著作権を侵害する写真及び文章の転載等を禁じます。                     All right reserved by Issy Nomura.

NikonD5+105mmF1.4_D5A3382

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E

庭でテスト撮影

絞りF2.8のA4プリントサイズ相当
拡大画像は こちら
絞りF1.4 のA4プリントサイズ相当
拡大画像は こちら

このレンズの作例を 下に追加しました。

私の場合ポートレイト撮影では85mm以下しか使わなくなったが、かって DC Nikkor 105mm f/2(作例は下)をよく使った。もう一度105mmで撮影してみたい。

非球面レンズを使っておらず、素直な表現ができるレンズと思う。大きなガラスにもEDレンズを使っている。
MTFを見ると シャープさとボケの絶妙なマッチングを期待する。
人により重視することが異なるが、私はカリカリのレンズは好きではなく、レンズの味を楽しみたい。

私が一番最初に使ったニコンの交換レンズは Ai-S 28mm f/2.8 と Ai-S 105mm f/2.5 で、この2本で何でも撮影していた。105mm はマイクロニッコールも持っている。

85mmと105mmでは遠近感に微妙な差があり、私の場合、慣れの問題もあると思うが、どちらかというと105mmの方が好きで、
又、58mmや24-70mmとのつなぎとして105mmの方が好ましい。

NikonD500+58mmF1.4ニコンの単焦点レンズは、
大口径のF1.4シリーズと
コストパフォーマンスに優れた
F1.8シリーズがある。

又、Dタイプレンズから、
マニュアルレンズ、オールドレンズ
まで、使えるレンズが非常に多い。

現在、私が主に使っているのは
20mm f/1.8G 又は 24mm f/1.8G、
35mm f/1.4G、58mm f/1.4G、
85mm f/1.8G 又は 105mm f/1.4E

35mm f/1.4G と 58mm f/1.4G は特に気に入っている。

全てF1.4シリーズで揃えるとかなりの重量になるので、F1.8シリーズのレンズを加えると、実用的に使いやすいレンズシステムになる。

Nikon D500
58mm f/1.4G
絞りF1.8
続きを読む

NikonD5+35mmF1.4



ニコン D5 は最高のカメラを持つ喜びを感じさせてくれる。

何より心地よく、楽しく撮影できるのがよい。








Nikon D5、35mm f/1.4G



続きを読む

NikonD500+16-80mm
Nikon D500、16-80mm


皆さんと津島天王祭を撮影に行ってきた。

16-80mm f/2.8-4E
絞り開放
ISO 8000





16-80mm f/2.8-4E
絞り開放
ISO 51200

カメラのノイズ低減の設定は弱にしており、後処理で必要最低限のノイズ低減処理を部分的に行っている。

ニコン D500 は、難しい光線条件で頼りになるカメラで、楽しく撮影ができた。





300mm f/4E PF
絞り開放












ニコン D500 は銘機になる確かな実感がある。

続きを読む

LumixGX720002

LUMIX GX7 Mark II
(欧米では GX80/GX85)

LEICA DG SUMMILUX
15mm / F1.7 ASPH.
の単焦点ライカDGレンズキット購入。

鍵善さんでくずきりをいただく。

冷えた吉野くずを黒蜜に付け食べると、のどごしに冷たさを感じ、おいしさは格別です。

iAオートで撮影


0002鉄輪の井戸

女性の怨念はくわばらくわばら

L.モノクロームのスタイルで撮影。
上品な感じに仕上る。
レンズの良さもあり、プリントしてみると立体感が素晴らしい。

ラフモノクロームやダイナミックモノクローム、シルキーモノクロームの画像効果を与えることもできる。
続きを読む

祇園祭の山鉾巡行には多くの人が訪れるが、7月1日から31日まで多くの行事があり、前祭である宵山、宵々山にも多くの人が訪れ楽しい。

0002今年は
Panasonic Lumix GX7 Mark II
単焦点ライカレンズキットと
42.5mm F1.7 を持って宵山、宵々山に行った。

Lumix GX7 Mark II については 
▶ こちらの記事をご覧ください。


0002祇園祭では、秘蔵している屏風や美術品等を飾る屏風祭が宵山期間中開催されている。





続きを読む

_DSC0545Leica M Monochrom はモノクロ専用レンジファインダーカメラで、高精細なモノクロ写真が撮れる。

マニュアルフォーカスは素早く正確なピント合わせができ、散歩に持っていくのによい。




   吉田山を散策



夜は河原町、祇園、宮川町へ























Leica M Monochrom
Biogon 28mm F2.8
Summicron 35mm F2
NOKTON 50mm F1.5


続きを読む

べトナムベトナムは何度来ても、居心地の良さを感じ、親近感を覚える。

村々により言語が異なり、違う歴史、文化、慣習を持っているが、各々の伝統を守り、たくましく生きる生活力を感じた。

ベトナム北部の少数民族の村を撮影
Nikon D500
Tamron 16-300mm F3.5-6.3
単焦点レンズ

右の画像をクリックするとA4プリントサイズ相当の拡大画像が開く。棚田で働く米粒ほどの農夫の姿がわかる。

べトナムべトナム
少数民族の若いお母さん。16才以下で結婚する人が多いそうだ。

べトナムべトナム

べトナム彼らが何故民族衣装を着るのかわかったような気がした。アイデンティティを大切にしていることが伝わった。

少数民族の人にとって私は異邦人であるかもしれないが、又言葉が通じなくても、心が通じた感じがし、温もりを感じた。

ベトナム語さえ通じないが、英語、フランス語、ベトナム語のちゃんぽんで話しかけ、何となく通じたような気がした。

別れ際の多くの人の笑顔が忘れられない。




続きを読む

夕景から夜景のポートレイト撮影はバックを美しく出し、モデルの美しさを引き立てるように撮ると良い作品ができる。
特に黄昏時、トワイライトタイムはバックを演出してくれる。



Nikon D500、上の左は 24mm f/1.8G、絞りF1.8、右は 58mm F1.4、絞りF1.6

続きを読む

ライカの魅力は、レンズ性能、画質、ボディ品質等々あるが、何より写真文化に触れる喜びがある。高価だが、それだけの満足感がある。

Leica_Q
L1020114w
舞妓はけっこう足早に歩く。とっさに撮影したが、暗い中AFは早くピント精度は良かった。


ライカQ (Typ116) は
ストリートフォトに最適。

このクリアな画像はすごい。

絞り開放からシャープでボケがきれい。

画像をクリックすると拡大画像が開く。
絞りF1.7
ISO 1600


ファームウェアアップデートで、一番待ち望んでいたEVF アドヴァンスドモードが追加され、撮影時EVFのみにしても、画像確認、メニューはLCDに表示されることになった。省エネにも役立つ。

Leica_XL1000169

ライカX (Typ 113) は気に入ったので、日常使用で目立たないブラックを追加購入した。

シルバーと違うカメラのように感じ、それぞれ魅力がある。

モデル2人と散歩しながら撮影

絞りF2.5


Leica Summicron F2

ライカMモノクローム

モデルを見送りに行き、電車が入ってきた時1枚撮影。

Summicron 50mm F2、絞りF3.4
続きを読む

要望により拡大画像を載せていますが、低画質画像です。
著作権を侵害する写真及び文章の転載等に対しては法的措置を講じています。

Gallery


ディスプレイを確認下さい。詳しくは こちら


< 戻る | < 上へ戻る
Technique
フォトテクニック
RAW現像
カテゴリ別アーカイブ
記事検索