14mm
絞りF4.5
JPEG画像



_Z7A5758
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く

沈胴式で小さくなるのがよいが、移動時以外は30mmにセットしている。

24mm
絞りF5.6
JPEG画像




_Z7A6096
画像をクリックするとA4プリントサイズ相当拡大画像が開く


18mm
絞りF4.5
JPEG画像

続きを読む

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権侵害は犯罪です。法的措置を講じています。

Gallery


ディスプレイを確認下さい。色補正については こちらをご覧下さい。


🔼 上へ戻る